ミニガーベラの育て方

MENU
TOP>キク科>ミニガーベラ
スポンサードリンク

ミニガーベラ

ミニガーベラ
科名キク科
属名ガーベラ属
学名Gerbera
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育てるのが意外と難しい
病気になりやすく、水やりの加減が難しい。ある程度、ガーデニングの経験を積んでから挑戦することをオススメします。

育て方はガーベラと同じです。
ミニガーベラを育てる上で大事なのは水はけです。とにかく、湿気に弱く、水が多いとグッタリします。水が悪いのではなくて、水に繁殖する雑菌でダメになります。
気温と肥料があれば咲く
気温と肥料があれば周年咲きます。真夏は暑さで休みますが、夏以外の春~秋は咲きますので、日光にしっかりあてて肥料をあげましょう。
切花にも
キレイに咲いたら、そのままにしておくのではなくて、切花にして家で飾るか、アレンジメントにして鑑賞するのがいいです。切花にして楽しむ場合、水中で茎を切る、「水切り」という水揚げをしてから、茎の切り口から3センチ程度の浅い水に飾ります。切花は深い水につけていると痛みやすくなるのです。これ意外ですが、全然違います。
冬に休眠する
気温があれば枯れないのですが、地上部が枯死することがあります。でも春になったら新芽が出るかもしれませんので、そのまま管理しましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水をやるときは、花やつぼみに掛からない様にします。花に水がかかると花がすぐにしぼみやすくなります。

水のやりすぎに注意
多湿に弱く、水を頻繁にやっていると雑菌が繁殖して花がグッタリとしてきます。なので、水遣りを忘れがちに……。庭植えしている場合、庭の土が粘土質だと、表面的には乾いていても中は湿気ていることがままあります。庭植えでも、あまり頻繁に水をやると根腐れの原因になります。

鉢のそこから水が染み出すくらいに
水やり三年、という言葉あるくらいに水やりは難しいです。水をやるときはしっかりと鉢底から染み出すくらいにやります。多湿に弱いので土が濡れているなら水はやらないでください。毎日ちょっとづつやるというのが一番枯れやすいです。

冬の水やりは控えめに
冬は地上部が枯死したり、小さな葉っぱだけになって、休眠状態になります。冬は気温も低くて蒸発量も少ないので、水は控えなくてはいけません。一回の水やりの量は今までどおりですが、土が乾いて白く変色してから数日経って水をやるという程度に控えます。

肥料が切れると花が止まる
肥料が切れると花が止まります。市販されている花と野菜の土には最初に肥料が含まれて居ますが、春に植えると途中で肥料は切れますので、生育期間は液肥を一週間に一回程度あげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは気温が10度以上ならばいつでも構いません。最も適しているのは春と9月~10月。花が咲いていていない時期がいいですが、あまり気にしないでも構いません。
用土は水はけがよいものを
土は市販されている花と野菜の土か、赤玉土腐葉土3や川砂を混ぜるなどして、通常の土よりも「水はけよく」するのがコツです。
プランターに植えるときは三つ
根の張りが早く、すぐに根がいっぱいになります。根がいっぱいになると、根腐れが置きやすくなります。密に植えるのではなく、15センチくらいは離して下さい。一般的なプランターには苗が三つくらい。
鉢の土
花屋さんで売っているミニガーベラ(プラスチックの鉢の)の鉢の土はなぜか「ピートモス」が入っていることが多いです。ピートモスは水もちがよく、農家にとっては管理のしやすい材料らしいですが、植え替えたほうがいいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

春は日当たりへ、夏は半日陰、秋はまた日当たり。冬は基本的に室内で管理します。日光を好み、日光が不足する元気がなくなりますし、花の付きも悪くなります。
真夏の直射日光を嫌う
日本の夏はミニガーベラにとっては強すぎです。場所によっては枯れませんが、真夏の直射日光は避けます。
霜に当てない
霜に当てると黒く変色して枯れます。しかし霜に当たったからといって根まで枯死しているとは限りませんので、そのまま春まで管理していると新芽が出てきます。通常のガーベラより若干寒さに強いですが、こころもち程度ですので、霜がおりる地域はあくまで冬は室内です。

土が凍らない限りは根は死んでない
土が凍るとさすがに根まで枯死しますが、そこまででなければ春に新芽が出てきます。
葉っぱに日光を当てるのではなく株の中心に
株の中心の、頭のつむじみたいに薄くなっているところに日が当たるようにします。この中心部分は葉っぱが茂ったり、花が咲き乱れていると日が当たらなくなる部分です。葉っぱは切り取ったり、組みなおしたりします。花は傷んできたらすぐに切ってしまうか、早めに切って切花にします。早めに切ることで次のつぼみが出やすくなります。
スポンサードリンク

その他

花をそのままにしておくと、種が出来ます。これを撒いても増やすことは可能。しかも発芽率はいいほう。株分けでも増やせます。
ツボミや花が無くなり、元気が無い
株の中心を覆っている葉っぱや、花を取り除いて株の中心に日光をしっかりと当てて下さい。

特徴・由来・伝承

ミニガーベラという品種の植物ではなくて、ガーベラの中から小さく育つものを選別して交配させたものです。切花で見ていると、パっとした容姿で小さく咲いていて、子供のような元気な印象のありますが、庭植えして育てていると、かわいらしくないオバケガーベラと言うべき大きな花が咲きます。「思ってたのと違う」とガックリします。

そこでミニガーベラを庭植えすることになるわけです。が、矮化剤で小さくしているので、徐々に大きくなります。結局大きくなります。
徐々に大きくなる
品種改良もしていますが、小さく仕立てるために「矮化剤」を使っています。薬で小さくしているってことです。なので半年か一年くらいでだんだんと花も葉っぱも――特に葉っぱが大きくなってきます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ミニガーベラの日記

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用