ゼラニウムの育て方

MENU
TOP>フウロソウ科>ゼラニウム
スポンサードリンク

ゼラニウム(テンジクアオイ)

ゼラニウム
科名フウロソウ科
学名Pelargonium×hortorum.
別名テンジクアオイ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ゼラニウムは初心者向きの植物
真夏と真冬以外は花を咲かせてくれる、初心者向きの植物。匂いが嫌いという人もいますが、その代わり虫が付きにくいというメリットもあります。ゲラニウムと読むこともあります。
花が咲き、香りがある。
地域によっては軒下で越冬

条件が揃えば長期間咲きますし、ハーブで香りがありますし、種類によっては葉っぱに模様が入っていてカラーリーフとしても優秀、かつ育てやすいと結構いいこと尽くめ。霜に当たると枯れてしまいますが、広島では戸外の軒下で越冬します。ただし気温がマイナス5度以下になる強い寒波が来ると室内入れる必要があります。暖地なら戸外で越冬可能。若干夏の暑さに弱いものの夏越しは難しくありません。
まとめ
●初心者向きで育てやすい
●軒下で霜が当たらなければ、0度前後でも戸外で越冬できるが、できれば室内に取り込んだほうが無難。
●乾燥に比較的強い。水やりは乾燥気味に。
●日当たりを好む。
●真夏は半日陰が良い。
●自然と葉っぱが落ちる。自然現象なので諦める。日光が当たってちゃんと管理していれば回復します。
摘芯すると脇芽が出ます。


月別
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
スポンサードリンク

水やりと肥料

過湿に注意
ゼラニウムはどちらかといいうと、乾燥気味を好み、過湿を嫌うので、水のやり過ぎに気をつけてください。
●土で指を触ってみて濡れているかどうか確かめてから水をやりましょう。

季節ごとの水やりの違い
<春>鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。水をやるときは鉢底からしみだすくらいにしっかりとやってください。その代わり、土が濡れているときは水をやらないでください。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。庭植えの場合も同様に水をしっかりとやり、乾燥気味に管理します。
<夏>土が乾いていたら水をしっかりとやるということは変わりませんが、真夏は水の蒸発が激しく、日当たりや風通しにもよりますが、毎日朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。
<秋>気温が下がるのにあわせて水やりの頻度を少なくしていきます。春と同様水をやるタイミングは「土が乾いたら」です。水をやりすぎると根が腐ってしまいます。
<冬>土が乾いていてから、三日ほど経ってから水をやるようにします。冬は水を吸い上げる力が落ちています。土の表面が乾燥していても、内部には水が残っています。水やりを減らすことで耐寒性も若干あがるので乾燥気味に管理して下さい。

肥料
春~秋に花を楽しむためには生育期間に液体肥料を一週間に一回か、二週間に一回与えて下さい。ゼラニウムは花がよく植物で、肥料が切れると花も切れます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土
市販されている花と野菜の土か、花と野菜の土に川砂を混ぜたり、赤玉土を足して水はけをよくしてから植え付けします。水はけが良い方がいいですが、市販の「花と野菜の土」で十分です。自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。
●酸性の土は苦手です。鹿沼土などは使わないようにします。弱酸性なら問題無いです。
●ゼラニウムは庭植えすると根が広がり、栄養を十分吸収して、その結果花が咲かなくなります(植物は危機感を感じないと開花しない)。鉢植えが適しています。ただし、品種によっては…一代交配種系は庭植えしてもしっかり開花します。庭植えする場合は一代交配種系を購入しましょう。

挿し木でも増える
挿し木で増えます。簡単です。土に挿していると発根します。
下葉が落ちて頭でっかちに…
ゼラニウムを育てていると、ちょろちょろと葉っぱが落ちます。葉っぱが落ちるのは日光不足などの原因もありますが、自然な生理現象でも落ちます。ちゃんと管理していれば徐々に回復しますが、それでも下葉が落ちて、上部にだけ花と葉がついてウニョウニョと伸びて不恰好になります。
これはもう仕方が無いので、どーしても堪えられない場合は、植え替えるときに延びている部分にまで土に埋まるようにするか、上からちょっとづつ摘芯して切り戻していき、短くしていきます。いきなり全部切るのではなく、ちょっと切り、脇芽を出してちょっと切りを繰り返していきます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

基本的に日当たり…
ゼラニウムは日の当たる場所で管理します。
一日中、日光が当たる場所か、半日陰の場所が理想です。真夏の暑さに弱く、夏は涼しい場所を好みます。そこで最初から半日陰で管理してもOKです。もしくは鉢植えにしてその都度移動させます。
●日光が少ないと花つきも悪くなり、斑入りの葉っぱの場合は模様が薄くなるなどしてしまいます。

季節ごとの管理場所
<春>霜が降りないのであれば戸外の日当たりか、半日陰で管理します。春から秋に掛けては日光と水と肥料があれば、スクスク成長します。
<夏>ゼラニウムは高温が苦手で、一日中25度を下回らない日が続くと葉っぱが落ち、葉色が悪くなり、花が咲いても色が薄いなど、残念な状態になっていきます。出来るだけ涼しい半日陰か日陰に移動させます。
<秋>涼しくなってきたらまた日当たりに移動させてもOK。
<冬>地域によりますが、広島では軒下ならば越冬可能です(といっても強い寒波が来ると枯れる)。霜が降りる場合や寒冷地では室内で管理します。

その他

病害虫
病害虫に関しては以下のリンクを参考にどうぞ。

特徴・由来・伝承

ややこしい話です
元々ゼラニウム属というのがあり、総称としてゼラニウムと読んでいたのですが、ゼラニウム属を「ペラルゴニウム属」と「ゼラニウム属」に分けた際に、それまで「ゼラニウム」と呼んでいた種類が「ペラルゴニウム属」に配されたために、流通では、どれがゼラニウムなのかよく分かりにくいことになっています。
●店先で見ると、ペラルゴニウムとゼラニウムは全く違う植物という印象を受けますが、実際はほぼ同じです。
●流通上は一季咲きをペラルゴニウム。四季咲きをゼラニウムと呼ぶことが多いです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ゼラニウムの関連記事

ゼラニウムの日記

フウロソウ科の仲間


フウロソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用