ジュードジオブスキュア…ブラインドが発生しやすいが病耐性が強いイングリッシュローズ

TOP > バラ科 > バラ > 更新日

ジュードジオブスキュア(イングリッシュローズ )

ジュードジオブスキュア
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Ausjo
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

ジュードジオブスキュアの育て方

ジュードジオブスキュアの育て方
文章の修正概要
バラ・ジュードジオブスキュア(Jude the Obscure )はバラ科のイングリッシュローズの品種。1995年に作出された。「Jude the Obscure 」はイギリスの小説家のトーマス・ハーディの作品「日陰者ジュード」の原題。非常に暗い小説でトーマス・ハーディはこの作品を最後に断筆した。
花びらが内側に曲がったディープカップ咲きの大輪がうつむいて咲く。3輪から5輪が房咲きする。内側が若干濃い目のアプリコットで外側が淡い黄色になる。雨が多いとボーリング(外の花びらが固まってしまうこと)を起こして開きにくいことがある。
香りがかなり強く、フルーツ香がする。フルーツ香りに白ワインの香りが混じる独特な香り。イングリッシュローズの中でも香りが強い品種。秋に涼しくなってから香りが強くなる。
植えつけて3年はブラインドが多く、秋も開花しないが、徐々にブラインドが減って花数が増える。サイドシュート(枝から伸びる脇枝)が伸びて何かに絡ませないと樹形が乱れる。年数をかけるとツル樹形(3mくらい)になるが、二番花以降は樹形が乱れるので手間が大変。ベーサルシュートはよく発生する。鉢植えでも年に4回か5回開花する。水を欲しがる。芽出し・芽の成長は遅め。
病気耐性があり、農薬は少なくても育てられる。
剪定で樹高の半分を目安に切り戻す。
性質四季咲き 返り咲き ディープカップ咲き 花壇 鉢植え 耐病性(黒星病・ウドンコ病) トゲは少なめ
花径10cmフルーツ 強香
樹高ブッシュ樹形で育てると150cm
ツル樹形で育てると250cmから300cm
横幅120cm
樹形ランブラー樹形(ツル樹形) 半横張り
作出者デビット・オースチン

関係記事・人気記事

バラ

バラバラ
バラ科
(バラ属)

フロリバンダ

フロリバンダフロリバンダ
バラ科
(バラ属)

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめ

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめミニバラの植え付け・鉢増のまとめ
バラの栽培

ツルバラ

ツルバラツルバラ
バラ科
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用