オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)の育て方…植え替えや花が咲かない理由など

MENU
TOP>ナデシコ科>オノエマンテマ
スポンサードリンク

オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)

オノエマンテマ
科名ナデシコ科
属名カソウミソウ属
別名カーペットカスミソウ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


カーペットカスミソウという名前で流通することが多いので、ブワーっとカーペットのごとく繁茂しそうな気がしますが、何年も掛けて繁殖させる植物と考えてください。
オノエマンテマの生育の大事なところは夏越しです。暑さと湿気に弱いために、風通しの悪い場所で管理していると難しいですが、他の高原植物にくらべれば成功率は高いです。
まとめ
●春に植えて、花を楽しんで、夏を越し、冬は地上部が枯れて、また春には芽吹く宿根草。ただし夏越しが厳しい。
●日当たりを好むが、高温多湿が苦手なので半日陰で管理する。
●水のやりすぎ注意。
●冬の寒さに当てないと花が咲かない。
●夏は風通しの良い涼しいところで管理する。
●冬は地上部がなくなるが、水やりは忘れないように。

水やりと肥料

春から秋の
土が乾いていたら水をやります。土が濡れているのであれば水やりはしないようにします。オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)は過湿を嫌いますので、水のやりすぎには注意します。梅雨の時期に雨が当たる場所は避けます。
過湿は嫌いますが、水はけのいい土であれば、それほど気にしないでいい程度の弱さです。
●ぱっと見、水切れしやすそうですが、過湿が苦手。
●オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)は高山植物で、真夏の暑さに弱く生育が止まりますので、水を控えてやります。
●受け皿の水は捨ててください。夏でも冬でも。

冬の水やり
寒さに当たると地上部が枯れてしまいます。地上部は枯れてしまいますが、根は生きています。地上部がなくなると水やりをしなくなりがちですが、土が乾いてから数日経ってやる程度ですが水はやってください。
●オノエマンテマは夏の暑さに弱いため、鉢植えで育てるのが一般的。庭植えの場合は自然に降る雨だけで、冬の間は十分です。

肥料
開花する時期に液体肥料を二週に一回ほどやります。基本的にあまり肥料を必要とはしていません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

オノエマンテマは酸性の土を嫌いますので、庭植えにする場合や新しい土で植えるのではない場合、念のために石灰で中和しておきましょう。用土は「山野草の土」を利用します。
●酸性の土を嫌い、アルカリ性の土を好みますが、中性になってさえいれば問題ありません。山野草の土は中性に中和してあります。庭土は雨が弱酸性なので酸性気味になっているので石灰で中和した方がいいです。

鉢の底の穴に網を敷いてその上に軽石を敷いて、その上に用土を入れ、苗を入れて、隙間に土を入れていきます。苗は少しほぐします。植え替えの場合は三分の一ほど土を落とすと良いです。もしくは株分けします。鉢を揺らすとまた隙間ができますので、用土を入れていきます。最後に水をやって完成です。

管理場所・日当たり

日当たりを好むけど
オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)は日光を好みます。好むのですが高温多湿が苦手なので春から秋は半日陰の場所で管理します。半日陰というのは木漏れ日の当たる場所か、午前中だけ日光が当たるような場所です。

耐寒性もあり、耐暑性もそれなりにあります。夏は半日陰か日陰か…ともかく涼しいところに移動させて管理すれば夏越しできる程度の難易度です。問題は水はけであり湿度です。

その他

寒さには当てなくちゃいけない
オノエマンテマ(カーペットカスミソウ)は寒さに当たらないと花芽が出来ません。寒さに強い植物なので室内で観賞するということはあまりないでしょうが、温室で育てているとほとんど花芽ができないということがあります。
切り戻し剪定
春に花が一通り終わった後に花の少し下あたりで切ってやると脇芽が出てきて、もう一回花を咲かせる場合がありますのでやってみてください。
●梅雨前に全体を三分の一に刈り込むことで、梅雨と夏の過湿を防いで夏越ししやすくなります。

病害虫
梅雨時期に腐って枯れる立枯病が発生します。これは水やりを控えて、雨の当たらない場所で管理して、用土の水はけが良ければ問題ありません。
アブラムシハダニが発生します。アブラムシは発見次第捕殺し薬剤を撒く。アブラムシは予防法はほとんどなく、近くの雑草を刈るくらい。
ハダニは乾燥すると発生します。ハダニが発生すると葉っぱの所々に色が抜けてしまいます。見つけ次第薬剤を散布。水を葉っぱにかけることで予防できます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ヒマラヤ原産の高山植物。高山植物のため夏の高温多湿に弱い。山野草の一種として扱われることが多いです。標高2800メートルから4000メートルというかなり標高の高い草原・雑木林の植物。高さは生育しても20センチ前後と低く、グランドカバーの植物と考えてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用