白絹病の予防と発生した時の対処と薬剤

TOP >病害虫>>管理

目次

  1. 白絹病とは?
  2. 白絹病が発生したら?対処法
  3. 白絹病の予防
  4. 白絹病に効果のある薬剤
  5. SNSボタン・関連記事

白絹病とは?

文章の修正白絹病は30度以上の環境で発生しやすいカビの一種。多くの植物(160種以上)で被害が確認されています。5月から発生し始め、10月まで続く。中でも梅雨時期〜夏によく発生し、高温多湿だとよく発生する。

株の周囲に白い菌糸が見られ、植物の地面の近くから発症して、根・茎が腐って枯れていく。大抵は、腐って枯れ始めて周囲を見回すと白い菌糸を見つけることになる。菌糸は褐色の粒の菌核を作り、越冬し、翌年以降もかなりの確率で発症する。
スポンサーリンク

白絹病が発生したら?対処法

感染株は廃棄する

白絹病が発生したら?対処法
文章の修正発症したら治療はできない。それどころか、別の株まで感染するため、発症株はそうそうに廃棄する。

周囲を殺菌する

文章の修正白絹病は、一種類の植物だけに感染するのではなく、多種の植物に被害を与えます。なので、単に感染株を取り除いただけではダメ。その上で他の株に感染しないように、バリダシン液剤やリゾレックス粉剤を散布する。ただし効果があるのは初期だけで、すでに感染が広がっているならどうにもならない。
バリダシン液剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
リゾレックス粉剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

土を殺菌する!

文章の修正栽培が終わったら菌核を残さないように、次の作物の植え付け前にフロンサイドなどを混ぜ込んで土壌消毒する。もしくは天地返しをする。

菌核は土中に潜むが、白絹病の菌は好気性なため、活動に酸素を必要していて、地表から5cmまでの浅い場所にしか存在できない。そこで、冬(1月〜2月)に、深い位置の土と浅い位置の土を入れ替えて、菌核を埋めて滅菌する。これを天地返しと言います。

一般家庭では天地返しは現実的じゃないので薬剤を使いましょう。
●鉢植えやプランターで発生した場合は、土を夏(7月〜8月)に天日干しして日光消毒してしまいます。
●水に水没して3ヶ月〜4ヶ月で菌核が死滅するため、水田と輪作するといいらしいが、そんな農家いるのだろうか。

白絹病の予防

連作を避ける

白絹病の予防
文章の修正同じ植物を何度も栽培すると発生しやすい。マメ科ナス科を連作すると発生しやすくなる。同じ植物を連作を避けることで予防できる。
●マメ科は空気中の窒素を土中に取り込む。ナス科は土中の肥料をやたら吸い上げる。これらの植物を栽培すると、おそらく土中の微量要素のバランスが悪くなるのだと思われるが、原因ははっきりしない。

土を中和する

文章の修正酸性土となると発生しやすい。植え付け前に苦土石灰・草木灰をまいて酸性土を中和することで予防できる。自分の庭土・畑土の酸度がわからない場合は土壌酸度計で計測します。pH7が中性です。
土壌酸度計の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
苦土石灰の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

有機物を減らす

文章の修正白絹病は土に有機物が多いと発生しやすい。有機物(腐葉土堆肥など)の割合を減らします。植え付け前にワラや何かを土壌改良剤として入れていませんか??
画像のような敷き藁(藁マルチ)も発生しやすい原因となります。

風通しをよく

文章の修正多湿の環境で起きやすいので、枝葉が密生しないように株間を取り、枝が混み合っていたら剪定して風通しをよくすることで予防できます。

水はけをよく

文章の修正多湿で発生するため、水はけのよい土づくりをする。水はけが悪いのであれば、軽石・川砂を混ぜ込んで土とする。庭の一角であればレイズドベッドという方法もあります。

土壌を殺菌する

文章の修正発生後の対処と重複しますが…植え付け前にフロンサイドなどの土壌殺菌剤を土壌に混ぜて殺菌する。土壌殺菌剤は他の病気の予防にもなるのでやって損はないです。白絹病の菌核は土中に5年は生存するため、一度見られると殺菌しない限りは、また発生しやすい。
フロンサイド粉剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

白絹病に効果のある薬剤

文章の修正バリダシン液剤
茎や葉に吸収されて、細菌の増殖を抑える薬剤。耐性菌が生まれにくい。増殖を抑えるタイプなので、殺菌しているのとは違うが、多くの病気に効果がある。感染初期であれば、感染株を取り除いて散布すれば他の株への拡大を防ぐこともできる。
バリダシン液剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

アフェットフロアブル
殺菌剤で、作物の収穫前日まで利用できる。
アフェットフロアブルの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

タチガレン液剤
苗立ち枯れ病などを防ぐ。苗の時に灌注する。
タチガレン液剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

フロンサイド
広範囲の病気を防ぐ土壌殺菌剤。その他の病気にも効果がある。植え付け前に土に前もって混ぜ込んで予防するための薬剤。土壌で分解される。
フロンサイド粉剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

リゾレックス粉剤
有機リン系殺菌剤。病気の予防に使います。感染初期であれば、感染株を取り除いて散布すれば他の株への拡大を防ぐこともできる。
リゾレックス粉剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じカテゴリの記事

病気
病害虫
シンクイムシ
病害虫
スリップス
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
ヨトウムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
灰色カビ病
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
ウドンコ病
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
庭の害虫リスト
病害虫
ウィルス病の種類
病害虫
テッポウムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
エカキムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
スポンサーリンク