イオノプシジュームの育て方

MENU
TOP>アブラナ科>イオノプシジューム
スポンサードリンク

イオノプシジューム(バイオレットクレス・イオノプシス・ダイアモンドフラワー)

イオノプシジューム
科名アブラナ科
属名イオノプシディウム属
学名violet-cress
別名バイオレットクレス・イオノプシス・ダイアモンドフラワー
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


秋に種を撒いて、その花が年内に開花し、春まで楽しめる園芸品種一年草なので、その花は消えてなくなりますが、花後のこぼれ種が翌年も咲いてくれます。

冬に苗が出回りますので、その苗を植え付けする人が多いです。種は単価が安いようで手間もかかりますし、高くつきがちです。

日光を好み、日の当たる場所では咲き乱れてくれます。
多湿を嫌うので、水のやり過ぎに注意してください。

水やりと肥料

乾燥に強く、水やりを忘れて保管植物が枯れても、イオノプシジウムだけは枯れていない、そんなありがたい植物です。逆に水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいますので、水やりをするときは、土の状態をよくみて、乾いていたら水をしっかりとやるようにしてください。

肥料肥料はあまり必要ありません。花つきが悪くなったら、液肥をあげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。

花が小さく葉っぱも小さく草丈も低いので、寄せ植えにすることが多いです。何と合わせてもそれなりに見えます。

管理場所・日当たり

寒さに強いとされていて、霜にあたったくらいでは枯れはしませんが、何度も霜にあたったり酷い寒波をくらうと、傷んでしまいます。イオノプシジウムは強い寒波にあうと、枯れていなくてもそのまま復活しないこともあります。霜に当てない方が無難です。

冬の管理場所は日当たりの霜が当たらない軒下が適しています。日当たりでも育ちますが半日陰でも育ちます。でも日当たりの方が開花しやすいです。

特徴・由来・伝承

非常に小さな花ですが、淡いブルーというか薄紫の可憐な花が、地表に咲き乱れます。メインの花というよりは、地面を覆うようにマット状に生える脇役ですが、イオノプシディウムのいいところは1回植えるとこぼれ種であたり一面に毎年咲いてくれるところです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アブラナ科の仲間


アブラナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用