オトギリソウの育て方

MENU
TOP>オトギリソウ科>オトギリソウ
スポンサードリンク

オトギリソウ(弟切草・チドメグサ)

オトギリソウ
科名オトギリソウ科
属名オトギリソウ属
学名Hypericum erectum
別名弟切草・チドメグサ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育てやすい植物。というか日本に古来から生えている植物で、これといったことをしなくても環境が合えば幾らでも繁殖します。黄色い花が咲き、花には斑点があります。多年草宿根草)で毎年、花が咲きます。
冬は地上部が無くなります。
まとめ
●育てるのは簡単。
●真夏は水切れが起きやすい。
●真夏は葉焼けも起こすので、半日陰に移動させたほうが良い。
●冬も水やりを忘れないで。
●宿根草で冬は地上部が枯死するが、春にはまた生える。

水やりと肥料

土が乾いたら水を
土が乾いていたら水をやるようにしてください。ずっと濡れていたら根が腐ってしまいます。ただし、真夏は乾燥して、水切れを起こして枯れやすいので注意してください。あまりに水やりが追いつかない場合は、日陰や半日陰に移動させてください。
鉢植えは冬も水を
冬は地上部が枯死して消えて無くなりますが、地下では根が生きていて、それが春になると芽吹きます。よって、冬も根が枯れない程度には水をやらないといけません。週に一回くらいは水をやってください。
肥料
春から夏に液肥を二週間に一回程度やります。
もしくは春に根元に緩効性肥料を置きます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

秋に種子ができるので、これを採種しておいて春に蒔きます。一般的には種子ではなくて苗を購入することになります。苗を植えて花が咲き、種子ができ、そのまま放置しているとこぼれダネで弟切草がどんどん増えます。ようはほったらかしで増えるってことです。
植え替えについて
鉢植えの場合は根が張ったら植え替えをします。植え替え時期は芽吹く前の3月か4月。芽吹いてからは植え替えないほうがいいです。
用土
赤玉土7川砂3を混ぜたものか、赤玉土7鹿沼土3を混ぜたものを使います。鹿沼土は酸性の土で、弟切草は酸性の土を好みます。もしくはホームセンターで売ってる「山野草の土」を使います。山野草の土を使った方が安上がりです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好む
日当たりを好み、真夏以外は日当たりで管理します。日光が不足すると生育不良を起こします。
夏の日当たりに注意
乾燥に強い植物とされますが、それでも真夏の直射日光をガンガンと浴びていると乾燥にやられ、葉焼けも起こします。真夏は半日陰に移動させた方が良いです。庭植えした場合は、夏は何かの植物の陰になるようにするか、すだれで影を作ってやります。
冬は凍らないように
冬は地上部が枯死しますが、根は生きています。この根も「土が凍るほど寒い」と枯れてしまい、春になっても芽吹きません。冬になっても土が凍らない程度の寒さの土地なら問題ありません。土が凍る気温ってのは「マイナス5度」とか「マイナス7度」です。0度では土までは凍りません。

庭植えした場合は、弟切草の上に腐葉土をかけてやって凍結防止をしてください。

特徴・由来・伝承


平安時代に晴頼(せいらい)という鷹匠がいました。その鷹匠は鷹の傷をたちどころに治す秘薬を作っていました。晴頼(せいらい)には弟がいて、これがお人好しで、他人に秘薬の秘密を漏らしてしまいました。それで晴頼(せいらい)が弟を憎んで殺してしまいました。その秘薬の材料が「弟切草」です。弟切草は実際にタンニンを含む薬草です。タカノキズグスリ(鷹の傷薬)、チドメグサ(血止草)という別名もあります。チドメグサという名前は別種の植物にも付いているので、混同しやすいです。
セイヨウオトギリソウ
セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)とはオトギリソウ科オトギリソウ属の同属の植物ですが、見た目も違います。弟切草は日本に自生している植物で、「酸性の土」を好みますが、西洋オトギリソウは酸性の土は苦手です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

オトギリソウ科の仲間


オトギリソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用