ガーベラの育て方

MENU
TOP>キク科>ガーベラ
スポンサードリンク

ガーベラ(アフリカセンボンヤリ)

ガーベラ
科名キク科
属名ガーベラ属
学名Gerbera
別名アフリカセンボンヤリ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ガーベラは春に咲き、夏は暑さで休んで、秋にまた咲いてくれます。冬は、寒さで地上部が枯れますが、霜柱の立たない地域では、露地植えで放置しておけば、春には新しい芽が出てきます。霜柱の立つような土が凍る寒冷地では、鉢植えで管理して、冬は室内に取り込んでください。
ガーデンガーベラ
従来のガーベラではなく品種改良で病気に強く、耐寒性のある(マイナス5度)で、開花が非常に多い「ガーデンガーベラ」ってのもあります。代表的な品種にガルビネアがあります。育てやすいので人気です。
まとめ
●土が乾いてから水をやる。
●過湿が苦手。
肥料が切れると花が止まる。
●生育時期は肥料を。
●葉っぱが多いと花が咲かない。葉っぱを間引いて株の中央に日光を当ててやる。
●ガーデンガーベラのガルビネアがよく流通している。
スポンサードリンク

水やりと肥料


鉢植えの水やり
ガーベラは地面がジメジメしているのを嫌いますので、水をやり過ぎると根が腐ってしまいます。土が乾いていたら水をやってください。乾燥気味にするのがポイントです。土の水はけが悪いと、梅雨の長雨の時期に枯れてしまうことがあります。鉢植えにした場合は、雨の掛からない場所へ移動させてください。
●冬は寒さに当たると地上部が枯れます。鉢植えの場合は、冬も水をやってください。水をやらないとカラカラになって枯れてしまいます。冬は土が乾いてから数日経って水をやる程度に水やりを控えます。
●庭植えの場合は冬は水は不要です。

庭植えの水やり
自然に降る雨で十分ですが、日照りの時は水をやってください。

花に水が掛ると花が傷みます
水をやるとき、花に水が掛かるとすぐに傷んでしまいます。花に水が掛からないように水やりすると長く楽しめます。ですが、露地植えにした場合は、そんな面倒なこと出来ません。ガーベラは結構ホイホイと咲いてくれますので、気にしない人は気にしないでもいいでしょう。バサーと水をやってください。

肥料
花が咲く時期は液体肥料を週に1回ほどあげてください。花が咲きやすくなる肥料(リンが多いもの)もありますので、そちらを使うと嬉しいほど咲きます。
開花時期に肥料が切れると花が止まります。
●窒素の多い肥料をやると葉っぱばかりが増えます。ガーベラは葉っぱが増えると花が咲きづらくなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土は花と野菜の土(培養土)で
鉢植えする場合は、ホームセンターなどで販売している培養土で植え付けをします。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使用します。
庭植えする場合は、庭土が粘土質で水はけが悪いならば、川砂を混ぜて水はけをよくします。

管理場所・日当たり


日当たりで管理
ガーベラは基本、戸外の日当たりで管理してください。日光が当たらないと花が付きません。やたらと葉っぱが大きいだけで花が咲かないことがあります。原因の候補の一つは肥料の成分が窒素が多いタイプだったか、次が葉っぱが茂り過ぎて花が咲きづらくなっています。
●ガーベラは葉っぱが多いと開花しなくなります。一株あたり葉っぱを20枚から25枚間引くと開花しやすくなります。むしってください。

冬の管理について
冬は土が凍ったり霜柱が立つ地域ならば、軒下に移動させるか、室内に移動させます。ガーベラはある程度の耐寒性はあり、地上部が枯れても春にはまた芽吹きますが、土が凍るほどの地域ではそのまま枯れてしまいます。室内で管理するときに地上部があるならば、日当たりで管理します。気温が高いとそのまま室内で常緑で越冬するかも。
●ガルビネアの場合は常緑で越冬しやすい。
●ガーベラは6度〜8度以上で生育する。
●10度以上で開花することもある。
●冬は地上部がなくても水をやってください。水をやらないと枯れてしまいます。
スポンサードリンク

その他


開花のコツ
普通の植物は葉っぱが多いと光合成して株が太って花が増えるんですが、ガーベラは葉っぱが多いと花が咲きません。そこで葉っぱをさばいて、中央に日が当たるようにします。すると花芽が伸びてきます。
●一株あたりの葉っぱを20枚から25枚にする。
●黄色かったり古い葉っぱから間引くようにしてください。

病気と薬剤
アブラムシ・タバココナジラミ・ウドンコ病にはダブルアタック(=農薬の名前)などを使用してください。

二つの花が合体したような花が咲きませんか?
時々ガーベラの花が二つ合体したような奇形っぽいのが咲きませんか?? これは帯化といって、成長点がなんらかの理由で傷つけられるなどして、複数になった結果です。では何らかの理由とは何かと言うと、まずはアブラムシやその他の虫による食害。次が栄養過多。ただガーベラはこの帯化というのが起き易いので、あまり気にしない方がいいです。

切花で楽しむのがお勧め
ガーベラは茎が長くなりやすく、一般家庭でも切花として鑑賞が比較的簡単です。まず、茎を長めに切って、水につけます。このとき水中で水切りをすると水が上がりやすいですが、そこまでしなくてもいいです。

切花は浅い水で
大事なのは水が上がった後に、浅い水で管理することです。切り口から三センチほどの浅い水につけます。深い水につけると、逆に水が下がりやすくなり、腐ってしまいます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ガーベラの語源は発見者のドイツ人ゲルバーから。
切花としてフラワーアレンジメントに使われるように、比較的切花としても持ちがよく、水下がりしにくい……と書くと「ガーベラって腐りやすいよ」と怒る人もいるかもしれません。ですが、切花として使える草花は実際には少なく、多くの花が水揚げできなかったり、持ちが悪かったりと、使えないことが多いので、実は貴重な花です。

ガーベラとミニガーベラの違い
ホームセンターには「ミニガーベラ」と表記されたものもあります。これはガーベラから花が小さくてかわいいものを交配させたものか、矮化剤で小さく仕立てたものです。薬で小さくしている場合は、翌年以降、徐々に大きくなっていきます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ガーベラの関連記事

ガーベラの日記

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用