ビヨウヤナギの育て方

TOP >オトギリソウ科>>管理

ビヨウヤナギ(未央柳・美容柳・金糸桃・金線海棠・美女柳)

ビヨウヤナギ
科名オトギリソウ科
属名オトギリソウ属
学名Hypericum monogynum
別名未央柳・美容柳・金糸桃・金線海棠・美女柳
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

ビヨウヤナギの育て方

ビヨウヤナギの育て方
文章の修正育て方の概要
常緑小低木(半常緑とも半落葉とも)。ヤナギとあるが柳じゃない。6月7月あたりに開花する。花は黄色く愛らしい。品種にもよるが実も鑑賞価値があり、長く楽しめる。基本的に頑健。日本の気候に合っていて夏の暑さ・冬の寒さに強い。鉢植えでも育てられるが生育が早いために庭植え推奨。半日陰でも育つが日当たりの方が開花が多い(品種によっては半日陰ではほとんど開花しない)
草丈・樹高1m
まとめ
●ビョウヤナギはオトギリソウ科の常緑小低木。初夏に開花する。
●日当たりが好ましいが半日陰でも育つ。
●3月と秋に肥料
水やりは普通。鉢植えなら土が乾いたら。庭植えなら自然な雨だけでほぼ十分。日照りの時には水をやる。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
冬の水やり
鉢植えの場合、冬は生育が鈍くなっているので土が乾いてから数日経って水をやります。朝に水をやります。昼以降に水をやると水が明け方に凍って枯れてしまうかもしれません。
肥料
新芽が出る前の2月か3月あたりに緩効性固形肥料か油粕をやります(春の肥料は春の生育を促すための肥料)。また、開花が終わり涼しくなった9月から10月に緩効性固形肥料か油粕をやります。秋の肥料はお礼肥(=開花・結実で失った栄養を補給する肥料)です。
肥料がないからといって枯れる訳じゃない。

植え付け・植えかえ

文章の修正植え替え時期
植え付け・植え替えは春(3月4月)か秋(9月10月)。春は新芽が動き始める前が理想。秋は暑さが収まって涼しくなってから(最高気温が25度以下)。鉢植えの場合は2年に一回でもいいが、ほぼ毎年植え替えをする。鉢底から根が出ているようなら植え替えをする。
用土
土質は選ばない。比較的肥えた土を好む。一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土の場合は元の土に3割ほど腐葉土を混ぜておく。
植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、一回り大きな鉢か、同じ大きさの鉢を用意します。植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●ビヨウヤナギの花芽は春に伸びた新芽にできる。植え替えをするときは、新芽が動き始める前にすること(植え替えのときに地上部を剪定するため)。
●植え替えの時にもっと小さく…地ぎわから20cmから30cmほどで刈ってしまってもいい。それで枯れるってことはないです。
●植え替えの時に株分けも可能。適当にハサミやカッターで切って分けて、別の鉢に植え替えてください。

庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。

挿し木

文章の修正開花前の5月から6月あたりに固くなった新しい枝を10cmほど切って、葉っぱを5枚ほど残して、切り口を土に挿していると発根する。赤玉土小粒単用の用土に挿して、水をやる。葉っぱにも霧吹きで水をやるとよい。発根まで二週間から一ヶ月。発根したら植え付けの要領で独り立ちさせる。
適当に土に挿していても発根する。3月に剪定した枝を挿していてもある程度の確率で発根する。

品種

文章の修正ヒペリカム・カリキナム
樹高が低くてグランカバーに適している。
ヒペリカム・イノドルム・エルムステッド
品種名「エルムステッド」で販売している。実がピンク→赤に変わり、鑑賞価値がある。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好む
日当たりが適している。半日陰でも枯れないが、半日陰だと開花が鈍くなる(もしくはほとんど咲かない)。なので日当たりで育てるのがよい。

夏の暑さには強いが、西日が当たって乾燥して水切れを起こす。水やりをして乾燥し切らないようにするか、株元にマルチング(腐葉土で株元を覆う)をして乾燥を防ぐ。

冬の寒さには強いが、土が凍結したら枯れる。積雪すると雪が保温になって土は凍らない。積雪せずに土が凍るような地域は株元に腐葉土やワラで株元を覆ってマルチングをして凍結を防ぐ。

その他

文章の修正病害虫
サビ病が発生する。葉っぱにサビのような赤い斑点が出る。原因はカビ。涼しい時期に発生し24度以上になると発生しない(4月から6月に発生する)。被害が少ないならば、病変部分を取り除き、廃棄する(そこいらへんに捨てない)。被害が大きいなら薬剤を散布する。放置していると株が弱り、枯れることもある。
剪定で風通しよくしておくと予防できる。
剪定
3月に剪定する。ビヨウヤナギは春に出た新芽に花芽(将来、花になる部分)がつきます。なので3月以降に剪定すると花がなくなります。剪定は3月までにします。
剪定は「邪魔な枝を切って」、「樹形を整える」ようにします。適当で十分です。大きくしたいなら弱い剪定。小さく仕立てないならガッチリ剪定します。地際から30cm程度で刈っても復活するくらいに剪定に強い植物なので気にしないで剪定してください。
●枝があまりに古いと花が咲かなくなる。古い枝は根元から切って取り除きます。
●枯れ枝はもちろん切ってしまう。

特徴・由来・伝承

文章の修正中国原産の常緑小低木。黄色い愛らしい花を咲かせる。おしべが長い。「ヒペリカム」はオトギリソウ属のラテン語の学名。ヒペリカム属のもので、見た目が似たものは「ビヨウヤナギ」として流通する。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

ヒペリカム
オトギリソウ科
キンシバイ
オトギリソウ科
オトギリソウ
オトギリソウ科
テリハボク
オトギリソウ科

人気記事

アマリリス
ヒガンバナ科
スイフヨウ
アオイ科
プレクトランサス・モナラベンダー
シソ科
オリーブの葉が枯れてきた
トラブル
ホワイトソルトブッシュ
ヒユ科

10月に開花する植物

ライムマーガレット
キク科
トレニア
ゴマノハグサ科
プラドレッド
キク科 ヒマワリ
オレアリア
キク科
コルチカム
ユリ科

10月に植え付け・植え替えする植物

クコ
ナス科
シャクナゲ
ツツジ科
バーハーバー
ヒノキ科 コニファー
クールミント
シソ科
ベルガモット
シソ科
スポンサーリンク