シシリンチューム

MENU
使い方
TOP>アヤメ科>シシリンチューム
スポンサードリンク

シシリンチューム(ニワゼキショウ)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名アヤメ科
属名シシリンチウム属
学名Sisyrinchium
別名ニワゼキショウ
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
耐寒性常緑多年草(要再調査)。冬も葉っぱが残る。黄色や青の花が咲く。暑さ寒さには強い。こぼれダネでも増える。日当たり必須。水はけが良い土で植える。草丈の高い植物や強い植物に駆逐されてしまいやすい(いつのまにか消える)。
大きさ・草丈・樹高
草丈10cmから25cm 横幅15cmから25cm
まとめ
●大事なのは日当たりと水はけ。
●乾燥に強く、水のやりすぎで根腐れしないようにする。
●冬の寒さに強い。夏の暑さには若干弱い。夏は半日陰に移動させた方がいい(移動できるならば)。
肥料はなくてもいい。
●勢いのある繁殖力のある植物の近くに植えると駆逐される。
●こぼれダネで増えるので、花はしぼんでもつまないようにする。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
乾燥に強いので、水のやりすぎに注意。
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏は早朝か夕方に水やりをします。
昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
肥料
肥料は多くは必要ないです。なくても育ちますが、生育時期に薄い液体肥料を二週に一回やるといいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
春に開花苗が出回るので、これを植える。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。
植え付け方法
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。

庭植えの場合は、深さ30cm、直径30cmの大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりを好む。日光が少ないと開花しなくなるのでとにかく日当たり。

暑さにも強いが、若干暑さに弱い。夏は風通しの良い半日陰に移動させる方がいい。特にシシリンチウム・ストリアタムは高湿度に弱く、夏の高温多湿・秋の長雨などで枯れて…というよりは溶けてしまうことがある。
●シシリンチウム・ストリアタムは草丈も咲き方も全然違うので、違う植物と考えた方がいいような。


冬の寒さは問題なし。
耐寒温度はマイナス10度から15度。寒さには強い。東北地方では栽培可能。北海道も多分大丈夫。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
なし。
こぼれダネ
花が終わると花の根元が膨らんで種子ができる。ちなみに受粉するとすぐに花がしぼむ。種子がこぼれて翌年も開花する。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
明治に北アメリカから渡来した。草丈が低く横に広がる。和名はニワゼキショウ。帰化して野生化している原種(赤紫)もあるが流通しているのは園芸種。シシリンチウム・ストリアタムは大型で花が全然違い、蒸れに弱い。多年草と一年草とあるが、多年草種も株の寿命が短く、消えてしまうらしい。一年草は「シシリンチウム・ロスラツム」で、多年草タイプは「シシリンチウム・アトランティカム」。
おそらく日本で多年草タイプは流通していないんじゃないかと思うんだけど、本当にあれらは多年草なんだろうか。一年草(=ロスラツム)ではないか? もしくはストリアタムと混同しているのではないか。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アヤメ科の仲間


アヤメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用