バターカップの育て方

TOP > バラ科 > バラ > 更新日

バターカップ(イングリッシュローズ )

バターカップ
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Ausband
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

バターカップの育て方

バターカップの育て方

バターカップの育て方
文章の修正概要
バラ・バターカップはバラ科のイングリッシュローズの品種。バターカップとはキンポウゲの八重咲きの俗称。1998年に作出された。花つきがよく、濃い黄色の半八重のゆるいカップ咲きの花が5輪ほどで房咲きし、徐々に色が薄くなる。雨に打たれ強い。トゲが少ない細い枝。シュートがよく出て真っ直ぐ伸びる。シュラブ樹形とされるが記述(本)によってはブッシュ樹形。ブッシュ樹形を目指して剪定・管理をするのが普通。ツルバラにも出来なくもない。

半八重であるため、一輪の花の花びらが少なく、開花しても消耗が少ないため一番花と二番花の差があまりなく、春から秋まで花の大きさや色合いに減退が感じられない。ただし、夏の暑さで多少、花が小さくなる。

花が枝先でスプレーして開花するので、これを花ガラ剪定するとまぁまぁ切り戻すことになり、長く伸ばしてツルバラ樹形にするのは難しい…というかよく開花するのでツルバラとして育てるのはもったいない。
冬の剪定は樹高の半分を目安に切り戻す。
性質四季咲き・返り咲き カップ咲き 耐病性(ウドンコ病・黒星病に強い) 花壇 鉢植え 初心者向き トゲが少ない
ティー・オレンジ・強い
樹高120cmから150cm横幅100cm
樹形シュラブ樹形・半横張り・ブッシュ樹形
作出者デビット・オースチン

育て方の詳細はイングリッシュローズを参考に。

スポンサードリンク

関係記事・人気記事

ミニバラ

ミニバラ
[概要] ミニバラはバラ科の低木。小さい品種を漠然と「ミニバラ」と呼んでいるケースが多く、店頭に並んでいるミニバラは矮化剤(小さくなる薬)を使って小さく仕立てているだけってことすらある。矮化剤を使って…

ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリー
[庭植え注意] ワイルドストロベリーはイチゴ科の常緑宿根草。略してワイスト。ランナーで横へと広がる力が強く、グランドカバーとして優秀。その一方で、他の植物を駆逐するほどの勢いがあるので、庭植えは、大事…

モッコウバラ

モッコウバラ(バラ属)
[色の違い] モッコウバラには白と黄色があります。白には香りがあり、黄色にはありません。性質としては黄色の方が強く、育てやすい。白は綺麗ですが散る前は変色して汚いです。白い一重は香がある。四季咲き(と…

ピエール・ド・ロンサール

ピエール・ド・ロンサール(バラ属)
初心者向けツルバラ。病気に強く、開花しやすい。剪定に強く、小さく刈り込んでも花が咲く。花びらが多くゴージャス。非常に人気の品種。 [-●一季咲きですが、株が大きくなると何回か咲くことがある。-] [育て方…
スポンサーリンク
管理用リンク
管理用