ヒメヒオウギの育て方

TOP >アヤメ科>>管理

ヒメヒオウギ(アノマティカラクサ・姫檜扇)

ヒメヒオウギ
科名アヤメ科
属名アノマテカ属
学名Anomatheca laxa
別名アノマティカラクサ・姫檜扇
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

ヒメヒオウギの育て方

文章の修正育て方の概要
半耐寒性秋植え球根。黒い種子を秋に撒くと春には開花する。朱色が一般的ですが、白・ピンク・白赤・藤色・みどり・赤と結構多色ある。
草丈
20cm
ヒオウギとは違って寒さに若干弱い
植えっぱなしOKのヒオウギとは違い、土の凍結、霜や寒風に当たるなどすると枯れてしまいます。関東では室内に取り込む必要があります。関西ならば軒下で越冬可能です。
しかし、暖地ではこぼれダネで増え、野性化するほどですから基本的に頑健です。種子を撒くと(環境にもよりますが)翌年には花が咲きます。
まとめ
●水のやりすぎ注意。
●夏は休眠するので夏は水をやらない。
●冬は霜・凍結で枯れるので寒い地域は室内の日当たりで管理する。
●植え替えは2年に一回。
●小さな鉢で育てられるので管理がしやすい。
初心者向け。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正土が乾いていたら、水をやるようにします。球根植物で水をやりすぎると腐って枯れてしまいますので、水のやりすぎに注意してください。土が濡れているうちは水をやらないようにしましょう。
夏に休眠する
夏に休眠し、葉っぱが黄色くなって地上部が枯死します。休眠期は水を一切やりません。日光に当てる必要も無いので、鉢植えの場合は日陰に移動させます。水やりの再開は10月ごろから。
肥料も必要
肥料が無くても枯れはしませんが、花つきが違います。秋以降花が終わるまで二週間に一回程度液肥をやるか、化成肥料を二カ月に一回程度やるかします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え替えは2年か3年程度に一回
植え替えは休眠が明ける9月下旬から10月・11月あたり。掘り出して、分球(株分け)して植え替えします。
用土
土は市販されている培養土では水持ちが良すぎので、ここに川砂を二割ほど混ぜて水はけを良くしてから植え付けをします。球根を深さ3センチに植えて、球根同士を3センチほど離して植えます。直径12センチの鉢(=4号鉢)に六角形に6個の球根を植えます。
●3号鉢に3球。6号鉢に9球くらい。1鉢は6号鉢程度に留めておく方が管理がしやすい。

管理場所・日当たり

文章の修正日光を好みます。半日陰では花が減り徒長します。春から秋に掛けては戸外の日当たりで管理します。冬の寒さに若干弱く、強い霜に当たると枯れてしまいます。また土が凍ると枯れます。関東以西の海岸部では戸外で越冬します。寒い地域は冬は室内に取り込みます。
夏には休眠
夏には地上部が枯死し、水もやらず、日光に当てる必要も無いので日陰に移動させます。
暖地では雑草化も
冬の霜が避けられさえすれば、日本でも野性化しています。花後には種子が出来、こぼれダネで繁殖するみたいです。

その他

文章の修正病害虫
アブラムシ
花が終わったら茎を根本から切る
花が終わったら花が咲いている茎の根本から切ります。そのままにしていると種子が出来て、次の花が咲きにくくなります。ですが、種子から株が増えるので、増やす場合は切らずにそのままにしておきます。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正目立たないけども、玄人好みの姿の球根植物
花の表面にクラチラ層があり、日光に反射してキラキラしてみえます。草丈が低く(30センチほど)、花が小さくで、まばらに咲くので、存在感は薄いです。野趣があって、玄人好みです。

アヤメ科の植物でアノマテカという名前での流通もあります。ヒメヒオウギはヒオウギの矮性(小さく育つ)ものではなく、寒さに対してヒオウギほどの耐性がありません。

自生地は南アフリカのケープ。球根植物です。
スポンサードリンク

関連記事

グラジオラス
グラジオラスは夏咲きと春咲きがあります。一般的にグラジオラスというと夏咲きのことを指します。春咲きの場合は「春咲きグラジオラス」とか「早咲きグラジオラス」と呼びます。春咲きはあまり植えません。ここで…
アイリス
[+[まとめ] ●日当たりのいい乾燥気味の広い場所に植える。 ●庭植えの場合、水やりほぼ不要。 ●花茎が伸びたら支柱で支える。 ●終わった花は摘む。 ●子株はせっせと切り離して親株の肥大に努める。-] 日当りの…
シシリンチューム
[育て方の概要] 耐寒性常緑多年草(要再調査)。冬も葉っぱが残る。黄色や青の花が咲く。暑さ寒さには強い。こぼれダネでも増える。日当たり必須。水はけが良い土で植える。草丈の高い植物や強い植物に駆逐されて…
ハナショウブ
[育て方] ショウブと名前にありますがアヤメ科アヤメ属で本来のショウブ科ショウブ属のショウブとは全く違うのですが世間一般ではハナショウブが「ショウブ」になっている。カキツバタが水辺の生え、ハナショウブ…
クロッカス
秋に植え付け、冬を戸外で過ごし春になると花を咲かせます。花が終わっても、すぐには休眠に入りません。残った葉っぱで翌年の栄養を蓄えます。葉っぱが枯れたら、掘り起こし風通しのいい日陰で夏を越えさせます。…
ダッチアイリス
[育て方の概要] 球根植物。育つ環境は「普通の土」。よく似た花の「ショウブ」「カキツバタ」のように湿地帯では育たず腐ってしまうので注意。秋に植え、冬を越して、春に開花し、夏は地上部が枯れて休眠する。庭…
モントブレチア
[栽培が禁止されている地域もある] 球根。性質は頑健。[[繁殖力が旺盛で、野生化することがあり、周辺の生態系を破壊することがあります。]]栽培が禁止されている地域もあるので、植える前に調べるべきです。 [手…
アヤメ
花がしおれたら、花を摘んでください。そのままにしておくと種を作り、栄養をそちらに回すので、株が弱くなるだけでなく、腐った茎が根元まで腐らせて、枯らせることもあります。 [+[まとめ] ●水やりは普通。土が…
アシダンセラ
1m前後になる大きな植物。グラジオラスの仲間なので育て方は近いです。グラジオラスよりは花が少なく色合いも薄いですが香りがあります。 [[秋になると葉が枯れて休眠します。寒さに弱いので植えっぱなしにして…
フリージア
晩秋に球根を植えて、冬を越して、春に花を楽しむ植物です。にもかかわらず、霜に当たったり、氷点下になると葉っぱが真っ黒に変色してしまいますので、氷点下になる地域は鉢植えにして、夜は室内に取り込んでくだ…

人気記事

キングバンブー
育てるのは簡単。水をやり、温度を10度以上にすること。5度以下にしないとよく説明書きに書いてありますが、熱帯の植物で実際には寒さに弱くて5度以上でも枯れることが。 正式にはドラセナのサンデリアーナ…
デュランタ
[概要] デュランタはクマツヅラ科ハリマツリ属の常緑低木。分類上は常緑だが日本では冬に落葉する。学名はデュランタ ・レペンス(もしくはデュランタ ・エレクタ)。春から夏によく流通している。暑さには耐性が…
繁殖力が強い植物
あまりに繁殖力が強い植物を植えていると、他の植物を駆逐して隅に追いやり、消滅させてしまいます。一旦植えると駆除の難しいものもありますので、植える前にチェックしておきましょう。[[一番無難なのは鉢植え。…
コニファー
コニファーは針葉樹の総称でこれといった品種を指すことはありません。 常緑樹で、成長しても樹形が乱れないために庭木に向いています。よく知られているのがゴールドクレスト。よくクリスマスのツリーにされるが…
9月の胡蝶蘭の管理のコツ
9月は8月同様に気温が高く、胡蝶蘭が成長する時期です。しかし気温は下がり気味。胡蝶蘭が生育する温度は20度から30度くらいで、9月の下旬には最低気温が20度を切るようになります。夜に20度を切るようなら…