メキシカンスイートハーブの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>メキシカンスイートハーブ
スポンサードリンク

メキシカンスイートハーブ(リッピア)

メキシカンスイートハーブ
科名クマツヅラ科
属名イワダレソウ属
学名Lippia dulcis
別名リッピア
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ヒメイワダレソウと同じリッピアで繁殖力が強い。横へと地下茎をのばして増えますので、グランドカバーに適しています。夏に花が咲き、冬は地上部が枯れてしまいます。霜にあたると地上部は消えます。土が凍るような寒い地域では根も枯れます。関東南部では戸外で越冬可能です。
植える前に!ちょっと待って!
地下茎で横に伸び、なかなかしぶとい性質で、他の植物を駆逐するほどの力があります。見た目が可愛いからだまされますわ。庭に植えるなら、他に大切な植物が無い場所にすること。また横に増えないように板やレンガで敷居を作って広がらないようにしたり、広がったら引っこ抜く勇気を持つこと。鉢植えが無難です。
まとめ
●寒さには弱い。暑さには強い。
●霜にあたると枯れるが春にはまた芽吹く。宿根草
●日当たりを好み。土はなんでも。
●乾燥ぎみを好む。育て方は普通のハーブ
●葉っぱが砂糖の1000倍の甘さを持つ。
●繁殖しすぎて他の植物を駆逐するので注意。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥気味に
ハーブで過湿が苦手。水をやりすぎると腐ってしまいます。土が濡れているうちには水をやらないようにしましょう。水をやる前に土を触ってください。
●庭植えにすると水やりは日照りでもない限りは不要。
●でも庭植えにすると他の植物を駆逐するかもしれない。
●鉢植えにしたとき、冬は地上部が無くなってしまうので忘れがちだけど、冬に水をやらないと完全に乾ききって枯れてしまい、春になっても芽が出ない。土が乾いてから数日たってやるくらいに控えるけど、ちゃんと水をやってください。

肥料
春から秋に掛けて、肥料があればよく生育するが、無かったからといって枯れたり、生育が極端に悪いということもない。春から秋は一週間に一回程度液肥をやるか一カ月に一回緩効性肥料をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

ハーブ用の土か、一般的な花と野菜の培養度を利用します。土は選びませんが、極端に水はけが悪いと根が腐りますので気を付けてください。

植える時に土をほぐすと根が広がりやすいです。

管理場所・日当たり

日当たりでも半日蔭でも
日当たりの方がよく生育し花も多くなります。でも半日蔭でも十分育ちます。
●5度以下で地上部が枯れます。
●地上部が枯れても根は生きています。

特徴・由来・伝承

ステビアの4倍、砂糖の1000倍の甘さ
メキシコ原産のハーブ。クマツヅラ科である程度成長すると木質化します。葉っぱには砂糖の1000倍の甘さを持っています。そういう目的で植える人もいるらしい。ちなみにヒメイワダレソウでも葉っぱを噛むと甘いです。
シロップにする?
シロップにするには葉っぱを収穫し、乾燥させてから、水で煮詰める。かなり面倒ですが、確かに甘くてカロリー減、糖分カット。
葉っぱはすさまじい勢いで増える。いくら収穫しても大丈夫。


リッピアは「イワダレソウ属」の学名です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用