シシトウの育て方

MENU
TOP>ナス科>シシトウ
スポンサードリンク

シシトウ(獅子唐辛子)

nophoto
科名ナス科
属名トウガラシ属
別名獅子唐辛子
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

五月に植えると6月にはすでに収穫が可能というありがたい野菜。そのままにしておくと赤くなりますが、青いうちに収穫して食べます。熟すと辛味が増し、食べにくいです。食べる方法は、焼く・揚げる・そのままなどなど。育て方はピーマンと同じ。
放任でも実が成る!
株が小さいうちから花が咲き、開花から15日から20日で収穫できます。放任でも実がなり、そのまま夏から秋まで収穫可能です。しかし、おいしいシシトウを収穫しようと思ったらやっぱりコツがあります。
芽かきを
苗を植えて30センチくらいに育ってくると、葉っぱの付け根から脇芽が出てきます。しかしこれを放置しておくと、全体がコンモリと育ち、栄養が分散されてしまいます。そこで、一番太い幹に一番最初に咲いた花とそのすぐ下の二つの脇芽以外の脇芽はこの時期にむしり取ってしまいます。ピーマンと違い、この作業をしなくても収穫は可能ですが、やって損はないです。
そして支柱を
脇芽をむしると、結果的にシシトウの一番上に葉っぱが茂り、実がなります。つまり頭でっかちです。風に吹かれるとポキリと折れてしまいますので、支柱を添えて、茎を紐で縛って固定しましょう。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をあげてください。5月以降は気温が高く、土がかわいきやすいですので注意します。また、水を控えるとシシトウの実が辛くなってしまいます。
夏は1日二回
春は晴れた日は毎日、夏は雨の日以外は毎日水をやります。夏は朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。昼間はやった水が沸騰して根を傷めてしまいますので、昼間は水やりを避けます。鉢やプランターの場合は底から水が染み出す位にしっかりとやってください。
肥料は必ず
実がよく成りますので、肥料を必要とします。生育期間の間は液肥を一週間に一回やるか、緩効性肥料を一ヶ月に一回、根本にまきます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

霜が降りなくなり暖かくなってから苗を植えます。種は一袋に大量に入っていて、全部撒くのは一般家庭には非現実的です。プランターに苗を三つ植えたら一家族には余るほどシシトウが成ります。
連作障害が起きるので必ず新しい土で
ナス科の植物で、庭植えする場合は過去3年のうちにナス科の植物を植えていない場所に植えます。ナス科の植物は多いので気をつけてください。プランターに植えるときは必ず新しい土で植え付けをします。古い土には病気や虫が住み、栄養が偏っていて生育不良を起こしやすいです。
近くにトウガラシを植えない!
近くにトウガラシを植えていると、シシトウとトウガラシが受粉して辛い実が成ります。辛いシシトウが好きな人も居ますが、あまりに辛いのはちょっと……と言う人は近くにトウガラシを植えないようにしましょう。

管理場所・日当たり

日当たりのいいところで管理します
シシトウのいいところは真夏の暑さにも負けないところ。気温の上昇にも負けずに茂り、シシトウをつけてくれます。日当たりのいいところでしっかりと日に当てて下さい。
あまりに暑いとシシトウが激辛に
熱帯夜が続くと、シシトウの辛味が増します。辛いのが苦手な人はシシトウの根本に水をやったついでに、その周囲にも水を撒きます。打ち水です。これで気温が2度か3度程度ですが低下します。

特徴・由来・伝承

シシトウと呼びますが、正式はシシトウガラシ。果実の端が獅子の顔に似ていることから獅子唐辛子と呼ばれるようになりました。夏の暑さにつよく、たくさん収穫できることから家庭菜園では割と人気。時々、非常に辛いものに当たる。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用