メカルドニアの育て方

TOP >ゴマノハグサ科>>管理

メカルドニア(プロカムベンス)

メカルドニア
科名ゴマノハグサ科
属名メカルドニア属
学名Mecardonia procumbens
別名プロカムベンス
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

メカルドニアの育て方

文章の修正春に植えて初夏から秋にかけて花を咲かせます。霜に当てると枯れますが、暖地ならば戸外で越冬し、毎年咲きます。寒冷地・中間地でも冬は室内に取り込むなどすれば越冬は可能ですが、厳しいので「一年草扱い」です。
匍匐する性質でハンギングにも。背が低いので前景にも向いていますし、夏の暑さに強く、温暖化で元気がなくなる夏の庭を彩ってくれます。ただ花が小さく、単体では目立たないため、他の植物と合わせて植えた方がいい。育てやすく、頑健です。開花時期の間ポツポツ咲いてくれます。
草丈10cm前後、横幅30cmから50cm
まとめ
●土が乾いたら水をやる。
肥料はやるが控えめがコツ。
●暑さ・病気・雨に強い。
●匍匐する。ハンギングにも。グランドカバーとしてもいいかも。
●寒さに弱いとされるが、品種改良で強いものも出てきている。
●花が小さく、開花は多いが夏の他のガーデニング材と比べるとイマイチかも。
●夏の暑さにも開花が止まらない。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正鉢植えの水やり
鉢植えの場合、土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れているうちは水をやらないようにします。ある程度の湿度には耐えますが、土が常時濡れているようだと根腐れを起こして枯れてしまいます。
●真夏の極端な乾燥には葉先から枯れ込んできますので注意してください。
●庭植えの場合は自然の雨だけで基本は十分です。真夏の乾燥時期や日照りのときは水をやってください。

肥料
花が咲く期間は液肥を月に2回か3回与えてください。肥料が多いと株は大きくなりますが花が付きづらくなり、病気にもなります。肥料が多すぎないように、元肥を少なめにして液肥で調整します。

植え付け・植えかえ・挿し穂

植え付け・植えかえ・挿し穂
文章の修正用土
水はけのよい土で植え付けます。市販の花と野菜の培養土を利用するか、赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
鉢植えの手順
鉢植えの底の穴に網を敷く。網はホームセンターに売っている。網を敷くのは土が流れ出ないようにするため。その上に軽石を2センチほど入れて、用土を入れて株を入れて、隙間に土を詰めて、最後に水をやって完成。
冬を越したら4月に株分けする。
株はさっくり手で分ける。
●横に広がるのでプランター向きじゃない。植えるなら7号・8号鉢以上の鉢に1苗。

庭植えの手順
深さ20cm程度の穴を掘り(イラストは30cmになってるけど)、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割ほど混ぜて、株を植える。株と株は30cmほど空けて植える。
挿し穂
4月5月・9月あたりに三節(10cm)ほどの穂を取って、土に挿す側の葉っぱを取り除いて、土に挿していると発根する。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりのいい場所に植えます。夏の湿気や暑さにも負けず、植える場所に気を使う必要はありませんので、気楽に植えることが出来ます。半日陰以上あれば生育し開花します。
冬も越せないこともない
メカルドニアはまだ流通量が少なく、毎年安定して手に入らないので、「一年草」と割り切れない人もいるかと思います。寒さには強くなく、霜に当たれば枯れますが、暖地だと戸外で越冬します。寒冷地や中間地では室内で管理すれば越冬も可能でしょうが、室内では日当たりが確保できず、日照不足で枯れやすい。
●中間地であれば霜の当たらない戸外なら越冬するかもしれないので、軒下などで管理するか、霜よけをして越冬させる。
●最近は品種改良され、ブランド苗では寒さに強いものが増えているので、越冬しやすくなっている。

剪定

文章の修正梅雨前に刈り込むと良い
過湿には強いとはいっても、蒸れると枯れ込んできて見た目に良くないです。そこで梅雨前に一旦刈り込んで、蒸れ予防しておきます。
●下葉からどうしても枯れ込んでくる。単なる生理現象だが、見た目によくないだけ。邪魔なら剪定する、くらいでもいい。

特徴・由来・伝承

文章の修正日当たりのいい場所に植えておくと、夏の暑い時期でも花を咲かせるグランカバー向きの匍匐性植物で、横へ横へと広がっていきます。花が小さく、「咲き乱れる」というものではありませんが、肥料が途切れなければ花が途切れることもなく、管理が楽なので、今後流行る可能性があります。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

キンギョソウ
ゴマノハグサ科
カルセオラリア
ゴマノハグサ科
トレニア
ゴマノハグサ科
グラリオ
ゴマノハグサ科
ベロニカ
ゴマノハグサ科

人気記事

ビオラ
スミレ科
イングリッシュラベンダー
シソ科
アマリリス
ヒガンバナ科
グランドカバー
園芸用語
キングバンブー
リュウゼツラン科

10月に開花する植物

カラミンサ・マーベレッテ
シソ科
大雪山
キク科 ヒマワリ
サンパチェンス
ツリフネソウ科 インパチェンス
ウィンチェスターキャシードラル
バラ科 薔薇
フランネルフラワー・ホワイトフェアリー
セリ科 フランネルフラワー

10月に植え付け・植え替えする植物

カタクリ
ユリ科
ビバーナム・スノーボール
スイカズラ科
斑入りドクダミ
ドクダミ科 ドクダミ
木立性ベゴニア
シュウカイドウ科 ベゴニア
キャットミント
シソ科
スポンサーリンク