ブローディアの育て方

MENU
TOP>ユリ科>ブローディア
スポンサードリンク

ブローディア(トリテレイア・ブリッジェシー・ヒメアガパンサス)

ブローディア
科名ユリ科
属名トリテレイア属
学名Brodiaea
別名トリテレイア・ブリッジェシー・ヒメアガパンサス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

初夏に青い花を咲かせる頑健な球根植物
初夏に青い涼しげな花が咲き、球根で毎年咲きます。球根と言うと夏に掘り起こして――というケースが多いですが、ブローディアは環境が合えば、放置で毎年咲く植物です。
欠点は、毎年咲く頑健さゆえに、ホームセンターや花店が扱わないことです。切花としては流通していますが、球根・苗としてはあまり見かけません。購入するならネットショップで求めた方が早いです。
参考:毎年咲く花は花屋さんが売らない?

生育サイクル
秋から春に成長して初夏に花を咲かせます。その後は地上部が枯れて休眠状態になります。秋になるとまた葉っぱが伸びて――という生育サイクルを繰り返します。掘り返す必要が無く、寒さにも強いです。
●球根でよく増えるし、こぼれダネでも増える。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの場合、土が乾いたら水をやるという、基礎的な水遣りをします。土が濡れているうちは水をやらないようにします。水をやりすぎると球根が腐って枯れてしまいます。
庭植えの場合は降雨だけで十分生育します。
夏は水を切る
ブローディアは夏に休眠します。この時期に水をやると、腐りやすいので、地上部の葉っぱが枯れてなくなった夏は、水を一切やりません。庭植えにしていて雨に当たるのは仕方がありません。鉢植えの場合は夏は雨の当たらない場所に移動させてください。
肥料
肥料は秋から開花の間に、液体肥料をやるか、緩効性肥料を撒いてあげます。肥料は今年の生育にも影響しますが、来年の開花に影響します。肥料が少ないと球根が痩せて、開花が一年おきということも。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性土壌を嫌う
植えつける前に、苦土石灰を混ぜて中和しておいてから、球根を植えます。日本の雨は弱酸性で、雨ざらしにしていると自然と弱酸性になるので、二年に一回くらいは、石灰を撒いて中和させると良いです。
水はけの良い土を
ブローディアは過湿が苦手です。市販の培養土でも構いませんが、これに川砂を一割混ぜて水ハケをよくすると良いです。自作する場合は赤玉土腐葉土3川砂1くらいです。
鉢植えは二年に一回植え替えを
分球しやすく、増えるので二年に一回か三年に一回を目処に植え替えをします。植え替えは芽が出始める秋に掘り返して行います。庭植えでも、あまり放置しているとギュウギュウになりますので、気が向いたら分球します。ただこぼれダネでも増えるくらいなので、必死になって分球するモチベーションが上がらないかも。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

基本は日当たり
ブローディアは日当たりを好みます。日光を浴びないと開花が鈍くなります。年間を通して日当たりが好ましいです。でも半日陰でも十分育ち、枯れるわけではないです。
冬の注意点
寒さに強いとされます(マイナス5度)が、それ以下になる寒冷地では防寒が必要です。霜よけをしたり、室内に取り込むことも考えます。土が凍結すると枯れてしまいます。

●群馬で地植えして越冬。毎年咲かせる。
●霜に当たっても枯れないけども、強い霜(マイナス5度以下)に当たるとダメ。
●強い霜が来る地域では霜よけが必要。
●雪では枯れない。
●冬に寒風に当たると葉っぱの先から茶色くなってしまいます。風が当たらない場所が好ましいですが、これも程度問題で、即枯れるということは無いです。

特徴・由来・伝承


ブローディアはユリ科のブロディアエアエ属だった植物の総称です。現在ではブロディアエア属はいくつかの属(ブローディアエア属・トリテレイア属・ハナニラ属【トリスタグマ属】・ディケロステンマ属)になってしまいましたが、見た目が似ているために、現在でも流通上は「ブローディア」と一緒にされていることがほとんどです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用