レーマニア・エラータの育て方

TOP > ゴマノハグサ科 > …

レーマニア・エラータ

レーマニア・エラータ
科名ゴマノハグサ科
属名レーマニア属
学名Rehmannia elata
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
高温を嫌いますが、夏越しが難しいということはなく、半日陰で管理すれば夏越しは十分可能、非常によく繁茂します。冬はロゼット状の葉っぱを伸ばして、冬を越します。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正を申請する
庭植えした場合は、根付くまではしっかりと水をやったら、あとは降雨だけで十分です。夏は過湿で傷んでしまいますので、水は控えめにします。
鉢植えの場合は
土が乾いていたら水をしっかりとやります。鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。レーマニアは過湿に弱いので、水をやりすぎないように気を付けます。土が濡れているうちは水をやらないようにします。
肥料
春に緩効性肥料をやり、秋にまた緩効性肥料をあげます。肥料が無くても枯れることはありませんが、繁茂するスピードが鈍くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正を申請する
市販の培養土で植えてください。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
耐寒性あり
耐寒温度はマイナス20度と非常に強く、防寒は必要ありません。
夏の暑さに注意
夏の暑さと過湿に弱く、夏は半日陰で風通しのよい場所が適しています。暖地だと油断すると消えて無くなりますが、寒冷地だとそれほど気にしないでも夏越しが出来ます。

特徴・由来・伝承

文章の修正を申請する
宿根草。ゴマノハグサ科の植物。ジギタリスのようなロート状の花を咲かせます。春から秋まで旺盛に生育して花を咲かせます。
管理用リンク
管理用