ネオレゲリアの育て方

MENU
TOP>アナナス科>ネオレゲリア
スポンサードリンク

ネオレゲリア

ネオレゲリア
科名アナナス科
学名Neoregelia carolinae
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


高温多湿で明るい場所を好みます。日光が不足すると葉っぱの模様が薄くなります。しかし直射日光が強いと葉の色が薄くなります。
ネオレゲリア・カロライナエは一度花が咲くとその株からは花が咲きません。ですが新しい株が横から出て来ますので、咲かせる場合は株わけしましょう。

アナナス類は花を咲かせるために薬剤処理が必要になります。専用薬剤として「エスレル」というものが市販されています。

水やりと肥料


ネオレゲリアは根が退化して水を吸い上げる力が無くなっています。根は土に固定する程度の役割で水分は葉っぱから吸収します。

春以降秋までは葉っぱの根元の筒状の部分に水がずっと溜まっているようにします。溜まっていると言っても大量に水を吸収することはありませんし、溜められる量も限られています。夏はこの水の有無を特に気を付けてください。
冬は生育しませんので、水を与えません。

もし、冬に葉っぱの根元のくぼみに水がたまっているようであれば、ティッシュで吸い出すなどしてください。水が腐ってネオレゲリアが枯れてしまいます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢内が根でいっぱいになったら、植え替えをします。ミズゴケやバークなどの単用で植えるか、ピートモスと軽石を同量混ぜたもので植え替えをします。

管理場所・日当たり

春から秋に掛けては、室内の明るい場所か戸外の木漏れ日挿す場所や明るい日陰で管理します。直射日光にあたると葉っぱが焼けてしまいます。特に真夏の直射に当たると色が抜けたようになります。

冬は室内の日当たりで管理します。
耐寒温度は5度以上。寒さに弱く、戸外で管理していると枯れますので、霜が降りる前に室内に取り込んでください。

その他

特徴・由来・伝承

ロゼッタ状に堅くて鮮やかな葉を広げるパイナップル(アナナス)科の植物。まるで造花のようにも見える上に、中心部分の花付近はまるでスプレーを吹きかけたように赤くなるために「つくりもの」っぽい。
観葉植物としては置き場所を選びますが、見た目のインパクトと、ちょっと無機質な感じが現代風の家には合っています。ギフトとしても人気があります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ネオレゲリアの日記

アナナス科の仲間


アナナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用