癌腫病(バラ)

MENU
TOP>病害虫>バラの癌腫病
スポンサードリンク

概要

バラに発生する病気。根にコブができ、栄養を吸われます。細菌が原因で、一度感染すると周囲の株も感染し、その株を剪定したハサミや、土を掘り返したスコップにも細菌が付着、それらで作業した株や土にも感染し、広がっていきます。

癌種病の原因は細菌、と書きました。根治する方法は(多分)無くて、例えばバラ栽培農家で癌種病が発生したら、そこで作られた苗はほぼアウト。そこで買った苗から、バラ愛好家の庭にも感染してドンドンと広がっていきます。

癌種病はバラから土へ移動、その後、その他の植物にも感染し爆発的に増えていきます。なのでコブが見つかったらその苗木は処分、周囲の土も処分。ハサミやスコップは熱湯消毒が基本です。
いずれ、枯れます
他にも広がるし、徐々に悪化し、枯れます。発見次第に破棄が基本です。購入したネットショップに問い合わせても「病気じゃない」「生理現象」と言う場合がありますが、癌腫病なら、生理現象ということはありません。どこから感染したかは、分からない
生産者の畑に癌腫病があるかもしれませんが、購入者が植えてから感染した可能性もあります。誰が悪いかは分からない。2チャンネルなどで、どこの店のバラに癌腫が多いかチェックしておくのが賢明。それが「正しい情報」かどうかは神のみぞ知ること。それでも、当てずっぽうに買うよりはマシです。

ちなみにネットショップではない一般店舗の花屋さんはそんな知識はありませんし、花屋さんにはチェックする術もないです。問い詰めても意味が無いです。
●癌腫病のバラを掘り返すことをネットでは「芋掘り」と言うらしいです
●癌腫病が出たら、○年以内なら交換・返品ができるネットショップもあります
●癌腫病はいろんな植物に発生するので常在菌ではない、のですが常在しつつある。
スポンサードリンク

判断

カルスということも
バラの根にはカルスというコブが出来ることがあります。傷口に発生して、そこから根が出てきます。これと癌種が見分けがつきにくいです。カルスは元気な株に発生します。
●葉っぱの色が悪い。
●シュートが出てこない。出てきても勢いが無い。
といった症状があるならば、癌種を疑って、写真を撮って二ちゃんねるのバラスレにでも相談しましょう。

予防方法

癌種は傷口から感染するので、植えるときに根に傷がつかないようにします。また、植える土に石があると根が傷つくので、石を出来るだけ取り除きます。
根を切ってものを庭土に植えるときは、植える一週間前に木酢液を薄めて撒きます。それから植えてください。木酢液は酸性で、癌種病の原因となる細菌は酸性を嫌います。
●あとはバクテローズ(薬剤)くらい。これも予防薬で、治療とは違います。

回復するか?

木酢液で回復するか
ネット上では木酢液を原液で撒くと、癌種病が治った、もしくは症状が無くなった、という話がありますが、確証が得られるまでは、実施はしない方がいいでしょう。癌種は他の植物にも感染します。また、虫(土中の根を食べる幼虫)が癌種病を株から株に運んでいる(かもしれない)ので、近所に広がるということも考えると、やっぱり廃棄が基本です。
▼癌種から回復したと言う記述あり
http://www7.plala.or.jp/organicrose/woodvine.htm
●根の先に発生しやすい、とされます。地表近くに大きなコブが見られたらもう末期と考えてください。すぐに引っこ抜いて廃棄しましょう。
●コブはボロボロと取れるもの。取れてもいずれ発症します。
●癌種病に感染してから発症するまで何年か掛かる。そのために、どこで感染したのかは分からない。苗の時点――つまりは流通時点で感染している可能性は高い。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

病害虫の仲間


病害虫の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用