ペペロミア・カペラータの育て方

MENU
TOP>コショウ科>ペペロミア・カペラータ
スポンサードリンク

ペペロミア・カペラータ(チヂミバペペロミア・チヂミバペペ)

ペペロミア・カペラータ
科名コショウ科
属名ペペロミア属
学名Peperomia caperata
別名チヂミバペペロミア・チヂミバペペ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


夏の生育期間時期に液肥をあげます。生育期間に液肥を上げると成長が早まります。寒さに弱いですから、寒さに注意します。10度以上が理想。8度以下にならないようにします。お手軽な室内インテリアです。
まとめ
●乾燥に強いので、水のやりすぎ注意。
●土が乾いていたら水をやる。
●土が濡れているうちは水をやらない。乾燥気味に管理。
●生育期には肥料を。
●鉢底から根が出ていたら植え替えを。
●春から秋は戸外の半日陰か、室内の日当たりで管理。
●冬は必ず室内で管理。
●冬の寒さに注意。

水やりと肥料

乾燥に強く、多湿に弱い
多肉質の葉なので乾燥には比較的強いです。土が乾いていた水をしっかりとあげてください。長期間湿っていると根腐れの原因となります。
冬は水を控えて
春から夏、秋にかけては土が乾いていたら水をたっぷりとあげます。温かい季節…気温が20度~30度の時期…は生育しますので、水の吸い上げる力も強いです。反対に冬は水を吸い上げる力が落ち、蒸発もしにくいので、水を控えてください。水を控えると耐寒性が高まります。土が乾いてから数日たってから水をやってください。
冬は鉢に触ってみて冷たいようであれば、水をやらないでください。冷たいのは水が残っているからです。
肥料
生育期に薄い液体肥料を二週間に一回やります。
肥料があるとよく育ちます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で植え替えを
鉢底から根がはみ出してきたり、下葉から枯れこんできたら植え替えをします。大体二年に一回は植え替えをしてください。用土観葉植物の土を利用します。ペペロミアはとにかく根腐れを起こしやすいので水はけのよい土で植えてください。
●観葉植物の土で植えるのは、腐葉土が少なめだから。腐葉土は臭い。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

強い日差しを避けてください!
強い直射日光を浴びると葉っぱが焼けて枯れこんできます。
直射日光を避けなくてはいけませんが、あまりに日陰だと綺麗な模様が消えてしまったり、茎がひょろひょろに長く伸びてしまいますので、明るい日陰か、半日陰が好ましいです。
春から秋は半日陰で管理。
冬は室内で。
最低気温が10度以下になる前に室内へ
最低気温が10度以下になると株が弱るので、必ず室内へ。
室内のカーテン越しの場所へ。
年中、室内でもいいですよ。
寒さに弱いです
8度で越冬可能ですが、できれば10度は欲しいです。寒さには決して強い方では無いです。冬は室内の暖かい場所…人が生活する場所…で管理してください。暖房やクーラーの風が当たらない場所に置いてください。冷暖房の風は乾燥しているので植物を痛めてしまいます。
●霜に当たると一発で枯れます。
●冬が越せるかどうかが生育の鍵。
●人が生活する場所は暖房がかかっていて、夜中でも5度以下にはなりませんが、窓辺は外気が氷点下になると枯れます。それに、5度では若干、ペペロミアには寒い。できれば、室内の中央、窓から遠いところに置くか、ダンボールや発泡スチロールの中に入れて防寒します。

その他

時々は葉っぱを濡れたティッシュや布で拭いてあげるとハダニ予防になります。カイガラムシが発生したらハブラシで削ぎ落とします。アブラムシが発生したら薬剤で殺菌します。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

通常のペペロミアの葉っぱに皺がよっている観葉植物です。ペペロミア・カペラータの中にも多くの品種があります。光沢があるものなどもあります。ちりめん状の皺に独特の雰囲気があります。
日陰で育てると茎が長くなってみっともないので、葉焼けしない程度の日当たりで育てるのがコツです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

コショウ科の仲間


コショウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用