酸性土

MENU
TOP>園芸用語>酸性土

酸性土壌になる理由


日本の土は酸性に
日本の土は基本的に酸性です。酸性といっても弱酸性程度のことですが、石灰で中和させたりアルカリ性にしても徐々に酸性になっていきます。
どうして土が酸性になるのか?というと――

酸性の原因は雨です。

雨が空気中の二酸化炭素を取り入れて「炭酸水」になって降り注ぐために土が酸性になるわけです。というわけで雨の少ない地域では中性化アルカリ性の土になります。日本は雨が多いので必ず酸性です。酸性雨というのも原因の一つですが、元々雨は酸性なんですね。
酸性になると…
酸性になるとアルミニウムが溶けだし、植物に吸収されます。このアルミニウムが毒です。またアルミニウムがリン(花を咲かせる肥料)の吸収を阻害します。
土壌が酸性になることで石灰が溶けだしてしまいます。石灰にはカルシウムが含まれていてカルシウムは植物の根を強くするとされます。マグネシウムも同様に吸収されにくくなります。マグネシウムは葉緑素を作るのに必要です。
スポンサードリンク

ペーハーについて

Ph(ペーハー)というのを良く聞きます。Ph6とかPh7と表記します。Ph7で中性になり、数字が小さくなると酸性になり、数字が大きくなるとアルカリ性になります。Ph4で(ガーデニングでは)相当な酸性になります。各解説ページで「酸性土壌が苦手なので苦土石灰で中和させてください」と書いてある場合、Phは6~7程度です。
石灰を入れまくるとアルカリ性に?
理屈上は石灰を沢山入れることで徐々に土壌はアルカリ性になります。しかし雨が酸性なので、雨が当たる場所では、どれだけ石灰を入れても結局酸性に戻ります。雨を避ければアルカリの土壌を保つことは出来ます。でも、アルカリ性の土を好む植物というのは非常にまれです。ほとんどありません。
酸性が苦手の植物が何故存在するのか?
雨が多く降れば酸性土壌に、ということは雨が少ない地域だと中性土壌になりやすい。というわけで雨の少ない地域に自生する植物が酸性土壌を嫌う植物になりやすいです。

紫陽花の花の色がPhで変わる??

西洋紫陽花の色はほとんど変わらない
紫陽花は通常の植物にとって有毒なアルミニウムを吸収することが出来ます。アルミニウムが紫陽花を青くします。そのために日本の紫陽花は基本的に「青」です。ですが、西洋紫陽花(よく見かけるモコモコした紫陽花)はあんまり変わりません。

あんまり変わらない?ってどういうことよ?って思いましたか?

例えばピンクの西洋紫陽花を買って庭の土に植えたとします。雨ざらしだと当然土は徐々に酸性になっていきます。それで西洋紫陽花が真っ青になるかというと、そういうわけではありません。ちょっと青くなります。心持青みがかる程度です。これが、なんというか、最初に見たピンクの紫陽花に比べると、どうもくすんで見えるのです…………でも、その程度の変化です。土を中和すると鮮やかなピンクになります。ちなみに日本の紫陽花の名所では土に木灰を撒いて酸性になるのを防いでいます。
ピンクの紫陽花はピンク色です
つまり、青にもなるピンクにもなるアジサイが、今の土のPhが中性かアルカリ性だからピンクになっているのではなくて、元々ピンクなんです。土壌が酸性になることでアルミニウムが吸収されて花が青みがかりますが、遠目に見るとピンクです。
ガクアジサイは変化します
ところが! ガクアジサイといったものは西洋紫陽花と違って、Phの影響をよく受けます。ピンクのガクアジサイはそのピンク色を維持するためには石灰を撒くなどしないとダメです。庭植えするよりは鉢植えにした方が管理が楽です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

園芸用語の仲間


園芸用語の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用