モチノキの育て方

MENU
TOP>モチノキ科>モチノキ
スポンサードリンク

モチノキ(ホンモチ)

モチノキ
科名モチノキ科
属名モチノキ属
学名Ilex integra
別名ホンモチ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

関東から九州まで生育するある程度の耐寒性のある樹木です。雌雄異株の常緑樹です。オスでもメスでも花は咲きますが、実をつけるのはメスの木だけです。実も鑑賞価値があります。手間が掛かるのは剪定くらいで育てやすい部類です。時間が掛かりますが樹高が20mになりますので、よく考えて植えましょう。
成長が早いので剪定が必要
モチノキは太い幹からもヒョコっと葉っぱが生えてくるので、そのままにしているとボサボサになりますし、風通しが悪くなり、春から夏はカイガラムシ・ハマキムシが発生しやすくなります。剪定をして風通しをよくすることでかなり防げますので必ず剪定をしましょう。
剪定は
幹が細いうちは、剪定は軽く行います。葉っぱを不用意に落とすと生育が鈍くなるからです。生育してくると、内側へ伸びる枝を落とし、内部に風が通るようにし、幹から突然生えている枝を落とし、最後に輪郭を整えるようにします。大事なのは輪郭よりも風通しをよくすることです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは不要
庭に植えるものですから、一旦根付いてしまえば水やりは必要ありません。ただし極端な干ばつがあれば水をやってください。
2月に堆肥
二月に完熟堆肥か、油粕と骨粉を混ぜたものを根本にあげてください。肥料がないからと言って枯れるわけではありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

肥沃な土地を好む
肥沃な土地を好むので、植えつける際には堆肥を混ぜ込んでから植えてください。土壌は選びません。極端に水はけが悪いことが無ければ、どこでも育ちます。

管理場所・日当たり

日陰でもOK。でも日当たりが理想
日陰でも育つ便利な庭木。しかし日当たりの方がよく生育します。

その他

カイガラムシが発生します
カイガラムシは風通しが悪いと発生しやすいので、枝を定期的にさばくことで予防できます。一旦発生したら、早めに薬剤を散布します。カイガラムシは幼虫のときは薬剤が効くのですが一旦成虫になると薬剤が効かなくなります。
ハマキムシ
葉っぱがクルクルと巻いてあり、中に虫がいたり、いなくても黒い糞が残されていたらハマキムシがいます。巻いている葉っぱは切り、地面に落として踏みつけて虫を殺します。もしくは焼却処分しましょう。追いつかないなら薬剤をまいて薬殺します。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


トリモチの材料となることからモチノキと呼ばれます。トリモチというのはネバネバしたもので、これを枝に貼り付けておくとトリが止まって、ひっついて飛びたてなくなり、そこを捕まえたり、長い棒の先にトリモチをつけて、鳥や昆虫を捕まえるのに使います。

このトリモチを使うと、鳥の羽にひっついて羽が抜けたり、昆虫だと羽根や足が取れてしまうので、標本にしたり観賞用にするのには向かない。

熊野三山(紀伊半島)ではナギというマキ科の植物が神木とされて植えられていました。このナギは温暖な地域を好み、寒さに弱いので、関東にある熊野系神社では育ちません。そこでモチノキが代わりに植えられるようになり、そのために関東でもモチノキはよく見られます。とはいえモチノキの耐寒性もせいぜい東北南部までです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

モチノキ科の仲間


モチノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用