グラマトフィラムの育て方

MENU
TOP>ラン科>グラマトフィラム
スポンサードリンク

グラマトフィラム(グラマトフィルム)

グラマトフィラム
科名ラン科
学名Gram.scriptum
別名グラマトフィルム
みずやり水を好む
場所日の当たる室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

冬越しの管理は難しい
夏の暑さに比較的強いですが、冬の寒さに弱く、越冬には13度以上、出来るならば冬も15度以上が欲しいです。越冬させる場合は、夜の間はダンボールや発泡スチロールなどで囲んでやって、温度を保ってあげなくてはいけません。

透明感のある色合いでギフトに人気
開花時期は夏から秋としていますが、流通は別の季節でも流通します。夏の暑さに比較的強いですが、花自体は暑さや乾燥にあたるとスグに茶色く変色してしまいます。

水やりと肥料

春から秋に掛けては、ミズゴケが乾いていたら水をしっかりとやります。冬は成長が鈍くなっていますので、乾かし気味に管理します。ミズゴケが乾いてから数日経って水をやるようにします。

グラマトフィラムの鉢の場合、株ごとにポットに入っています。水をやるときはそれぞれのポットに水を入れるようにしてください。

液肥を生育期間である春から秋に掛けてあげます。冬は一切あげません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

春になり暖かくなり、鉢が窮屈であれば、一回り大きな鉢に変えてやるとよいです。

植え替えの方法
――発泡スチロールはそのままに

まず、ミズゴケをすべて取り除きます。腐っているミズゴケは根にこびりついていたらピンセットなどで全て取り除きます。鉢の中には「発泡スチロール」などが詰め込まれているかもしれません。
「詐欺だ!」
と思うかもしれませんが、発泡スチロールは通気性と全体を軽くまとめるには非常に良い素材です。腐っていなければ、同じように鉢に詰めてあげてください。

管理場所・日当たり

直射日光が強いと葉っぱが焼けて変色します。コチョウランや他のラン類よりも葉っぱが薄いので、一度葉焼けするとなかなか復帰しません。

春から秋は室内の直射日光の当たらない明るい場所か、戸外の軒下の明るい日陰。冬は室内の直射日光の当たらない明るい場所で管理します。
スポンサードリンク

長く楽しむコツ

●グラマトフィラムに扇風機やクーラーや暖房の風が当たらないようにしましょう。
●水をやり過ぎない。ミズゴケが乾くまでやらない。濡れているうちは水をやらない。
●冬に温度が足りないと葉っぱが黄色くなります。黄色くなるようであれば、温度が高い場所へ移動するか、ダンボールや発泡スチロールで防寒します。
●虫がいたらすぐに捕殺するか、薬殺します。
●花がしぼんだら、すぐに取ります。萎んだ花が別の花にくっついて一緒にしぼむことがあります。

特徴・由来・伝承

透明感の緑の花を鈴なりに咲かせるランの一種で、シンビジュウムの近縁種。シンビジュウムとは交配も出来るという話も。よくコチョウランのように前へと流れるように仕立てられていますが、これは支柱によって仕立てられているだけで、通常は上へと伸びていきます。
白い花のラン類だと供花をイメージすることがありますが、グラマトフィラムは緑ということもあり、さまざまなギフト場面で喜ばれます。また夏場に見ると見た目に涼しいのも人気で、お中元・暑中見舞いに贈る人も多いです。
ラン類の中では大きさの割りに安い。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用