センノウ(仙翁花)の育て方

TOP >ナデシコ科>>管理

センノウ(仙翁花)

センノウ
科名ナデシコ科
属名センノウ属
学名Lychnis bungeana‘Senno’
別名仙翁花
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. センノウとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  5. 管理場所・日当たり
  6. 敵真
  7. 病気・害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

センノウとは?

センノウとは?
文章の修正センノウはナデシコ科センノウ属の毎年花が咲く多年草です。センノウには、いろんな種類があり、どれも強健で育てやすいものです。見た感じはナデシコに似ています。花の色が朱色であることが多く、暑苦しいと感じるか派手でよいと感じるかは人によります。
センノウでよく流通しているのはマツモトセンノウ(Lychis sieboldii )で、通常のセンノウよりさらに頑健。一般にセンノウとして流通しているのはマツモトセンノウだと思われます。
センノウ 苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりと水をやります。鉢底から水が流れ出すくらいにやってください。

庭植えの場合は、一旦根付いたら、自然雨だけで十分生育します。乾燥に強いですし、頑健です。ただし夏など日照りが続くようであれば、水をやってください。

肥料

肥料
文章の修正春と秋に緩効性の固形肥料をやります。初夏・夏は液体肥料を二週間に一回程度やってください。ただし肥料が多いと調子を崩して枯れるし、多少の痩せ地くらいなら枯れることはないので、肥料は少なめにしておきましょう。
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ・種蒔き

時期・頻度

文章の修正「センノウ」は種子が出来ないのですが「マツモトセンノウ」「オトメセンノウ」は種子ができるので、種まきも可能です。種蒔きは2月か3月に行います。

苗の植え付け・植え替え、新芽が出る直前か出はじめの2月~4月が適期です。鉢植の植え替えは毎年。長くて2年に一回。
ホームセンターや花屋では苗はほとんど見かけ無い。どうしても植える場合はネットショップで買うのが早いです。
●種子ができるタイプは、何もしていなくてもこぼれダネで株が増えます。

用土

文章の修正土質はこれといった指定はありません。市販されている土か、これにパーライトなどを足して水はけをよくするとよいです。植え付けを行います。山野草の土の方が適しています。

鉢植え

文章の修正最初は7号前後から始めましょう。植え替え時期である2月〜4月は芽が柔らかく、簡単に折れてしまうので、丁寧に扱いましょう。

鉢植えの底の穴を鉢底網で塞いで、その上に鉢底石軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

植え替えのときは、古い土を3分の1ほど落として、傷んだ根を整理して、同じ大きさの鉢に植え替えるか、一回り大きな鉢に植え替えます。このとき、株分けも可能です。芽が2個か3個つくようにカッターで切り分けてそれぞれを植え付けます。

カッターは消毒してから利用しましょう。消毒液に浸すか、ガス火であぶるといいです。
園芸用消毒液の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

庭植え

文章の修正植え付けの1週間前に深さ20cm〜30cmほど掘り返して、元の土に対して2割〜3割ほどの腐葉土堆肥を混ぜ、化成肥料を規定量入れて用土とします。水はけが悪いなら、川砂・鹿沼土などを入れて水はけをよくしてから植えましょう。株間は25センチほど空けます。

庭植えしている場合でも、3年ほどで生育して芽が出るところが地表に出てきてしまいます。これを掘り上げて深く植え替えをする必要があります。もしくは土よせをしてください。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりを好みますが、半日陰、明るい日陰でも生育します。真夏の直射日光・暑さに弱いので、7月以降は半日陰で管理します。庭植えの場合は最初から半日陰に植えるとよいです。

茎がヒョロヒョロなのは日照不足。管理場所を考え直しましょう。

耐寒温度はマイナス30度なので寒さには強い。ただし、霜に当たれば地上部は傷みます(枯れるわけじゃないので、気にしないでもいいです)。

敵真

敵真
文章の修正花が咲く前の5月頃に、摘芯をすることで脇芽が出てつぼみが増え、花がたくさん咲くようになります。やるのとやらないのでは大違いです。

病気・害虫

文章の修正ヨトウムシ
蛾の幼虫の芋虫で、小さなうちから食害があるのですが、目に見えた被害になるのは老齢幼虫になってからで、この頃になると昼間は土中に潜み、夕方以降に土から出てきて葉っぱを食べるようになります。夕方に張り込みをして、出てきたら捕殺するか、薬剤を使って駆除しましょう。生態や薬剤については以下のページを参考に。
ヨトウムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

エカキムシ
葉っぱに卵を産みつけ、その卵から帰った幼虫が葉の内部を食べ進み、それが線となって絵のように見える虫。自然界に天敵もいるので、全滅することはほとんどないが、たまに天敵が現れないことがある。対応薬剤などは以下のページを参考に。
エカキムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

特徴・由来・伝承

文章の修正中国から渡来した多年草。日本で栽培されているセンノウは3倍体であるために種子が出来ない。増やすには挿し木か株分けをしましょう。

室町時代には仙翁(センノウ)の切花を七夕に贈る風習があり、七夕のことを「仙節(仙翁の節句から)」と読んでいました。江戸時代にはかなり品種改良されましたが、失われました。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

西洋石竹
ナデシコ科ナデシコ属
カーネーション
ナデシコ科ナデシコ属
テマリソウ
ナデシコ科ナデシコ属
サポナリア
ナデシコ科バッカリア属
オノエマンテマ
ナデシコ科カソウミソウ属
四季咲きナデシコ・テルスター
ナデシコ科ナデシコ属
セラスチュウム
ナデシコ科ミミナグサ属
シレネ
ナデシコ科
アレナリア・モンタナ
ナデシコ科アレナリア属
シレネ・ユニフローラ
ナデシコ科
スポンサーリンク