ペラルゴニウムオーストラーレの育て方

TOP >フウロソウ科>>管理

ペラルゴニウムオーストラーレ(オーストレール・ワイルドゲラニウム)

nophoto
科名フウロソウ科
属名ペラルゴニウム属
学名Pelargonium australe
別名オーストレール・ワイルドゲラニウム
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ペラルゴニウムオーストラーレの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. 特徴・由来・伝承
  6. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ペラルゴニウムオーストラーレの育て方

文章の修正育て方の概要
半耐寒性多年草。這性。四季咲き。ペラルゴニウムフウロソウ科)の品種。オーストラリアのペラルゴニウム。通常のペラルゴニウムより若干寒さに強く、冬を越して春に開花する。夏の高温多湿に弱いが、夏越しが難しいほどではない。
関東以西では戸外で越冬。しかし、霜には当てないようにする。
大きさ・草丈・樹高
長さでいうと60cm。垂れ下がるの高さは30cmくらい。
まとめ
●原種のペラルゴニウム。
●従来のペラルゴニウムより寒さ・暑さに強い。多年草。
●まだ情報が少ない。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やりのコツ
土が乾いていたら水をやる。水をやりすぎると過湿で根腐れするので、土が濡れているうちは水やりをしない。受け皿の水は捨てる。
肥料
開花時期に肥料をやる。控えめにする。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正用土
水はけの良い土に植える。
情報不足。おそらくゼラニウム・ペラルゴニウムと同じ土でいいでしょうが、あれより水はけがいい方がいい。川砂を1割混ぜて水はけを良くしたもので植えた方がいいと思う。

管理場所・日当たり

文章の修正春・秋
戸外で日光に当てる。

夏の高温多湿が苦手で、夏は半日陰に移動させる。暖地では開花が止まる。寒冷地では元気に開花。中間地・暖地では夏は半日陰の涼しいところで管理する。

耐寒温度はマイナス6度?。霜に当てず戸外で管理して地上部を残しつつ寒さに当てたい(軽い霜なら当たっても枯れない)。寒さに当てることで春に開花しやすくなる。寒冷地では室内で管理するが、室内で管理すると日光不足で徒長し、寒さに当たらないことで開花が鈍くなる。
寒冷地では寒さに当たることで葉っぱが減り、ほとんどなくなるが春になると芽吹く。
●中間地・暖地での戸外での越冬は間違いなく可能だが、寒冷地での越冬がどの程度可能なのかはまだ情報が少ない。室内で管理すれば寒冷地でも越冬は可能なんですが、情報通りに耐寒温度がマイナス6度ならば寒冷地でもかなりの範囲で戸外の越冬が可能のはず。

特徴・由来・伝承

文章の修正原種か、原種に近いペラルゴニウム。葉っぱに若干の香りがある。花も可愛いが、葉っぱが小さくて縮れていて可愛い。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ハーブゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
ペラルゴニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
パンジーゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
シュガーベイビー(アイビーゼラニウム)
フウロソウ科ペラルゴニウム属
ゼラニウム
フウロソウ科
カトリソウ
フウロソウ科テンジクアオイ属
ローズゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
フウロソウ
フウロソウ科フウロソウ属
アイビーゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
モミジバゼラニウム
フウロソウ科テンジクアオイ属
スポンサーリンク