ゼラニウム(ゼラニューム)の育て方

TOP >フウロソウ科>>管理

ゼラニウム(テンジクアオイ)

ゼラニウム
科名フウロソウ科
学名Pelargonium×hortorum.
別名テンジクアオイ
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ゼラニウムとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・挿し木
  5. 管理場所
  6. 摘芯
  7. 病害虫
  8. トラブル
  9. ゼラニウムを買う際の株選びのポイント
  10. 特徴・由来・伝承
  11. 月別育て方
  12. SNSボタン・関連記事

ゼラニウムとは?

ゼラニウムとは?
文章の修正ゼラニウムはフウロソウ科多年草。条件が揃えば長期間咲き、ハーブで香りがあり、種類によっては葉っぱに模様が入っていてカラーリーフとしても優秀、かつ育てやすいと結構いいことづくめ。葉や茎の独特の匂いが嫌い!という人もいますが、その代わり虫が付きにくいというメリットもあります(蚊取り線香にドグダミを加えてより強烈にしたような匂いがする)。

霜に当たると枯れてしまいますが、広島では戸外の軒下で越冬します。ただし気温がマイナス5度以下になる強い寒波が来ると室内に入れるか霜除けする必要があります。暖地なら戸外で越冬可能。関東以北では冬は念のため室内に取り込み明るい窓辺に置くとよいでしょう。若干夏の暑さに弱いものの夏越しは難しくありません。
ゼラニューム・ペラルゴニュームの仲間のまとめ
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正ゼラニウムはどちらかといいうと、乾燥気味を好み、過湿を嫌うので、水のやり過ぎに気をつけてください。土を指で触ってみて濡れているかどうか確かめてから水をやりましょう。水をやるときは鉢底から水が染み出すくらいに、しっかりと水をやり、受け皿に水が溜まっていたら、溜まった水は捨ててください。

鉢植えの季節の水やり

文章の修正
<春>鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。水をやるときは鉢底からしみだすくらいにしっかりとやってください。その代わり、土が濡れているときは水をやらないでください。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。庭植えの場合も同様に水をしっかりとやり、乾燥気味に管理します。

<夏>土が乾いていたら水をしっかりとやるということは変わりませんが、真夏は水の蒸発が激しく、日当たりや風通しにもよりますが、毎日朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。

<秋>気温が下がるのにあわせて水やりの頻度を少なくしていきます。春と同様水をやるタイミングは「土が乾いたら」です。水をやりすぎると根が腐ってしまいます。

<冬>土が乾いていてから、三日ほど経ってから水をやるようにします。冬は水を吸い上げる力が落ちています。土の表面が乾燥していても、内部には水が残っています。水やりを減らすことで耐寒性も若干あがるので乾燥気味に管理して下さい。

庭植えの水やり

文章の修正庭植えにした場合、ゼラニウムは乾燥に強いので、自然に降る雨でほぼ大丈夫。日照りが続くようならば水をやってください。

肥料

肥料
文章の修正春~秋に花を楽しむためには生育期間に液体肥料を一週間に一回か、二週間に一回与えて下さい。もしくは1ヶ月に一回化成肥料をやります。ゼラニウムは花がよく咲く植物で、肥料が切れると開花が止まります。

肥料にはバットグアノ(=コウモリの糞の肥料)がよい。バットグアノはリンが多く、花が咲やすくなり、徒長しにくい。葉っぱを茂らせたいなら油かすを。花も咲かせたいなら骨粉を足す。
バットグアノの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・挿し木

時期

文章の修正3月(花が咲いていない時期)ならば土を落として植え替えも可能。3月以外の植え替えでは土は落とさないようにし、根をいじらないで植え替えをする。詳細は月別育て方をチェックしてください。

用土

文章の修正市販されている花と野菜の土か、花と野菜の土に川砂を混ぜたり、川砂・パーライトなどを足して水はけをよくしてから植え付けします。水はけが良い方がいいですが、市販の「花と野菜の土」で十分です。自作する場合は赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。

酸性の土は苦手です。中性〜弱酸性なら問題無いです。庭植えは植え付け前に苦土石灰を入れて、中和させるといいです。

夏の暑さで枯れがちならば、用土を山野草の土にしてみる。土の通気性がよく高温障害が起きにくい。これで夏越しの確率は上がる。もしくは一般的な培養土軽石鉢底石)を1割か2割ほど混ぜる。用土は日向土7腐葉土3でも。

鉢植えの植え替え手順

文章の修正3月以外の植え替えなら、古い鉢から株を取り出し、土を落とさないで植え替えます。

一回り大きな鉢を用意し、鉢底の穴を網で塞ぎ、網の上に軽石を2センチほど敷いて、株を入れて、隙間に用土を詰めていきます。最後に水をやって完成です。水は鉢底の穴から水が出るまでやってください。
文章の修正3月の植え替えならば、土を三分の一ほど落として同じ大きさの鉢に植え替えるのも可能。他の時期の植え替えは土を落とさず、一回り大きな鉢に植え替える。鉢はスリット鉢がおすすめです。

さらに詳細な植え替えは以下のリンクを参考に
ゼラニウムの植え替え
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理用意するもの・手順・時期のまとめ

挿し木

文章の修正長く育てていると木質化する。木質化した方が強いと考える人もいるが、大きくなりすぎないように挿木で更新して木質化しないようにする人もいる。

挿し木で増えます。簡単です。茎を切って、土に挿していると発根します。挿木を始めると嬉しくって大量に増やしがちだが、結局増やしすぎて捨てることになる。挿木の詳細は以下のページを参考にしてください。
ゼラニウム・ペラルゴニウムの挿し木
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理

管理場所

基本

管理場所
文章の修正ゼラニウムは日の当たる場所で管理します。家の南や東で日光に当てましょう。一日中、日光が当たる場所か、半日陰の場所が理想です。ただし、真夏の暑さに弱く、夏は涼しい場所を好みます。そこで最初から半日陰で管理してもOKです。もしくは鉢植えにしてその都度移動させます。

日光が少ないと花つきも悪くなり、斑入りの葉っぱの場合は模様が薄くなるなどしてしまいます。室内で育てると日光に当てているつもりでも徒長しがちです。

季節ごとの管理場所

文章の修正<春>霜が降りないのであれば戸外の日当たりか、半日陰で管理します。春から秋に掛けては日光と水と肥料があれば、スクスク成長します。
文章の修正<夏>ゼラニウムは高温が苦手で、一日中25度を下回らない日が続くと葉っぱが落ち、葉色が悪くなり、花が咲いても色が薄いなど、残念な状態になっていきます。出来るだけ涼しい半日陰か日陰に移動させます。もしくは寒冷紗などで遮光します。

<秋>涼しくなってきたらまた日当たりに移動させてもOK。

<冬>地域によりますが、広島では軒下ならば越冬可能です(といっても強い寒波が来ると枯れる)。霜が降りる場合や寒冷地では室内で管理します。ほどよく暖かい室内かつ窓ガラス越しに十分日光を浴びることのできる位置に置くと、真冬でもツボミや葉が伸びてきて開花します。開花するなら、室内でも液体肥料をやります。

マイナス5度以下になるなら水を切る(=水やりを完全にストップする)と越冬の確率があがる。ただし寒さのダメージからの回復が遅くなるかも。

摘芯

摘芯
文章の修正植物は成長点(ツルの先)を切ると、その下の節や葉っぱの根本から、新芽が出てきます。これを摘芯といいます。摘芯して、枝を増やして、花を増やせます。それにゼラニウムは下葉が落ちて、「頭でっかち」になりがちなので、伸びてきたら、ちょいちょい摘芯して大きさを抑えつつ、枝を増やしましょう。

病害虫

文章の修正ウドンコ病灰色カビ病ウィルス病アブラムシハダニカイガラムシヨトウムシなど。ゼラニウムは病害虫は発生しにくい。害虫対策にオルトランがあると楽ですが、ヨトウムシだけならピンセットでなんとかなるレベル

株が弱って枯れそうならば、挿木で保険をかける。その上で植え替えなどの措置を取りましょう。

病害虫に関しては以下のリンクを参考にどうぞ。
ゼラニウム・ペラルゴニウムの病害虫の一覧まとめ
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理

トラブル

文章の修正日光不足などでも落葉しますが、単に葉っぱの入れ替わりで自然と落葉します。自然現象なので諦める。日光が当たってちゃんと管理していれば回復します。その他のトラブルは以下のページを参考にしてください。
ゼラニウム・ペラルゴニウムのトラブルまとめ
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理

ゼラニウムを買う際の株選びのポイント

文章の修正品種が実はいっぱいあり、価格帯に幅がある
まずは花の色形(あるいは葉の色形)で好みのものを探します。赤(深紅ではないごく普通の赤)や桃色の一重咲きの、いわゆる従来のゼラニウムはお安いです(200円ぐらいから)。新色や珍しい品種は少々お高く(千円超)、扱っているお店も限られています。同じお店の中で安いゼラニウムと高い新色ゼラニウムを両方置いている場合もあります。予算や好みと相談です。多少高くても好みのゼラニウムが欲しいと思ったら、お店巡りやネット検索で探してみてください。種類が多いので本気で探すと結構大変です。ただ、安いゼラニウムだと枯れやすいとかいう心配はないです。育てやすさは同じですが高いゼラニウムに比べてお花の見ごたえに多少差があるだけです。
●間延びした株は避けます。
●葉っぱや脇芽が多いものを選びます。
●黄色い葉っぱが多いのは避けます。一番下の一、二枚がやや黄色い程度なら生理現象の可能性があり、上の方が元気そうなら問題ないです。元気な葉は、新しいと黄緑色、ある程度時間が経つと深緑色になります。葉っぱの丸みに沿って黒っぽい三日月のような模様があるのは単に模様なので問題ないです。
●適度に暖かいと(=25度を越さない暖かさ)どんどん生育しますので、最初見たとき株が小さくても問題ないです。冬でも室内ならニョキニョキ伸びます。

特徴・由来・伝承

文章の修正元々ゼラニウム属というのがあり、総称としてゼラニウムと読んでいたのですが、ゼラニウム属を「ペラルゴニウム属」と「ゼラニウム属」に分けた際に、それまで「ゼラニウム」と呼んでいた種類が「ペラルゴニウム属」に配されたために、流通では、どれがゼラニウムなのかよく分かりにくいことになっています。

店先で見ると、ペラルゴニウムとゼラニウムは全く違う植物という印象を受けますが、実際はほぼ同じです。流通上は一季咲きをペラルゴニウム。四季咲きをゼラニウムと呼ぶことが多いです。

月別育て方

文章の修正ゼラニウム・ペラルゴニウムの月別の栽培のコツをまとめたページがあるので、よろしければ参考にしてください。
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

モミジバゼラニウム
フウロソウ科テンジクアオイ属
ローズゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
カトリソウ
フウロソウ科テンジクアオイ属
ハーブゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
シュガーベイビー(アイビーゼラニウム)
フウロソウ科ペラルゴニウム属
パンジーゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属

同じ科の植物

フウロソウ科
ペラルゴニウムオーストラーレ
フウロソウ科ペラルゴニウム属
フウロソウ
フウロソウ科フウロソウ属
アイビーゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属

タグ

庭植え 鉢植え 多年草

タグ「多年草」を持つ記事

ツディ
シノブ科タマシダ属
リュウノヒゲ
キジカクシ科ジャノヒゲ属
チョコレートコスモス
キク科コスモス属
シャクヤク
ボタン科ボタン属
セキショウ
ショウブ科ショウブ属

タグ「庭植え」を持つ記事

セアノサス
クロウメモドキ科ソリチャ属
アカシア・モニカ
マメ科アカシア属
シレネ・ドレッツバリエガータ
ナデシコ科シレネ属
トクサ
トクサ科トクサ属
リシマキア・キリアタ
サクラソウ科オカトラノオ属

タグ「花」を持つ記事

利休梅
バラ科ヤナギザクラ属
スポンサーリンク