コーヒーの育て方

MENU
TOP>アカネ科>コーヒー
スポンサードリンク

コーヒー

コーヒー
科名アカネ科
属名コーヒーノキ属
学名Coffea Eucoffea
みずやり水を好む
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

コーヒーの木は常緑で、頑健。剪定にも耐えるために観葉植物に向いている種類です。ただし、気をつけないといけない点もあります。

まとめ
●育てやすさはパキラなどと同じくらい
●夏の直射日光で葉が焼ける。夏は日除けをするか、半日陰か明るい日陰に。
●冬の寒さに弱い。冬は室内で。
●古い葉っぱがバサバサ落ちるもの。気にしない。木の下の葉っぱは落ちるもの。
●花が咲いて実が成ります。でも収穫しようとか考えない。
●100円ショップのものでも十分育つ
●三年くらいで花が咲く??

水やりと肥料

コーヒーの木は冬も夏も見た感じあまり変化が無いので、冬も夏場と同じ感覚で水をやりがちになります。冬は溝を控えてやら無いと根腐れを起こしてしまいますので、土が乾いてから数日経ってから、水をやってください。
●水切れしやすいが、しおれても水をやればスグにシャキーンと戻る。
春から夏は普通の水やり
春~夏にかけては、土が乾いていたら水をしっかりとあげてください。
冬は控える
冬は成長が鈍化しますので水を控えてください。土の表面が乾いてから数日経ってから水をやってください。冬も水をやるときは底から染み出すくらいにしてください。
●土への水やりを減らして霧吹きで葉っぱに直接水をやる「葉水」を行うと、水のやりすぎによる根腐れを防げます。
肥料
生育期に液肥をやるとよく生育します。他の季節は肥料をやらないでください。
しんなりしても復活しない場合
水が切れるとしんなりし、水をやると復活。というのが普通ですが、しんなりしたまま復活しないことがあります。原因としては根詰まり・水の与えすぎで腐った・真夏の熱い時間に水をやって沸騰して根が傷んだ、などあります。根詰まりは一回り大きな鉢に植え替えるか、根をさばく事で回復します。水のやりすぎは水を控えれば回復します。沸騰して痛んだ場合は、夕方など涼しい時間に水をやるように変更することで回復します。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

コーヒーの木は根を張るスピードが速く、春~夏の生育期の間に鉢が根詰まりを起こすことが多いです。そこで5月に一回り大きな鉢に植え替えるか、余計な根を処理する必要があります。用土は観葉植物の土を利用します。
●植え替えをしたら、根が落ち着くまでは新芽が出たり生育しません。二週間くらいは日陰か半日陰で管理すると回復が早い。
●植え替えはストレス。根詰まりなどの症状が出ている場合でも、真夏や真冬の植え替えは避ける。
●植え替え直後は肥料はやらない。肥料は逆に根にストレスになる。
●欲張って大きな鉢に植え替えると、冬に水が蒸発しきらずに根腐れを起こしやすい。植え替えは一回り大きい鉢へ。
●コーヒーの木は100円均一で売ってます
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

コーヒーの木は暑さには耐性がありますが、真夏の直さ日光と寒さには弱く、春~初夏は戸外。夏は軒下など半日陰か日陰。秋にまた戸外に出し、冬は寒くなる前に室内に取り込むというサイクルを繰り返します。日光を好みますが、ある程度の対陰性があり、一年中カーテン越しの日当たりでも十分。
●小さな苗のときは強い日差しに弱いので、室内の日当たりでカーテン越しの日を当てる。
●観葉植物として育てるならさほど日光はいらない。ただし花が咲かない。花が咲くには日光が必要。
冬の暖かい場所
よく日が当たる場所で。出窓は意外と気温が下がるので、夜は出窓から室内の暖かい場所に移動させるなど工夫するか、ダンボールなどで覆って夜の防寒が必要です。
春から秋は戸外でも
春から秋は戸外でもOK。室内でもOK。戸外に出すときは最低気温が10度を切らなくなってから。真夏の直射日光だと葉焼けをしますので、半日陰の場所に移動させます。
夏の注意点
夏の強い直射日光を浴びると葉っぱが変色して枯れてしまいます。コレを防ぐために、ネットで日除けをしてやったり、室内で管理してやらなくてはいけません。
徐々に日に慣らす
コーヒーの木をいきなり直射日光に当てると葉っぱが痛んでしまいます。ですが、ある程度の日焼けをすると徐々に耐性が出来て、日焼けしなくなります。それでも夏の直射日光では葉焼けをしてしまいますから、真夏は駄目ですが、春や秋に戸外に出すなどするとき、葉が変色したからといって、すぐに場所を動かさずに気長に耐性をつけるのを待ちましょう。
まとめ
●冬の寒さにすこぶる弱い。最低気温が10度以下なら室内へ。冬の出窓は意外と低温。別の場所へ移動させる。
●寒さに当てると、冬はなんともないのに春に枯れるケースが多い。一番寒い時期は変化が無く、これからというときにグッタリして回復しない。
●真夏の直射日光には葉焼けをする
●冬の寒さで落葉するが、落葉したから枯死するわけではないので、すぐに温かい場所に移動させる。
●葉っぱが落ちても枯れてなければ新芽が出ます
スポンサードリンク

その他

カイガラムシが発生します。コナカイガラムシは近くに蚊取り線香を立てることで駆除できる、と言う話もあり。
品種について
コーヒーの木の品種ははっきりしない。輸入業者も「コーヒーの木」としてしか認識していないと思われる。実がついたら、焙煎して引いて飲んでみるまで分からない??
葉っぱが白く抜ける
葉脈以外の葉っぱが白っぽくなることを「クロロシス」といいます。葉緑素の「クロロフィル」が抜けることです。原因はミネラル不足だったり、逆に肥料過多、質の悪い肥料を入れた、水不足だったり、排水が悪い、phが合わない、根が虫に食われている、など。条件を再考して対応しましょう。葉焼けの初期症状として白く抜けることもあります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


アフリカ西部~中部・マダガスカル周辺地域に野生種が分布しています。常緑であることから観葉植物として観賞されます。
発芽してから3年から5年で花をつけるようになります。花は真っ白くジャスミンに似た香を持っています。通常の観葉植物と同じくらいの大きさ(1メートル30センチくらい)になると日本でも花を咲かせます。花が咲いているときに戸外に出しておくと、昆虫が受粉してくれて実が出来ます。この実が熟すまで9ヶ月掛かります。種類によって赤や紫、黄色に熟してから実を割ると中に二つの種が入っています。これがコーヒー豆です。コーヒーとして楽しむにはこれを煎ってミルで粉状にしないといけません。言葉で言うと簡単ですが、なかなか難しいです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

コーヒーの日記

アカネ科の仲間


アカネ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用