クッカバラの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>クッカバラ
スポンサードリンク

クッカバラ(フィロデンドロンクッカバラ)

クッカバラ
科名サトイモ科
属名フィロデンドロン属
別名フィロデンドロンクッカバラ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


茎から気根が伸びて、空気中の水分を吸収し、その気根が土に達すると、土にも根を広げます。
セロームのように葉っぱが落ちた跡が独特の模様になっています。セロームよりも葉が小さく、沢山茂るので、最近の家庭では管理も楽ですし、じゃまになりません。

水やりと肥料

春~秋は土が乾いていたら水をしっかりとやります。水やりの頻度は環境によります。あまり日の当たらない場所で管理していると、水の蒸発が少ないので、頻繁に水をやると水が腐って根腐れの原因になります。土が乾くまでは水をやらないでください。

春から秋にかけては液肥を月に二回ほどやります。肥料が多いと葉っぱの色があせてきます。

冬は土が乾いてから数日経ってから、水をやります。冬に水を控えて乾燥気味に管理することで耐寒性が高くなり、越冬しやすくなります。また冬に水を頻繁にやると根腐れを起こしやすいです。
土に水をやるのは控えますが、冬は空気が乾燥しやすく、このままでは葉っぱが乾燥して傷んでしまいますので、霧吹きで葉っぱに水分を供給してあげます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替え時期は春が好ましいですが、あまりに根詰まりしているようであれば、真冬以外にも植え替えをしてもかまいません。

土は市販されている観葉植物の土か、赤玉土6腐葉土4を混ぜた土で植え付けます。

管理場所・日当たり

3度以上で越冬可能なので、霜が降りない暖地では戸外でも越冬可能ですが、冬は室内に取り込んだ方がよいです。
スポンサードリンク

その他

軟腐病やハダニが発生します。

特徴・由来・伝承

切れ目の入った葉っぱが幾つも伸びる観葉植物で、葉っぱが大きすぎず場所を取らないので、人気があります。
日光を好むものの比較的耐陰性があり、半日陰で十分生育します。寒さにも一定の耐性があり、室内で管理するのに向いています。

クッカバラとは「ワライカワセミ」のことです。なぜクッカバラと呼ばれるのかは調査中。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用