デンドロビウムの仲間(品種グループ)のまとめ

TOP >雑記>>管理

目次

  1. デンドロビウムとは?
  2. デンドロビウム・ノビル
  3. デンドロビウム・ファレノプシス(デンファレ)
  4. キンギアナム
  5. フォーミデブル(フォルモーサム)
  6. カリスタ系
  7. SNSボタン・関連記事

デンドロビウムとは?

文章の修正デンドロビウム(Dendrobium)はラン科セッコク属(デンドロビウム属)の植物群のこと。略してデンドロと呼ばれることもある。このページではデンドロビウムの品種グループを簡単にまとめています。
スポンサーリンク

デンドロビウム・ノビル

デンドロビウム・ノビル
文章の修正ノビル系デンドロビウム・ノビル(Dendrobium nobile)を原種として交配された品種群で、単に「デンドロビウム」と記述した場合はこのノビル系を指すほどだった。中国南部から、ネパール・ラオス・タイの高冷地を生育地域とし、寒さにはやや強い方で、耐寒温度は5度。最低温度13度を2週間ほど経過する低温処理で花芽が形成される。
年中、開花株が流通しているが、本来の開花は春。
デンドロビウム・ノビル
ラン科セッコク属Dendrobium nobile

デンドロビウム・ファレノプシス(デンファレ)

デンドロビウム・ファレノプシス(デンファレ)
文章の修正デンファレ系はデンドロビウム・ファレノプシス(Dendrobium phalaenopsis)やデンドロビウム・ビギバム(Dendrobium bigibbum)を原種として交配した品種群のこと。二つの原種はかなり近い種で、ビギバムの変種がデンドロビウム・ファレノプシスではないかとも。胡蝶蘭(ファレノプシス)とは無関係です。

熱帯出身の品種群で、基本的に耐寒性がなく冬の室温は10度以上ないと越冬は厳しい。生育させるなら15度以上。できれば冬でも18度以上を維持したい。花の質感が柔らかく、切り花として長持ちなため、切り花としての流通が多い。

古いバルブからでも開花します。
他のデンファレのような低温処理がなくても開花する。

●昔、よく料理の皿の横に乗っかっていた。

デンファレ
ラン科デンドロビウム属Dendrobium phalaenopsis

キンギアナム

キンギアナム
文章の修正キンギアナム系はデンドロビウム・キンギアナム(Dendrobium ingianum)を原種とした品種群。オーストラリア原産耐寒性は他のデンドロビウムより強く0度くらい。多少氷点下を切っても枯れない。デンドロビウムの中では、栽培は容易なグループ。

5度〜10度の低温に当てないと開花しないが、それ以外にはさほど手間がかからないので、自宅栽培に適しているラングループです。冬から春に開花する。
キンギアナム
ラン科デンドロビューム属Dendrobium kingianum

フォーミデブル(フォルモーサム)

文章の修正デンドロビウム・フォーミデブル(Dendrobium Formidible)と中心とした品種群。フォーミデブルがデンドロビウム・フォルモーサム(Dendrobium formosum)の交配種であることから「フォルモーサム系」と呼ばれることもあります。

低温にはある程度は強いが、キンギアナムほどではない。耐寒温度は5度、できれば10度以上欲しい。低温処理はなくても花芽がつき、夏に開花します。

カリスタ系

文章の修正カリスタ系は、花が垂れて咲くタイプのデンドロビウムの品種群で、単に「下垂タイプ」「垂れ下がりタイプ」と呼ばれることもあります。特定の品種から派生したものではなく、花の咲き方だけで血縁関係がない。ただ、タイ・ミャンマー・インドといった熱帯地域出身が多い。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

キンギアナム
ラン科デンドロビューム属
デンドロビウム・ノビル
ラン科セッコク属
デンファレ
ラン科デンドロビウム属

同じカテゴリの記事

漫画「ミステリと言う勿れ」に登場する植物たち
雑記
蚊・虫除けになる植物・ハーブの一覧
雑記
シェフレラ(カポック)の植え替え
雑記
多肉植物が徒長する原因と対策
雑記
ワルナスビテロ
雑記
接ぎ木の仕方
雑記
クンシランの種子の採取と種まきについて
雑記
スズランの種子と種まきについてまとめ
雑記
ニチニチソウ(ビンカ)の冬越しまとめ
雑記
オオデマリの剪定
雑記
スポンサーリンク