カランコエ・ミラベラの特徴と育て方

TOP > ベンケイソウ科 > カランコエ
カランコエ・ミラベラカランコエ・ミラベラの基礎データ
最終更新画像投稿
カランコエ・ミラベラ
科名
ベンケイソウ科
属名
カランコエ属
学名
Kalanchoe manginii cv.Mirabella
水やり
乾かし気味に
場所
室内
難易度
上級者向け
カランコエ・ミラベラの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
スポンサーリンク

育て方:カランコエ・ミラベラってこんな植物です

カランコエ・ミラベラは、ベンケイソウ科の半耐寒性多肉植物で、マダガスカルが原産地です。冬から春にかけて、枝の先に細い釣鐘型のオレンジ色の花を3~4cmの大きさで枝垂れるように咲かせ、とても人気があります。株はコンパクトにまとまり、たくさんの花を咲かせます。オレンジの先端がやや淡い色合いとなり、とても可憐な印象です。

5月~10月頃には日当たりの良い屋外または明るい室内で育てることができます。気温が下がってきたら…最低気温が10度になったら室内で管理するようにしましょう。伸びすぎた枝は軽く切り詰め、その枝を挿し芽に用いると発根しやすくなります。
カランコエ ミラベラの商品画像
カランコエ ミラベラの購入はこちら
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

乾燥に強く、過湿に弱いため、乾燥気味に管理すると良いです。春から秋は、土が乾いてから水を与えます。水を与えた後は、土が再び乾くのを待ってから次の水やりを行います。乾燥気味に管理するというのは、水をやらない期間を長めにすることを意味します。

冬は、土が完全に乾いてから水やりをします。水不足になると葉っぱが薄くなり、枯れることがあるため、葉っぱがややしおれた状態になってから水を与えてもいいです。

冬にはとにかく過湿にならないように、鉢土の水分が完全に乾いてから水を与えるようにしましょう。

水やりの際には、葉っぱに水がかからないように注意する。葉っぱに水がかかると、葉っぱが傷む。葉っぱを持ち上げて、ジョウロの口を土の方向に向けて水をやるとよいです。

肥料

春と秋に成長期を迎えるので、薄めた液体肥料を2週間に1回程度与えると良いでしょう。夏は気温が高すぎるため、肥料を与えない方が良いです。冬は成長が緩慢になるため、肥料を与える必要はありません。
液体肥料の商品画像
液体肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場

管理場所

年間を通して室内の、日当たりの良いところで管理します。もしくは春〜秋は戸外での管理でもいいです。ただ直射日光に葉焼けすることがあるので、葉焼けする場合はレースのカーテンなどで遮光してください。

耐寒温度は5度で10度以下になると弱ってきますので、冬は室内の暖かいところで管理しましょう。冷暖房の風は当てないようにしましょう。

剪定・切り戻し

葉が茂りすぎると花付きが悪くなることがあります。そのため、定期的に剪定して間引くことで、わき芽を促進し花数を増やすことができます。剪定した茎は挿し木に利用することもできます。剪定は植え替えと一緒に行うこともできます。

植え替え・植え付け

時期・頻度

春に植え替えをします。秋でも良いですが、開花している時に植え替えるとダメージが大きいので避けましょう。2年に一回を目安に植え替えをします。

用土

一般的な培養土か、この培養土にパーライトを入れて水はけをよくするか、多肉植物の土で植え付けます。
培養土の商品画像
培養土の購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え替えの手順

植え替えの手順は以下のページを参考にしてください。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

カランコエ・ミラベラのカテゴリ・タグ

多肉植物カランコエマダガスカル

関連する花BBSの投稿

スポンサーリンク