アズーロコンパクトの育て方…冬越しも夏越しも可能です

TOP > キキョウ科 > ロベリア > 管理
アズーロコンパクト
最終更新
植物名
アズーロコンパクト
科名
キキョウ科
属名
ロベリア属
学名
Lobelia
耐寒
0度
水やり
水を好む
場所
外の日なた
難易度
初心者向け
アズーロコンパクトの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
目次
アズーロコンパクトとは?
管理場所・日当たり
水やり
肥料
植え付け・植えかえ
剪定と夏越し
特徴・由来・伝承
関連記事・タグ
スポンサーリンク

アズーロコンパクトとは?

アズーロコンパクトはキキョウ科ロベリア属の多年草のロベリアの改良品種。通常のロベリアよりも夏越えが容易で、春から夏を越えて秋まで花を咲かせるサントリーが開発した品種。鉢植えでも庭植えでもOKです。
アズーロコンパクトの商品画像
アズーロコンパクトの購入はこちら
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

管理場所・日当たり

春と秋は日光の当たる場所で管理します。日当りが悪いと花つきが悪くなりますので、日当たりがいい場所か、半日以上日が当たる場所(半日陰)で管理してください。

よく茂ると強風で枝が折れやすくなりますので、強風が吹かない場所で管理します。

夏越し

夏越えが難しくないといっても、真夏の強い直射日光と多湿に弱いので、真夏の間は半日陰に移動させてください。もしくは寒冷紗やヨシズで遮光してあげます。

冬越し

耐寒温度は0度で霜に当たると枯れてしまいますが、霜が降りない・雪が降らない地域であれば戸外で越冬することも可能です。暖地ではない場合は室内で管理すれば越冬も可能。

ただしかなり大変です。寒さに当てなくても、日光不足で株が弱る。一般的には毎年春に株を買い変えます。

冬越ししたら春に挿し木で増やして大量に栽培することもできる。

水やり

土が乾いていたら水をしっかりとやります。気温が高くなり日光が当たると非常に良く茂って水切れがおきやすいので、気をつけてください。花に水をかけずに土に水を注ぐようにするといいです。

春から夏に掛けて温度の上昇とともに水の蒸発量が増えていきます。春は晴れた日に水をやる程度ですが、夏になると一日に二回朝と夕方に水をやらないと水切れを起こしますので気をつけてください。

どうにも水切れするのであれば、風通しの良い涼しい半日陰に移動させるか、寒冷紗やヨシズで遮光しましょう。

肥料

アズーロコンパクトは花がよく咲きます。培養土に含まれている肥料成分だけでは1ヶ月ほどで使い切って不足しますので、その後は一週間に一回液肥をやるか、1ヶ月に一回緩効性化成肥料をやってください。

肥料が切れると花つきが悪くなります。真夏(7月8月あたり)は暑さと多湿で花が休みますのでこの時期は肥料はやらないでください。真夏に肥料をやると枯れることもある。

植え付け・植えかえ

時期

霜に当たると枯れてしまいます。3月から出回りますが、霜が降りそうなほどに寒いのであれば、暖かくなってから購入して植えつけましょう。

用土

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。自前で作る場合は赤玉土腐葉土4くらいの割合です。ここに緩効性肥料を規定量混ぜておきます。

市販の培養土には最初から肥料も入っているのでこちらが便利です。

鉢植え

8号に1苗を植えます。

鉢の底の穴を土が流れ出ないように鉢底ネット(鉢底網)で塞ぎます。その上に軽石を3cmほど入れ、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れていきます。鉢を揺らすと隙間ができますので、そこに用土を入れていき、隙間ができなくなるまで繰り返します。最後に水を鉢の底から水が出るまでやって完成です。

越冬して春に植え替える場合は古い鉢から株を取り出して、土を3分の1だけ落として、新しい用土で同じ大きさの鉢か、ひとまわり大きな鉢に植え替えます。株分けも可能で、適当に2等分か3等分して別々に植え付けましょう。地上部は半分以下に切り戻して根の負担を減らしておくと、回復が早いです。

庭植え

深さ30cmの穴を掘り、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、化成肥料を少量入れて、よく混ぜて用土とします。

穴に半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。複数株を植える場合は株同士は30cm〜40cm空けて植えてください。

挿し芽で増やす

春(4月〜5月)か秋(9月〜10月)に挿し芽で増やせます。春に増やして庭中に生やすことも可能ですし、秋に挿し芽で増やして越冬の保険をかけることも可能です。5cm〜10cmに葉茎を取り、下葉をむしって水揚げをします。切り口に発根剤を塗って、購入したばかりの赤玉土小粒単用を入れた挿し床にさしておいて、乾燥しないように水をやって日陰で管理しておくと、2週間ほどで発根します。発根したら鉢や庭に植え付けましょう。

挿し芽の手順は一般的なものですので挿木を参考にしてください。

剪定と夏越し

アズーロコンパクトは夏越えしやすい…といってもロベリアですから多湿に弱く、蒸れると葉っぱが腐って傷んで枯れてきます。そこで梅雨前〜夏前に三分の一ほどに刈り込むことで風通しをよくします。傷んだ葉っぱはむしってください。夏を越すとまた秋~花を咲かせます。

特徴・由来・伝承

サントリーが開発したロベリアの品種。ロベリアでは困難な夏越しも可能で、春~秋まで長期間咲いてくれる園芸品種。ただし、サントリーでしか栽培・販売していないので流通量が少なく、通常のロベリアに比べるとまだまだ高価。

アズーロコンパクトと同じように春から夏に開花する植物を春から夏の定番にまとめているのでよければ参考にしてください。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

アズーロコンパクトのカテゴリ・タグ

庭植え鉢植え園芸品種春から夏の定番サントリー

キキョウ科

スポンサーリンク