アカザの育て方

MENU
TOP>アカザ科>アカザ

アカザ

アカザ
科名アカザ科
属名アカザ属
学名Chenopodium album
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

風媒花でアレルギーを引き起こす
風に花粉を乗せて受粉させるために、アレルギーを起こす原因となります。
アカザの杖
アカザの杖は中風(脳溢血)を予防・治療するとされています(もちろん迷信)。そこでアカザを栽培するのはもっぱら杖目的です。アカザの杖は道の駅などでたまに売っていますので栽培するより買った方が楽です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

雑草ですから、庭植えしてしまえばあとは降雨だけで十分生育します。あまりに日照りになるようであれば、水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

これといった土質を選びませんが、アルカリ性の土を好みますので、苦土石灰で中和してから植え付けをします。
水はけがよく肥沃な土だと良く生育します。市販の花と野菜の培養土で植え付けをします。苗はネットでも売っていません。アカザ画像をよく見て、田んぼのアゼなどに探しに行き、土地主に交渉して苗を貰いましょう。雑草ですから断りませんよ。多分。「年老いた父の為に杖を作りたい」とか言うと喜んで分けてもくれるはずです。
杖用に栽培
アカザを観賞用に育てる人はいないです。どうしても植えるということは大抵「杖目的」です。肥沃な土と日当たりがあれば太い杖用のアカザが作れます。曲がらないように支柱をします。しかし、早い時期に台風が来るとダメ。
シロザは杖に向かない
アカザはシロザの変種でシロザは幹が細く杖には適していません。若芽の時(5月~6月)なら色で判別できますが、その後は分かりづらいです。

管理場所・日当たり

日当たりのいいところで生育します。

特徴・由来・伝承


北海道から九州まで見られる雑草で一年草。草丈が一メートル以上に育ち、秋には花を付けます。アカザ科植物。アカザは若い目が赤くなることから。実はシロザの変種で、アカザは現在ではあまり見られない。漢字で書くと「藜」。藜の羹(あかざのあつもの⇒アカザで作った汁の多い煮物)は貧しい食事の比喩として使われる。食べることも出来、ホウレンソウに近い味がするものの、シュウ酸が多く食べない方がいい。

アカザは生育すると木のように堅くなり、これで作った杖を使っていると脳溢血(中風)になりにくいと言われています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

アカザ科の仲間


アカザ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用