アッツザクラの育て方

MENU
TOP>コキンバイザサ科>アッツザクラ
スポンサードリンク

アッツザクラ(ロードヒポキシス)

アッツザクラ
科名コキンバイザサ科
学名Rhodohypoxis
別名ロードヒポキシス
みずやり水控え目
場所季節による
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


アッツザクラの年間サイクル
冬には休眠し、春に開花、暑いのが苦手ですが、夏を越えて秋に盛り返して冬にまた休眠し、春に目を覚まして開花…というのを繰り返します。
寒さにあたらないと花芽が出来ないので冬は戸外で管理しましょう
アッツザクラは冬の間に寒さに当たらないと花芽が作られないので、鉢植えの場合は室内ではなくて軒下で管理してください。土が凍るほどの寒さだと傷みますが、寒さに当てないと葉っぱばかりが伸びてしまいます。
お店で3月前後に出回るものはちゃんと寒さに当ててあるので花芽が出来ています。安心して育ててください。
まとめ
●環境が合えば育てるのは簡単な植物。自生地では岩地や斜面に育つ。水はけの良い所が好みの植物。ロックガーデンに適している。
●土が乾いたら水をやる。
●庭植えの場合、冬は水をやらない。
●鉢植えの場合、冬も水を完全には切らない。
●夏は暑さで枯れるかも。夏は半日陰で涼しいところで管理する。
●冬は寒さで休眠する。しかし、寒さに当てないと花芽ができず、春に開花しない。
●冬は土が凍結しないなら戸外で越冬も可能。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの水やり
生育する間は、土が乾いたらタップリとやります。土が濡れているうちは水はやらないようにします。鉢植えの場合、水をやるときは鉢の底から水が出てくるくらいにしっかりとやり、土が乾くまでは水を控えます。大事なのはメリハリですね。冬は寒さで地上部がなくなっても、完全に乾燥させないように、土が乾いてから数日経ってから水をやるようにします。
庭植えの水やり
春から秋は土が乾いているようならば水をやるようにします。
庭植えの場合、秋以降、葉が枯れて休眠期に入ったら水は与えないで下さい。
肥料
春から初夏まで緩効性固形肥料を一ヶ月か二ヶ月に1回与えてください。もしくは二週間に一回程度、液体肥料をやってください。真夏は暑さで弱るので肥料はやらないでください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土
市販されている花と野菜の土か、山野草の土で植え付けします。自生地から考えると山野草の土が適している。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。アッツザクラは球根植物です。植えつけるときに傷つけないようにしてください。

休眠期も掘り上げないで放置
球根植物ですが、冬や夏に休眠しても、チューリップなどのように掘り上げて日陰で管理する必要はなく、植えっぱなしにしてください。
●乾燥に弱いので、球根を掘り上げて管理するより、土に植えている方がいいです。

植え替え・植え付け時期とか
休眠が終わり、新しく芽がでる三月くらいに植え替えをします。掘り上げて、分球し、植えていきます。毎年植え替えるのであれば球根同士は1センチ程度の密生にします。これはアッツザクラというのは花が小さいから、密生させないと見た目が貧弱だからです。しかし、1センチ程度の株間で植えると、1年後にはギッチギチになってしまい1年後には植え替えないといけません。毎年植え替える場合は1センチほどの深さに植えます。

毎年植え替えるのが面倒な人は2センチ株間を開けます。これだと一年目は貧弱ですが、2年目は綺麗で、植え替えは2年に一回で十分です。この場合は2センチほどの深さに植えます。
●小さな球根は開花しないかも。植え付けて、太らせれば翌々年には開花する。
●球根が増えてギチギチになると逆に花が減ります。

アッツザクラの球根の増え方
アッツザクラの球根は周囲にボコボコとついていきます。すると、球根の大きさの割に深く植えてやらないと。新しくついた球根が地上に顔を出すことになります。なので、毎年植え替えるなら1センチ。2年に一回の植え替えなら2センチの深さに植えてやります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


夏の暑さに若干弱いです
アッツザクラは日の当たる場所で管理してください。夏の暑さには若干弱いので、梅雨明けからは日陰に移動するか、真夏に葉が増える植物を近くに植えるといいでしょう。もしくはヨシズや遮光ネットで50%ほど遮光します。
●真夏に葉が枯れても根まで枯れていなければ、また生えてきます。
●アッツザクラの自生地の夏の温度は平均で22度。35度を超える日本の夏は厳しい。

冬は凍結しないこと
冬は霜に当たると地上部が枯れるのですが、春になればまた芽吹きます。しかし、土が凍結すると球根まで枯死します。土が凍結しない地域ならば問題なく戸外で越冬します。凍結しないように水やりを控えると、球根が乾燥して、これまた枯れてしまうので、鉢植えの場合は素直に室内に取り込んだほうがいいです。ただしアッツザクラは5度~8度の低温に6週間ほど晒されないと花芽が形成されません。土が凍らない程度の戸外か、室内なら10度くらいの室温の場所で管理するようにします。戸外で寒さに当てる方がいいです。
●地上部が枯れているので日当たりで管理する必要はないです。
●地上部が枯れたら、枯れた葉っぱは取り除いてください。
●花芽が形成されないと、春になっても花が咲きません(葉っぱは出てくるが)。
●庭植えで取り込めない場合は、ワラや腐葉土を被せてマルチングをして土が凍るのを防ぎましょう。
スポンサードリンク

その他

春にオルトランを前もって撒いておくといいです
アブラムシがつきやすいく、放っておくとツボミが弱って咲かなくなりますので、前もってオルトランなどを散布しておきましょう。オルトランは土から吸い上げて植物の中から影響する殺虫剤です。
花ガラを摘む
花が終わったら、花ガラを摘んでください。放置していると病気の元になります。

特徴・由来・伝承

小さな花でワイルドフラワーというイメージがあります。背が低いので、グランドカバーや石と石の間に植えたりします。

アッツザクラという名前は
●太平洋戦争中にアッツ島で日本軍が玉砕したことを悼んでアッツサクラと名づけた。アッツ島の全滅は日本の玉砕第一号。
●太平洋戦争中、アッツ島を日本軍が占領したことを記念してアッツ桜と名づけた。
●植物輸入業者が売り出すために勝手に付けた。

という3論あります。実際はアッツ島とはなんの関係もない南アフリカのナタール地方の植物です。

最近はこの由来を嫌ってか、「ロードヒポキシス」という名前を広げようとする人もいます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用