ウォーターマッシュルームの育て方

MENU
TOP>セリ科>ウォーターマッシュルーム
スポンサードリンク

ウォーターマッシュルーム

ウォーターマッシュルーム
科名セリ科
属名チドメグサ属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


プクプクしたかわいい葉っぱが人気のウォーターマッシュルーム。水生植物で、空気中に葉っぱが出ていても、水中でも育ちます。春から秋までは旺盛に生育し、冬には寒さで枯れてしまいます。室内で管理していれば越冬は可能です。
まとめ
●水生植物。睡蓮鉢などに沈めて、葉っぱを水上に出す。
●店頭に並んでいるのは普通の土に植わっているが、これを睡蓮鉢に沈める。でないとすぐに水切れを起こす。
●春から秋は戸外の日当たり。冬は室内の日当たりで管理。

水やりと肥料


水生植物で、葉っぱが水中から出る状態でも完全に水中でも育ちます。ウォーターマッシュルームは水が切れるとすぐにシンナリと水切れを起こし、枯れてしまいます。ミズゴケに植わっている場合は、いつもミズゴケが濡れているようにします。水浸しでも構いません。普通は睡蓮鉢など鉢部分を沈めます。
●冬でも水につける。でないと水切れを起こす。
●冬に地上部がなくなっても水につける。でないと春に復活する可能性はゼロに。

肥料はやってもやらなくても
生育期間に薄い液肥を水にやります。やらなくても枯れるわけではありませんが、やると葉っぱがよく増え、花も咲きやすくなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根をミズゴケで包んでポットなどに入れ込みます。もしくは腐葉土とピートモスを混ぜたもので植え込みます。ミズゴケが簡単です。この根っこを分ければいくらでも株分けが可能です。株分けは簡単で、分ければいくらでも増やせます。植え替えは2年に一回、4月から10月に。植え替えをするのはミズゴケが腐るからです。

管理場所・日当たり

日当たりで管理しますが、夏にちょっと注意
春から秋は戸外か室内の日当たりで管理します。ウォータマッシュルームは若干暑さに弱く、日当たりで管理していて水温があまりに上がると枯れてしまいます。ハイドロカルチャーなど水の少ないものや、小さな睡蓮鉢で育てていると鉢内の温度があがって根をいためます(水の温度が上がって痛める)ので、そういった状態で育てている場合は半日陰の涼しい場所に移動させてください。
冬は室内が無難
冬は暖地で軒下であれば、完全に枯れずに春になると芽が出てきますが、霜が降りる地域は室内に取り込むのが無難です。耐寒温度は3度と比較的強いです。室内の日当たりで管理します。
●霜に当たれば枯れる。
●暖地でも戸外に出しておけば、地上部が枯れる。
●暖地以外(中間地・寒冷地)では室内へ。
スポンサードリンク

その他

病害虫の心配はほとんどなし。

特徴・由来・伝承

セリ科の植物。水中でも育つ水生植物です。葉っぱがキノコに似ていることからウォーターマッシュルームと呼ばれます。春から夏によく花屋さんで流通していますが、流通量は決して多くありません。土植えの状態(土というか腐葉土とピートモスですが)で店頭に並んでいるのですが、睡蓮鉢などに沈めて楽しむのも涼しげです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

セリ科の仲間


セリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用