パラシュートプランツの育て方

MENU
TOP>ガガイモ科>パラシュートプランツ
スポンサードリンク

パラシュートプランツ(セロペギアサンダーソニ・アンブレラフラワー)

パラシュートプランツ
科名ガガイモ科
属名セロペギア属
学名Ceropegia sandersonii
別名セロペギアサンダーソニ・アンブレラフラワー
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


まだ流通量が少ないので、育て方には不明な点が多いです。越冬に必要な温度が高く、一般家庭では越冬は無理かと推測します。それでもこの容姿はそそりますね。

販売しているときは、支柱に絡ませています。これを解いて植えると、地上に這うように増えていきますが、雨が降ったり水をやったりしたときに、葉っぱに水が当たると腐って枯れてしまいますので、支柱に絡ませたままが良いです。

開花は9月以降が
初夏~秋に掛けて花が咲きますが、開花が増えるのは9月。8月以降は剪定をしないでおくと花が楽しめます。

水やりと肥料

水のやりすぎ注意
多肉植物なので、乾燥には強く、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。土が乾燥していたら水をやります。土が乾燥していないのであれば、水はやらないでください。受け皿に水が溜まっていたら水を捨てて下さい。

気温が下がってくる秋以降、生育が止まります。最高気温が20度を切ったら水は控えます。

肥料
生育時期に、一週間に一回、液肥を与えます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている多肉植物の土で植え付けをします。
越冬が出来たら、二年に一回、夏に植え替えをします。

管理場所・日当たり

越冬について
8度以上で越冬、出来れば12度以上ほしいです。なので、冬は室内の暖かく日が当たる場所で管理して下さい。
花が咲くのは15度以上で、15度以上を保つことが出来れば周年花が咲きます。
●冬に12度というのは一般家庭にはない温度です。昼間に人が生活するリビングでも夜中には5度になります。
●夏に楽しむ植物と割り切るのが吉。夏だけとしても、このルックスは凄い!

春から秋の管理
春から秋に掛けては、日当たりで管理します。日が当たるとツボミを良くつけ花が咲きます。日本の真夏の直射日光は多肉植物でも辛いです。真夏は直射日光を避け、半日陰で管理します。

特徴・由来・伝承

ガガイモ科の植物でハートカズラとは近縁。パラシュートプランツはその花の形が特殊です。言われてみれば、パラシュートのような…

この植物は花から虫を呼び寄せる匂いを出し、花の中に招きよせます。花の中には、中向きに細かい毛が生えていて、虫が一回入ると脱出困難なつくりになっていて、花の中で動き回っているうちに受粉させられる、という仕組みです。通常の植物が「蜜」という餌を提供することで受粉を手伝わせるのに対して、パラシュートプランツは何も提供せずに、というコストパフォーマンスが良いというか、詐欺というか・・・・・・
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ガガイモ科の仲間


ガガイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用