ハイドロカルチャー

MENU
TOP>雑学>ハイドロカルチャー

ハイドロカルチャーってなんだ?


水耕栽培のこと
ハイドロカルチャーというと、赤い粒々(ネオコールとかレカトン・ハイドロボールと言われるもの)が沢山入ったガラス容器に植わった「植物」というイメージですが、「ハイドロ」は水の意味で、あの赤い粒々がなくても、水を張った器に、根が生えた植物が生育していれば、それは「ハイドロカルチャー」ということになります。
ただし、ここでは一般的な、赤い粒粒などを利用したハイドロカルチャーについて述べています。
参考:ハイドロカルチャーで必要なもの ハイドロカルチャーに向いてる植物

廃れはしたものの
ハイドロカルチャーは1980年代あたりにドイツで流行、その後日本でもブームが巻き起こりました。取っ掛かりやすく、清潔で見た目に綺麗!なのですが、実は水遣りや肥料の具合が土栽培より難しいことから、下火になっています。それでもインテリアとしては優秀。まずはポトスヘデラ類からどうぞ。
スポンサードリンク

ハイドロカルチャーは根腐れしない??

いいえ、しっかり腐ります
普通の植物は水をやりすぎると根腐れを起こします。根腐れの原因は、水中で雑菌が繁殖するため。それはハイドロカルチャーであっても同じことで、ハイドロカルチャーで雑菌が繁殖しないのは、雑菌が繁殖しないように根腐れ防止剤を入れているから――というだけです。

メリット・デメリット

メリット
●見た目に綺麗、インテリアとしても優秀
●土を使わないので、コバエなどが発生しにくい
●水遣りの頻度が少なくてすむ
初心者でもとっつき易い
●大きく育たないので、室内インテリアとしては便利

デメリット
●ガラスの器に緑のコケが生える。これが取れない。
●強い光を当てると、干上がりやすい
●強い光を当てると、器内の温度が上昇しやすく、植物が傷む
植え替えが大変
●情報が少ない
●大きく育たず、枯れやすい

結論

小さく育てるなら、ハイドロカルチャー。お部屋のインテリアにちょっとしたアクセントにするなら、これが適しています。ですが、腰の高さくらいの観葉植物を育てるならば、普通の土に植えたものがよいです。
●ハイドロカルチャーは小さいものに限る

理由
ハイドロカルチャーは簡単。と思いがちですが、これが誤解。水の加減、肥料の加減、日当たりの加減が微妙で、ハイドロより土の方が育てやすいです。ハイドロでは生育に限界があり、ある程度生育すると枯れやすくなります。初心者はいきなりハイドロからではなく、普通の土の鉢から挑戦すべきです。

あと、ハイドロカルチャーに関する情報が少ないです。対して「土」による栽培に関する情報は豊富です。少々失敗しても、土の栽培ならネットで検索すればほしい情報がヒットしますが、ハイドロとなると少ない。ハイドロに挑戦するのはある程度の経験があってからが無難。
●ハイドロに挑戦するにはある程度の理解と覚悟が必要

その他

雑記

●苗には農薬が残っている。人には影響はないが、アクアリウムにこれらの苗を、購入後すぐに利用すると、農薬で魚が死ぬことがある。一ヶ月ほど無農薬で栽培して、農薬を抜いてからアクアリウムに利用すると良い。
●色つきのハイドロコーンやネオコールなどがあります。ですが、この塗装部分がはがれやすく、色つきの粉がガラスの器にひっついて汚く見えます。
●植えつける前に、ハイドロコーンは粉がなくなるまで洗います。水洗いして、濁らなくなるまで洗います。
●植え替え直後は肥料をやらない
●元気がないときは肥料をやらない
●ハイドロから土植えにすることもできる。ハイドロに慣れた「根」から土用の「根」に生え変わるまでは、メネデールを入れた水をやり、土用の根が出るまでは水は多めにやる。土に馴染んだら根腐れしないように水は控える。
●観葉植物は寒さに弱いので、植え替えは春が適期。ただ気温があれば大丈夫。室内で管理していて温度が5度以下にならないならば、冬でも植え替えしても枯れない。
●観葉植物は気温があれば、少々根を切っても大丈夫。古い痛んだ根は切ったほうが良い。
●ハイドロで植えた観葉植物をたまに抜いてみて、変色した根をさばくと、生育が良くなる。根を切るのは春から秋の間。冬にやると痛んでしまいます。
ワイヤープランツは根をさばいて、地上部も同じくらいにさばく。根に対して地上部が大きいと、弱ってしまいます。
●HB101はマルチ・宗教っぽい。活力剤としては利用しないほうが賢明。というか高価すぎます。
●水をやりすぎたら――ティッシュで吸い出す・器を傾けて流す・スポイト状のもので吸いだす・自然乾燥を待つ。100円均一に化粧品の詰め替え用注射器がありますので、これがいいらしいです

土を敬遠していますか?

室内に土
観葉植物を置く、ということは室内に「土」を置くということです。土は確かに、虫が住んでいるかもしれません。コバエが沸くこともあります。カビてアレルギーの原因になることもあります。これらを嫌ってハイドロカルチャーへと関心を寄せる人が多いです。

ですが、「観葉植物の土」ならば、腐葉土は少なく、匂いもなし、無菌、虫は住んでいません。これらの土で栽培すれば、虫が沸くことはまずないです。(もちろん外部の土を入れたり、購入時点で土中に虫がいたら沸きますが)

ハイドロの前に、まず土栽培を検討してください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用