矮性

MENU
TOP>園芸用語>矮性
スポンサードリンク

矮性とは

本来の大きさよりも小さい状態で、成熟することを指します。理由としては、遺伝的なものであることもありますが、多くは、薬品処理による人工的なものです。

植える場合に気をつけること

矮性のほとんど、というかすべては薬品によって小さくまとめられているので、しばらくすると効き目が切れて本来の大きさに育つことが多い。大抵は最初の年は小さくまとまっていたけども、翌年からは・・・というケースが多い。
例えば、ケイトウの矮性処理のものは最初の年は小さいままですが、こぼれ種から生える翌年以降は背が高くなります。

薬品では無く、小さく育つように育種された品種も

遺伝的に小さく育つ品種もあります。例としてはウツギに対するヒメウツギなどです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

矮性の関連記事

園芸用語の仲間


園芸用語の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用