シュンランの育て方

MENU
TOP>ラン科>シュンラン
スポンサードリンク

シュンラン(春蘭)

nophoto
科名ラン科
属名シュンラン属
学名Cymbidium goeringii
別名春蘭
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

シュンランは山の中の、日当たりが悪いというか木漏れ日の挿す、夏は涼しく、冬もほどほど寒くない、そんな場所で自生します。

水やりと肥料

乾燥に比較的強く過湿に弱い
シュンランは根に水分をため込む力があり、反対に土がずっと湿気ていると根が腐って枯れてしまいます。通常の植物よりも乾燥に強いです。
水をやるときは鉢底から水が出るくらいに
シュンランに限らず、水をやるときは鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやってください。水を控えるというのは水の量では無く頻度のことです。水やりには水分補給以外にも目的があります。詳細は水やりのページを参考にしてください。
受け皿に水が溜まったら必ず捨ててください
受け皿に水が溜まったら、捨ててください。水が腐って病気の原因になります。
春から秋の水やり
春から秋は土が乾いていたら水をやってください。春と秋ならば1週間に一回から三日に一回。夏は一日一回夕方にあげてください。上にあげた頻度はあくまで目安で、風通しや気温、土の配合で変わってきます。毎日鉢を持ち上げてその重さを確認してください。それで土中の水分の有無を考えてから水をやるようにすると、失敗が減ります。
冬の水やり
冬は一カ月に一回やるかやらないか、もしくは一切水をやりません。
冬に水をやるときは必ず朝にあげてください。夕方に水をやると水分が朝までに蒸発出来ずに寒さで凍結して、根を痛めてしまいます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

シュンランは鹿沼土や日向土を配合するか単用で利用します。シュンラン用の鉢は縦長いです。この底から大きな粒・中くらいの粒・小さい粒と順番に入れて、シュンランを植えていきます。

▼植え替え方法などは下記リンクから参考にしてください。画像が多くて分かりやすいです。
日本シュンラン育て方
http://www.eonet.ne.jp/~umearasi/saibai.html

管理場所・日当たり

よしずやカーテンで遮光を
年間を通して遮光します。直射日光が当たると葉っぱが焼けてしまいますので、ヨシズなどで遮光してあげてください。
冬は霜に当たらないように
冬は霜が当たらないようにします。また土が凍らないようにします。土が凍ると枯れてしまいます。寒風が通るような場所も避けます。土が凍らないくらいの寒さなら軒下で越冬も可能です。

特徴・由来・伝承

日本に自生する野生蘭。ランというと樹に着生して生育するものがよく流通していますが(胡蝶蘭デンドロビュームシンビジュームなど)、シュンランは土に根を張ります。
ランは通常、ラン菌という菌を取り込んでそこから栄養を取りながら成長しますが、シュンランは非常に長い間、地下で菌類から栄養を得る腐生植物のような生活をしてから、よく見かけるランという形に成長します。結果、種子から開花まで数年か10年以上掛ることがあるために、ビジネスとしてはなかなか成立していませんでした。現在ではかなり流通量も徐々に増えています。
洋ラン
シュンランは、古くから愛される古典園芸植物です。水墨画などの題材にされるほどよく見られた花ですが、現在では乱獲か環境の変化が原因か、日本でもかなり数が少なくなっています。シュンランをジジババと呼ぶこともあります。東洋自生の蘭を東洋ランと区分けすることがありますが、この東洋ランは単純に東洋自生というよりはと東洋自生の蘭のうち、観賞価値の高いものを指すで、シュンランでも斑入りや花の形が変わったモノ以外は東洋ランとは呼ばないです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シュンランの日記

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用