グズマニアの育て方

TOP >アナナス科>>管理

グズマニア(アナナス)

グズマニア
科名アナナス科
学名Guzmania
別名アナナス
みずやり水控え目
場所室内
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

グズマニアの育て方

グズマニアの育て方

グズマニアの育て方
文章の修正強い直射日光に当たると葉っぱが焼けてしまいますので、もしも、窓辺に置いていて葉っぱが傷むようであれば、直射日光が当たらない場所に移動させるか、カーテン越しにしてやります。
春~秋は戸外の明るい日陰か室内。冬は室内で管理します。
まとめ
●直視日光ではなくレースのカーテン越しの日に当てる。
●水は葉っぱと茎の隙間にやる。
●冬は水を吸収しないので水やりしすぎないように気をつける。
●霧吹きで水をやる(葉水)をすると良い。
●グズマニアの花が終わったら根元から切る。
●一つの株から一つの花しか開花しないので、花を切ってしまったら、子株を確認次第、本株の葉っぱをむしる。
●生育時期に液体肥料を葉と茎の間にやる。
スポンサーリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
文章の修正グズマニアの根っこは、全体を支えることしか出来ないようになっています。つまり、水分を吸い上げる機能が退化して無くなっています。だから、土に水をやっても意味はありません。
●根っこは株を支えるのが主な目的です。

グズマニアの葉っぱの根元を見ると、筒状に丸まっているのが見えると思います。グズマニアはここから水分を吸収します。春~秋はここに水がしっかりと溜まるくらいに水をやってください。
冬は水のやりすぎに注意
冬になると、水分を吸収する力が落ちますので、筒状内部に水が少し溜まる程度の水やりにして、乾燥する場合は葉っぱに霧吹きを掛けてやります。
●グズマニアは空気中の水分が多い地域で育つ植物で、葉っぱから水分を吸収します。一番良いのは湿度が高い状態を維持すること(60%以上)。できれば一年中、霧吹きで葉っぱに水をやるようにしてください。

冬はティッシュで余計な水を吸い取る
冬以降、水をやり過ぎると溜まった水が腐って枯れる原因になります。そこで、水を出させないといけません。そのときはグズマニアをひっくり返して、水を出させます。グズマニアは大抵軽い鉢に入っていますし、土も必要ではないので、簡単に出来るハズです。もしも重い鉢に入っていて、不可能ならば、ティッシュで吸い出します。

肥料
春から夏の生育時期に薄い液体肥料を葉っぱと茎の間にかけてあげます。月に2回か3回ほどです。葉っぱの根元から吸収して生育が良くなります。成育時期以外は肥料をやらないようにします。
8月の気温が高すぎる時期(35度以上)は暑すぎて生育が鈍くなるので控えます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正株分けする
大きく成長したら、株わけをします。グズマニアは横に小さな株が生まれます。これを分けて育てます。ミズゴケを詰め込んで固定します。グズマニアの根はグズマニア全体を支える程度の役割です。
●グズマニアは株一つに対して一回しか開花しません。現在花が咲いている株はもう開花しませんから、子株ができたら、元の株は葉っぱをむしってしまいっていいです。むしるのは葉っぱだけで株そのものを取り除かないようにします。生育が鈍くなるので。

管理場所・日当たり

文章の修正直射日光を避ける
グズマニアは熱帯雨林の大きな樹の枝の上などに育つ植物で、強い日光を浴びると葉が焼けます。また暑さには耐性がありますが寒さには若干弱いです。寒さに弱いといっても室内で管理する上では問題ない程度です。
冬は室内へ
霜に当たれば一発で枯れますので、冬は室内で管理します。秋まで戸外で管理していた場合は、霜が降りる前に室内に取り込んでしまいます。

その他

その他
文章の修正花が終わったら
グズマニアの花は非常に長持ちですが、いずれは花色が褪せて枯れてきます。枯れてきたら、株元から切ってしまいます。グズマニアは1つの株から一回しか開花しません。よって、その株から新しい花芽が出て開花することはありません。

そこで株をよく見て、株の横から子株が出ていたら、元の株の葉っぱをむしってしまいます。元の株から花が出ることはありませんから気にせずむしります。元株の葉っぱを放置していると子株の葉っぱに日が当たらないので生育が鈍くなるからです。子株が出ていないのであれば、むしらずそのままにしておきます。育てていれば子株が出てきます。

そうして順調に管理していると子株から新しい花が咲きます。
子株を作るコツ
子株ができないときは、すべての葉っぱを15センチほどに切り詰めます。すると危機感を感じて子株をつけるようになります。また生育期に薄い液体肥料をやってください。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正グズマニアは赤や黄色の苞(ホウ)が特徴的な植物です。艶のある葉っぱと独特な花は、ほかに無い存在感があります。

グズマニアは一旦花が咲くと、非常に長期間楽しめます。また、丈夫なので、温度さえ保つことが出来れば栽培管理も簡単です。

ところでチランドシアと同じく、1回花が咲いた株からはもう花が咲きません。ですが、株から新しい株が出来て、その新しい株には花芽がつきますので、安心して栽培してください。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

チランジア
アナナス科
ウスネオイデス
アナナス科
コットンキャンディー
アナナス科 チランジア
チランドシア
アナナス科
チランジア・イオナンタ・メキシコ
アナナス科 チランジア

人気記事

コニファー
園芸用語
切り戻し
ガーデニング基礎知識・雑学
アンデスの乙女
マメ科
シャコバサボテン
サボテン科
タマスダレ
ヒガンバナ科

10月に開花する植物

アメジストセージ
シソ科
サマーソング
バラ科 薔薇
ベロニカグレース
ゴマノハグサ科
ジニア・リネアリス
キク科
ピーチネックレス
キク科

10月に植え付け・植え替えする植物

アジュガ
シソ科
ハナシノブ
ハナシノブ科
クリサンセマム・スノードリフト
キク科 クリサンセマム
グレビレア
ヤマモガシ科
ラベンダーセージ
シソ科
スポンサーリンク