ヤトロファ・インテゲリマ(テイキンザクラ)の育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>ヤトロファ・インテゲリマ(テイキンザクラ)
スポンサードリンク

ヤトロファ・インテゲリマ(テイキンザクラ)(南洋桜・ナンヨウザクラ・テイキンザクラ)

ヤトロファ・インテゲリマ(テイキンザクラ)
科名トウダイグサ科
属名ヤトロファ属
学名Jatropha integerima
別名南洋桜・ナンヨウザクラ・テイキンザクラ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


冬の寒さに弱いですので、冬は室内へ移動させてください。夏も冬も出来るだけ日の当たる場所で管理してください。日が当たって温度が確保できれば、周年開花もあります。
まとめ
●日当たりで管理。
●風が強いと枝が折れる。
●樹高は3m。横には3mほど広がります。
●耐寒温度は8度。かなり寒さに弱いので、冬は室内で管理する。
●夏の暑さにはめちゃくちゃに強い。

水やりと肥料

土が乾いたら水をたっぷりとやってください。土が乾いていないうちには水をやらないでください。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。ただ、どちらかというと、多少ジメジメした場所を好みます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

一般的な花と野菜の培養土で植え付けをします。植え付けは春が適しています。枝を切って挿していると根付いて増やせます。

管理場所・日当たり

日当たりの良い、風の弱いところ
日当たりの良い場所を好みます。強い風に当たると枝が折れやすいので、風当たりが強いところには植えないようにします。
暑さに強く、寒さに弱い
熱帯で育つ植物ですから、暑さには強いです。でも寒さには弱く、8度以下になると枯れます。4度で霜が降りますから、霜が降りる地域では、冬は室内で管理します。霜が降りない地域でも冬に8度以上ってかなり厳しいです。
沖縄や九州南部では、わりとよく植えられています。戸外で育つってことです。よって九州南部より北では(九州でも)、冬は室内で管理したほうが無難。

特徴・由来・伝承

西インド諸島原産。高さが4メートルほどになる樹木ですが、冬の寒さに弱いので、日本ではそんなに大きくはなりません。ただ、温度と日光があれば一年中でも花が咲きます。

ピンクや赤の「桜」に似た花を咲かせるために、第二次大戦中に兵士たちがこの花を「南洋桜(ナンヨウザクラ)」と呼んだために、和名はナンヨウザクラとなっています。

●ナンヨウザクラという同じ名前の植物があります。そちらのナンヨウザクラはシナノキ科かナンヨウザクラ科に属する別種植物です。
●別名がテイキンザクラといいます。テイキンとは提琴でバイオリンのことです。これは葉っぱの形が似ているためです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用