ハオルチアの育て方

MENU
TOP>ユリ科>ハオルチア
スポンサードリンク

ハオルチア

ハオルチア
科名ユリ科
属名ハオルチア属
みずやり乾かし気味に
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

硬葉系と軟葉系
硬い葉っぱ系と、葉っぱの柔らかい系統があり、軟葉系の中の葉っぱが透明の「窓」になっているものが最近は人気です。

基本的に頑健ですが…
ハオルチアは頑健ですが、直射日光に弱く、また生育時期以外の雨と霜にも弱いです。ですから、基本的に明るい室内で管理します。春から秋にかけては戸外でも構いませんが、霜が降りる前に取り込むのを忘れないようにしましょう。

腐っていたらすぐ切除
風通しが悪かったり、水が多かったりするとハオルチアは腐ってきます。よく下葉から腐ってきます。そのままにしていると大抵そのまま全体が腐ってしまいます。必ず腐敗した部分を切り取り、変色している部分はしっかりと掻きとってください。
まとめ
水やりが微妙。
●一年中、室内の明るいところでいい(多肉の多くは「ずっと」はダメで、春と秋は戸外に出さないといけないがハオルチアは室内でいい)。
●真夏と真冬は休眠するので、水をやらない。
●それ以外の時期は10日に一回くらいの水やり。ただし、土や気候によって頻度は変わる。

水やりと肥料

水やりは約一週間に一回とか、10日に一回とか。土が濡れているようであれば水やりは絶対にしません。また、気温が0度以下になるようであれば、水はやりません。ただ真夏と真冬は水を断ちます。
水やりの注意点
水をやるときはしっかりと鉢底から染み出す位にやります。水やりには水分の補給だけでなく、植物と土壌内の最近の老廃物を洗い流す意味もありますので、水をやるときはしっかりとやり、やらないときは水をやらないようにします。頻繁に少量の水をやるのが一番よくありません。
●どのくらいの頻度か?は時期と、土の配合にもよるのでなんとも言えない。ハオルチアの様子を見ながら加減できるようにならないとダメ。
●水やりが多いと腐りますので、控えめから始めましょう。
●水が不足して多少シワシワになっても、すぐには枯れませんし、復活しますが、水が多いとすぐ腐り即死します。
●ハオルチアでも根の太いタイプは完全に根が乾燥するとマズイとも。まーそれでも根腐れが起きる可能性の方が高いけど。

意外と難しい多肉植物の水やり
乾燥に強いというのは、水が無くても生きていけるわけではありません。だからといって水をやりすぎると枯れてしまいます。個人的にはハオルチアは「いままで全然植物を育てたことの無い人が挑戦する」には向いていません。春から秋はそうでもないですが、冬の水やりの加減が意外と難しいのです。

夏の休眠に注意!
夏場の高温期になると、高温すぎてハオルチアが休眠します。しかしそれまで同じように水をやってしまい腐ってきます。気温が35度近くになったら、水やりの頻度を少なくしてください。また冬にも成長が止まり、水をほしがらなくなります。
●水が葉っぱの上に残り、そのまま腐ってしまうということもあります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


植え替えする場合は、多肉植物の土(もしくはサボテンの土)で行います。昔サボテンや多肉植物が植わっていた土などを再利用しないでください。必ず新しい土を使いましょう。
植え替え
二年に一回程度、春か秋に植え替えをします。鉢から抜き、土を落とします。腐っている根は切り取っておきます。株元から根を三センチほど残して切ってしまいます。切り口が乾くまで日陰で2、3日か一週間か乾かします。乾いてから、株分けするときは、ここで子株を手でちぎって別の鉢に植えます。多肉植物の土を敷いて、根を広げて植えます。ハオルチアの根本が若干埋まるくらいに植えます。あまり深く植えると根腐れしやすくなります。最後に水をやります。

植え替えのときに根が乾燥しないように手早く行います。
寄せ植えもOK。
●寄せ植えの方が管理が楽。寄せたのを崩すのも難しくない。
●新しい葉っぱが出るのは「根を伸ばした」時です。根を切ることで新しい根が出て、新しい葉っぱが出てきます。


根詰まりの症状
根腐りがおきやすくなり、成長できなくなって下葉から枯れてきます。古い根が土の中で腐ってしまうためです。葉っぱの一部が極点に小さくなり、不格好になっていたら根詰まりです。

株を増やす
根元から生える小さな芽を取って土に挿していると株を増やせます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


15度から35度が適温で0度以下…つまり霜にあたると枯れてしまいます。ユリ科の植物で、あまりに高温になると休眠し、その時期に水をたくさんやると根が腐ってしまいます。
直射日光は苦手、必ず遮光を
年間を通して室内の明るいところが適しています。直射日光は苦手なので、カーテン越しの光にします。ハオルチアは長時間しっかりとやらかな光に当てていれば、割と花を咲かせます。
●遮光しないといけない、といっても日光が不足すると徒長(=ヒョロ長くなること)する。徒長してるなーと思ったら、遮光を弱めるなど対応する。
観葉植物が適した場所なら育つ。観葉植物の鉢のそばで管理してもいい。
●例えば暖地で冬でも日光がある地域は冬でも遮光が必要だけど、冬は雪が多い地域では遮光してると徒長する、ってことです。
●冬は寒いところに置いておけば休眠するので「遮光が…」という問題は発生しないです。
●日光が不足する場合は「植物育成照明」という手も。

日光が足りないと徒長する
画像は徒長した軟葉系の窓があるハオルチア(だと思う)。日光が不足すると徒長する。徒長していないハオルチアはもっとキュっとなっていて、透明感が強いです。

その他

ウィルス(バイラス)に感染しないように
ハオルチアはウィルスに感染すると、成長不良になったり、艶が悪くなります。ぱっと見にはあまり変化が無いように見えますが、なんか買ったときと色合いが違うなぁ、と思ったらウィルスかもしれません。

ウィルスはハサミなどから感染します。感染すれば治療は不可能で、捨てるしかありません。ウィルスは実に簡単に感染しますので、手入れをするときにハサミを火で軽くあぶって消毒してください。
雑記
●購入直後や場所を移動させた後は、環境に慣れるまで時間がかかり生理現象として環境に慣れようとして葉っぱが枯れることがあります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ユリ科の多肉植物。南アフリカ原産。他の多肉に比べると比較的に蒸れにくい、気もしますが、根を深く植えたり、暑い場所で管理したり、水が多いと根がドロドロに腐ることも。
アロエ科という表記も
ユリ科と書きましたが、アロエ科です。ユリ科からアロエ科が分離独立しているからです。

写真はやえ企画さんから借りました。「引用OK」って書いてあったので。この写真とは全く違う容姿のハオルチアもたくさんあります。葉っぱに大きな透明部分(窓とか目と呼ばれます)が大きなハオルチアもあり、まるで宝石のよう……という人もいますが、昆虫の卵のようにも見えて、賛否両論です。
●2015年の現在ではハオルチアの株をネットオークションで中国人が買っているらしいが、検疫とか無いの?? あの国は。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用