モンステラの育て方

MENU
使い方 TOP

モンステラ

モンステラ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名サトイモ科
属名ホウライショウ属
学名Monstera
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
モンステラは熱帯地域の深いジャングルの中で生育する植物のために、暑さには強いのですが、日の少ない鬱蒼と茂るジャングルの中で生育するので、直射日光に当たると葉焼けを起こして傷んでしまいます。また冬の寒さにも強い方ではありませんので、5度以上に保つ必要があります。冬は日の当たるリビングなどの人が生活する室内。夏は直射日光の当たらない戸外の日陰か、カーテン越しの窓辺となります。
葉っぱから水が垂れる
葉っぱの先から水が垂れることがあります。これは吸い上げた水の余ったものを排出しているからです。よって元気な葉っぱほど葉の先から水が垂れます。これはもう、どうしようもないです。
水が垂れるのは早朝が多いですが、湿度の高い時期は昼間でも垂れます。
葉っぱの埃を落とす
観葉植物は室内で管理していて、葉っぱに雨が当たることがありませんから、葉っぱに埃が積もって汚れてしまいます。これでは日光不足になりますし、見た目にもよくない。そこで、2週間に一回は、葉っぱをティッシュで拭くか、戸外に出してシャワーで葉っぱの埃を落としてあげてください。
まとめ
●土が乾いたら水をやる。肥料はあってもなくても。
●寒さには弱いので冬は室内へ。
●強い直射日光には弱く葉焼けを起こす。よって一年中室内で。
●育てるのは簡単。
●葉っぱの先から水が垂れるので注意。
●葉っぱの埃をティッシュで取り除くか、水で洗い流す。
●鉢に対して地上部が大きくなり、ひっくり返ることがある。その前に植え替えを。
●植え替えの用土は「観葉植物の土」に赤玉土を足して使うか、観葉植物の土をそのまま使う。でも、赤玉土を追加した方がいいです。

スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
モンステラは春~秋にかけては生育期になり、水を吸い上げる勢いもあがりますし、蒸発もしますので、土が乾いていたら水をタップリ与えてください。土が湿っているようでしたら、水は控えてください。水のやり過ぎは根腐れの原因になります。
●生育期にしっかりと水をやるとドンドンと伸びてしまいます。あまりに生育すると鉢がひっくり返りますので、それほどになったら植え替えましょう。
●冬は乾燥気味に管理。
水が足りていないと気根が出てくるとされる。葉水をして水やりをすれば出づらい。ただし、根詰まりをしても水を求めて気根を出す。モンステラは根の張りが早く、基本的に根詰まり気味で気根は出るものだと考える。
●根腐れすると葉っぱが黒くなって、しなびる。根腐れはよくある。用土の水はけが悪いのと、水のやりすぎ。よくあることです。根腐れしたらほぼアウト。避けるためには前もって水はけの良い土に植えること(赤玉土を足した観葉植物の土など)。
●根詰まりすると水が全く染み込まない。そうなったら冬でも植え替えをしたほうがいい。
●冬は水道水をそのままやるのではなくて、温かいものをやる。温水ポットの水を足して暖かくしてからやるといい。
●水やりの頻度は土と環境による。目安としては春と秋は二週に一回。夏は二三日に一回。冬は月に一回。あくまで目安と考えてください。それとは別に葉水をする。

葉水を
冬は乾燥気味な上に、暖房をかけるので、湿度が下がります。気温が下がっているのでモンステラの活動が鈍くなり土の水を吸い上げなくなります。だから土に水をやるのは控えるのですが、地上部は乾燥にさらされてカラカラになります。なので冬は特に葉っぱや気根に「霧吹き」で水をやってください。葉水は3日か4日に一回。別に毎日やってもいいけど。
●夏もクーラーを乾燥するから、結局、葉水(=霧吹きで水をやること)はやる。
●モンステラは熱帯雨林の植物で、空気中の湿度が高い環境を好むでん、一年中葉水をやるといい。葉っぱの裏に葉水をやるとハダニ予防にもなる。

肥料

この項目の修正・提案をする
肥料
肥料は生育期に与えます。固形の肥料を根元に置くか、観葉植物の液体肥料などもありますので、適当なものを選んでください。固形の肥料は匂うものもありますので室内で管理している場合は気をつけてください。
●肥料をあげると、グングン成長します。嬉しいようですが、部屋の大きさに合わなくなるとモンステラが邪魔になります。それに伸びすぎて鉢がひっくり返るかもしれません。様子をみつつ肥料をあげてください。
●デリシオサなら肥料を多めにやると葉っぱが大きくなり、切れ込みが入りやすくなる。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
モンステラは生育が鈍いようで、気がつくと意外と早く大きくなります。鉢底から根っこが出ていたり、鉢がひっくり返るようであれば、植え替えをしましょう。

大きな鉢に植えると一気に根が広がり、大きくなります。いくらでも大きくなるので、毎年、1号づつ大きくするようにします。鉢は素焼きの鉢がいいが、プラスチックなどでも水やりの頻度を減らせば問題ない。
●大きくしたくない場合は同じ大きさの鉢に植え替えてもいい。古い土と古い根を落として根詰まりを解消すればいいです。

用土
モンステラの植え替えの際の用土は観葉植物の土が便利。ただし、観葉植物の土はピートモスが多く入っていて、モンステラには保水力がありすぎて、冬に根腐れを起こしやすい。理想的な配合は赤玉土小粒7ピートモス3。もしくは赤玉土小粒8ピートモス2。これだと根腐れは起こしにくい。ただしこの配合だと水やりの頻度が増えるので注意しましょう。
●観葉植物の土は室内で育てることを前提にしていて臭いの強い土は入っていません。それに対して鉢植えで使われる「花と野菜の培養土」といったタイプは腐葉土など室内では臭いものが、多く入っているので避けたほうが無難。
●観葉植物の土に3割から5割ほど赤玉土を混ぜて使ってもいい。こっちのほうが初心者向け。

古い鉢から株を抜く
モンステラは根の張りが早く、根詰まりを起こしやすい。ギュウギュウに詰まって抜けないこともある。一晩鉢ごと水につけて、柔らかくしてから抜くか、鉢を叩き割る。
●根詰まりしすぎて自然と鉢が割れることもある。

植え替え
引っこ抜いたら、古い土を三分の一ほど落として、傷んだ根を落として新しい土で植え替えをする。鉢底に3センチか4センチほど軽石を敷き、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に土を入れていく。植え替え直後は水やりをせず、二週間は水やりをせず、様子を見る。水をやると根腐れしやすい。
●用土はほとんど落としてもいいです。
●倒れそうなら支柱をしてやる。

参考
モンステラの茎は後から太くなりません。根元が細く、バランスが悪い場合は深く植えて仕立て直すといいです。以下のリンクを参考にしてください。
モンステラの茎は太くならない…植替えで解決
ユーザーさんにによるモンステラ植え替えと挿し木の画像

直射日光は苦手

この項目の修正・提案をする
直射日光に葉焼けする
基本的に室内の明るい場所です。モンステラは熱帯雨林の中の日が差さない場所で生育して、強い日差しには弱いです。直射日光が当たると葉っぱが焼けてしまいますので、室内でも直射日光の当たらない場所か、日光が当たってもカーテン越しの窓辺など、ある程度遮光が必要です。
●そうは言っても、日光が少ないと徒長(=ひょろ長くなること)します。徒長しているようなら、日当たりの良いところに移動させてください。
●室内で育てていると日光の方へ偏って、倒れてしまうので、一ヶ月おきくらいに90度回すといいです。
●斑入り品種はさらに葉焼けしやすい。

モンステラに限らず観葉植物の日当たりに関しては、なかなか微妙なものがあります。直射日光が当たらない方がいいと言っても、あまり極端に日陰だと枯れてしまいます。窓から日が差していない部屋で育てることは無理です。
日が差している部屋の窓に近いところ…何度か育ててみてコツを掴むのが一番です。
でも戸外で管理するといい
植物は「風」って大事なんですね。室内では風通しがよいといっても限度があって、戸外で管理していると、日光もあって、モンステラがガッチリします。室内で管理すると、どうしても徒長気味です。なので、栽培経験者は「春から秋は戸外の日陰で!」といいますが、室内インテリアとして購入した人にそんなこと言ってもね。別に戸外で管理しないと枯れるってことはないです。ただ見た目がガッチリして嬉しいだけ(それがガーデナーの性か)。
●戸外で管理すると土に虫が住む。で、冬に室内に取り込むと、非常に嫌な思いをすることになる。これを予防するには、室内に取り込む前に30分か1時間ほど鉢ごと水につけて虫を追い出す。虫の卵やダンゴムシは駆除できないが、ある程度は効果がある。

季節の管理場所

この項目の修正・提案をする
<春>~<秋>
室内の明るい場所、戸外の日陰の軒下
<冬>
室内の明るい場所

春から夏の管理場所
室内の明るい場所か、戸外の日陰。室内でも窓の近くのカーテン越しの日光が好ましい。多少の直射日光には葉焼けしないが、調子に乗っていると葉焼けする(気がついたら葉焼けしていたとか)。直射日光は避けるのがとにかく無難。
●戸外においておいたほうがモンステラはガッチリと育つ。葉っぱも大きくなり切れ込みが入る。ただ、冬に室内に取り忘れるので、春から秋も室内置きのほうがいいって人も多い。室内のインテリアに買ってるし、別にずっと室内でもいいですよ。それで枯れるってことはないです。

冬の管理場所
冬の寒さに当たると枯れてしまいますので、冬は必ず室内で管理します。耐寒温度は5度と観葉植物としては寒さに強い方とされますが、霜に当たると枯れますし、気温は高い方がモンステラの健康にはいいです。最低気温が15度を下回ったら室内に取り込みましょう。
●夏も冬も冷暖房の風が直接当たる場所に置かないでください。冷暖房の風は非常に乾燥しているからです。

病害虫など

この項目の修正・提案をする

モンステラの茎には毒素(シュウ酸カルシウム)が含まれて居ます。茎を折ったり、傷つけたりした際に出た樹液でかぶれることもあります。犬や猫などのペットが口にすることがありますので、注意が必要です。
病害虫
カイガラムシ、黒すす病。
室内で管理する分には病気にはなっても虫はほとんど発生しない。

気根について

この項目の修正・提案をする
モンステラの特徴の一つが気根
気根はモンステラの茎からニョキニョキと出てくる根っこ。これは水不足になるとよく出てくる。よって気根が少ないほうが「よく管理している」と言える。水やりと葉水をやることで、気根は出づらくなる。
●気根は切ってしまってもいい。切ったから枯れるということはない。
●気根は伸びて、土に達すると普通の根っこを出す。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
モンステラは成長すると、徐々に葉っぱに切れ込みや穴が空いていく、独特の雰囲気のある観葉植物です。モンステラをよく知らない人が成長途中の葉っぱを見ると「虫が食った」と思うことがあります。葉に穴が空いているのは、熱帯雨林のスコールの強い雨を避けるためと言われています。
●写真画像は葉っぱに穴が空き始めたもの。ユーザーさんに投稿してもらいました。

モンステラという名前はラテン語の「モンストラム(怪物・異常)」が語源とされています。モンステラは他の植物と同様に花を咲かせ実をつけます。その実を鳥が食べ、糞と一緒にタネを落とします。地面に落ちた種は発芽すると、まず暗いほうへと葉を伸ばしていきます。それは「より高い木によじ登る」ためです。モンステラは木によじ登りその大きな葉を広げ、日光を横取りするのです。最悪の場合、その木を枯らせることもあります。
●ツル性の植物ですが、長く育てていると茎が「木質化」して、硬い幹のようになっていきます。
●深い切れ込みの入らないマドカズラというモンステラの一種は、葉っぱに穴が空くだけです。切れ込みにはなりません。
●ミニモンステラはモンステラの小さく育つ品種なのが本来ですが、交配が進んでいることと、小さい鉢に植えていることなどあって、詳細な品種はハッキリしません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用