チランドシアの育て方

MENU
TOP>アナナス科>チランドシア

チランドシア(チランジア・ハナアナナス・キアネア)

チランドシア
科名アナナス科
属名ティランジア属
学名Tillandsia
別名チランジア・ハナアナナス・キアネア
みずやり乾かし気味に
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


直射日光がガンガンとあたると傷みますので、春~秋は戸外の明るい日陰か、室内の明るい場所で管理します。冬は室内の明るい場所で管理してください。

チランドシアは、1つの株に1回花が咲くとそれ以上花が咲くことはありません。ただし、新しい株が出来ると、花が咲きます。株は育てているうちに出来ます。

水やりと肥料

土が乾いたらタップリと水をやります。特に春~秋は成長期なので水を必要とします。
水をやるといっても、チランドシアは根から水を吸収するのではなくて、葉っぱの根本に溜まった水を吸収します。そこで葉っぱの根元の筒状になっている部分に水が溜まるくらいにバシャーと水をやってください(花には掛けないように)。

冬になると成長が止まり、水を吸い上げる力が鈍くなりますので、土が乾いてから数日経ってから水をあげます。その際に葉っぱの根元の筒状の部分に水が溜まらない様にしてください。水が腐って枯れる原因になります。

●成長期に薄い液体肥料を2~3週に1回あげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されているチランドシアを植え替えようとバラすと、株がミズゴケに包まれ、その周囲に土が詰められています。
植え替えるのであれば、ミズゴケで包んで新しい鉢に突っ込んでOKです。

管理場所・日当たり

春から秋に掛けては半日陰か明るい日陰で管理します。冬は室内に取り込みます。

特徴・由来・伝承

空気中の水分だけで育つ、エアープランツの仲間ですが、育て方は普通の植物に近いです。

鮮やかな淡いピンクの苞(ほう)に淡いブルーの花が咲きます。その色合いは、ほとんど唯一の雰囲気です。生育温度は0度で室内であれば冬越しも難しくないことから観葉植物として人気があります。

このページで扱っているチランドシアは「キアネア」という品種です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アナナス科の仲間


アナナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用