ホルムストラップの育て方

MENU
使い方 TOP

ホルムストラップ

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒノキ科
属名クロベ属
学名Thuja occidentalis Holmstrup
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
ホルムストラップはヒノキ科クロベ属のニオイニバの園芸品種。常緑低木の針葉樹(コニファー)。矮性種で樹高が2mから3m程度で止まり、一年で5cmから10cmほどしか生育しない。メンテナンスフリーなので広い庭園などに植えられる。ただ、生育が遅いために生産が少なく、市場に出回らない。ニオイヒバなので葉っぱをもむと甘い香りがする。暑さ・寒さに強く、耐陰性もある。肥料が少ないと葉色が悪くなり、まばらになるので肥料を切らさないようにする。
同様の矮性種の黄金葉のホルムストラップイエローがある。
育て方はニオイヒバと同じなのでそちらも参考に。
樹高2mから3m横幅1.5m
まとめ
●ホルムストラップはヒノキ科ニオイヒバの園芸品種。矮性種で小さくまとまる。
●一年で5cmから10cmしか生育しない。生育が遅いコニファー。
●普通は庭植えにする。
●庭植えならほぼ自然に降る雨で十分。ただし植え付け二年以内は根が張り切っておらず、水切れが起きやすい。
●鉢植えなら土が乾いたら水をやる。
●冬と秋に肥料をやる。
●日当たりで育てる。半日陰でも育つが葉っぱが少なくなる。
剪定はよほど乱れない限りは不要。

参考リンク
ニオイヒバ
ホルムストラップイエロー(黄葉品種)
スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けして一年か二年は根が張っていないので水を吸い上げる力が弱く、水切れが起きやすいです。庭植えでも植え付けして二年以内は様子を見て水やりをしてください。
●植え付けて一年目の夏は非常に水切れしやすいので注意。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。一般的には庭植えにする。
●冬は生育が鈍くなっているので土が乾いてから数日経って水をやります。

肥料

この項目の修正・提案をする
庭植えの肥料
2月に寒肥として緩効性化成肥料か油粕をやる。ホルムストラップは肥料を好み、肥料が不足すると生育不良を起こし、葉色が悪くなり、葉っぱがまばらになる。肥料は切らさないようにする。ただ、元々生育が遅い植物なので様子を見て量は調節してください。
●庭植えは10月にやらなくてもいいが、どうにも肥料不足っぽかったら10月にも肥料をやる。

鉢植えの肥料
3月に緩効性化成肥料をやる。また10月にも肥料をやる。
●鉢植えは肥料が水に流れ出やすいので10月にもやる。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
植え替え時期
生育が止まる冬か、梅雨(6月7月)に行う。移植には強いので根をいじっても枯れることはないです。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒7腐葉土3を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。
鉢植えの植え替え
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意しす。植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も切り詰めます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて隙間に土を入れていく。鉢を揺らすとまた隙間ができるので、また用土を入れて隙間をうめていき、隙間ができなくなるまで繰り返す。最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの植え付け
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、穴に緩効性化成肥料を入れておきます。掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●グラグラするなら支柱を立ててくくりつける。

株の増やし方

この項目の修正・提案をする
挿し木
元気の良い、葉っぱの綺麗な枝を15cmほど取り、切り口側の葉っぱを取り除き、水揚げをする。水揚げは水を貼ったコップにつけること。30分から1時間ほどで葉っぱの先まで水が行き渡り、シャキっとする。赤玉土単用の苗床を作り、そこに切り口を土に埋めておき、日陰で乾燥しないように管理していると発根する。発根材を塗ると成功率が上がる。発根したら鉢か庭に植え替える。

栽培可能地域

この項目の修正・提案をする
九州南部・九州北部・中国・四国・関西・中部・関東南部・関東北部・東北南部・東北北部・北海道

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりを好む
日当たりを好み、日当たりが悪いと生育が悪くなる。日当たりが悪いと葉色が悪くなり、日当たりが悪いところの枝は葉っぱが枯れ込んでくる。とにかく日当たりがいいです。といっても多少の半日陰くらいなら枯れない。
●半日陰でも育ち、枯れないが葉っぱがまばらになる。

参考リンク
庭木の雪囲い

剪定・切り戻し

この項目の修正・提案をする
生育が非常に遅く、樹高も低く、放置していても円錐形に育つので、ほぼ剪定はしない(メンテナンスフリーなところがホルムストラップのいいところだし)。どうにも樹形が乱れたら剪定するが、そもそも乱れることがあるのか?…生育が遅いので強い剪定は避ける。剪定時期は新芽が動く前の3月に。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用