シンビジュームの育て方

MENU
TOP>ラン科>シンビジューム
スポンサードリンク

シンビジューム

シンビジューム
科名ラン科
属名シンビジューム属
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ラン類の中では育てやすい方
コチョウランやカトレアよりも、寒さに強く、生育温度は5度以上とシクラメンと大体同じ温度まで耐えるので、シクラメンを育てられたならば、室内の越冬は可能です。ランの中では簡単な部類なのでランの栽培にチャレンジしたい人はシンビから始めるといいでしょう。
まとめ
●土が乾いていたら水をやる。
肥料を欲しがる。ただし夏は肥料をやらない。
●春と秋は日当たりで、夏は直射日光避ける。冬は室内の日当たりで管理。
●最低気温が10度以下なら室内へ。
●最低気温が10度以上になったら戸外へ。
●霜に当たれば一発で枯れる。
●しぼんだ花は摘む。
●新芽を芽かきすることで、花を咲きやすくする。
参考シンビジュームの芽かき・花芽と葉芽の見分け方
シンビジュームの株分けと植え替えとバックバルブ吹きについて
スポンサードリンク

水やりと肥料

ミズゴケや土が乾いていたら水をやってください。指で触ってみて、濡れているようならば水をやらないでください。シンビジュームはバルブと言って根元に膨らんだところがあって、そこに水を溜め込む性質がありますので、多少の乾燥で枯れることはないです。ただしツボミがついている時は、強く乾燥させるとツボミが落ちますので、気をつけてください。
●バルブにシワが寄っていたら水をやる。
水やりの頻度は管理場所によるのでなんとも言えないが、目安としては冬は月に2回か3回。春と秋は週に2回か3回。夏は毎日。
●夏は環境によっては(戸外とか)毎日、朝夕2回水をやることになる場合も。
●受け皿に水が溜まっていたら水を捨ててください。放置しておくと、根が過湿で腐ってしまいます。

ミズゴケや土が乾きすぎて水を吸わないときは
鉢を見ると根がギッチギチに詰まっていることがあります。こうなるとそのまま水をやっても、いまいち水がしみこみません。
そこで、花屋さんはシンビジュウムの水遣りには「腰水」を行います。バケツに水を張り、鉢をそこにつけます。そのまま20分ほど放置して水を行き渡らせます。
肥料
肥料を必要とします。3月~6月は根本に骨粉いり油粕を置いて、生育期間中は液肥を月に2回ほどやります。7月8月の暑い時期は株が弱っているので肥料をやるとさらに弱ってしまいます。この時期は肥料をやらないでください。
●シンビジュームは肥料を欲しがる植物です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
用土は軽石8バークチップ2か、日向土6パーライト4か、軽石だけ、もしくはシンビジュームの培養土があるのでそちらを。一回りかふた回り大きな鉢を用意して、新しい用土で植えます。根詰まりを起こしてキツイ場合だと、古い鉢から根が抜けないことがあります。そういうときは鉢を叩いて揺らして緩めてから抜きますが、それでも抜けない場合は、トンカチで叩き割ります。
株分けする場合は、根を水洗いして、土を全て落としてから、ハサミやナイフで切り分けます。ハサミやナイフは使用までに熱消毒してください。病気になるので。
●根が縦に伸びるので、縦長鉢が適している。
●霜が降りない地域であれば地植えも可能と言われるけども普通はしない。


植え替えの目安
植え替えは2年か3年に一回、根がびっしりと内部に行き渡って根詰まりすると、水をやってもやっても保水せず、通り抜けるだけになって、水やりが面倒になりますし、開花しにくくなるし、いいことないので、植え替えをしましょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好むが夏は注意
シンビジュームは日当たりを好みます。春と秋は戸外でもいいですが、夏の強い日差しには葉っぱが焼けて「葉焼け」を起こします。夏は室内か日陰に取り込んでください。
●秋になり最低気温が10度頃になったら、室内へ取り込んでください。

冬の管理場所
比較的寒いところでも育ちます。むしろあまり暖かい場所で管理していると(咲いている場合)花が早く終わります。
冬は室内の日当たりで管理します。暖房の風が当たらないようにして下さい。暖房の風は乾燥していて、すぐに花も葉っぱも傷んでしまいます。
●暖房やクーラーの風は乾燥しています。冷暖房の風が当たると、花がすぐにシオシオになりますので、リビングに飾る場合は気をつけてください。
●ギフトでもらったシンビジュームはリビングではなく、玄関など「人が生活するには寒いくらい」のところで管理すると花が長持ちです。ただし夜中に寒くなるようならば(5度以下)、リビングの暖房の風の当たらないような場所の方がいいです。

4月以降、霜が降りなくなり、最低気温が10度以上になったら戸外の日当たりで管理します。6月あたりから日差しがシンビジュームにとっては強すぎるようになり、30度以上の気温もよくありません。6月以降9月いっぱいは、戸外で管理するときは、日陰か半日陰で管理します。どうしても日が当たる場合は、ヨシズなどで遮光します。

10月以降はまた日当たりで管理し、霜が降りる前に室内に取り込みます。
スポンサードリンク

その他

花を咲きやすくするために芽かきを
芽かきをしないと葉っぱばかり茂って花が咲きづらくなります。以下のリンクを参考にしてください。
参考シンビジュームの芽かき・花芽と葉芽の見分け方
しぼんだ花は摘む
シンビジュウムの花がしぼんだら、その花をちゃんと摘んでください。花が終わった茎から新しい花が出ることはありません。全ての花が終わったら、茎の根元から切り、支柱を外します。しぼんだ花が他の花に触れると、元気な花までしぼんでしまいます。花の表面がタクアンみたいにシワが寄ってきたら、早めに摘んでしまいましょう。
茶色いバルブ
茶色になっていても病気とは限りません。触ってみて硬いならそのままでいいです。柔らかかったり、腐った匂いがするなら、病気部分を大きめに切ります。ちょっとでも残すと病気が広がります。使用したナイフやハサミは必ず消毒(薬剤か熱処理)してください。
ウィルス病
葉っぱに斑点が出て、生育がおかしくなります。ハサミやナイフから感染し、同じハサミ・ナイフで剪定することで感染します。また、感染した株と隣接しているだけで感染しますので、おかしいと思ったら即「焼却処分」しましょう。治療は不可能です。長く育てているシンビジュームは高確率で感染しています。
ナメクジ
ナメクジが出たら、ビールトラップを設置するか、薬剤で殺しましょう。
アブラムシ
アブラムシも薬剤で。
カイガラムシ
カイガラムシは幼虫のうちは薬剤がききますが、成虫になると聞きません。成虫は割り箸か何かでこそぎ落とします。カイガラムシの成虫は自力で移動できませんから、土に落とすだけで死んでしまいます。
ハダニ
葉っぱに蜘蛛の糸のようなものが見られたらハダニがいます。ハダニは乾燥すると発生するので、葉っぱに霧吹きで水をやれば予防できます。
病害虫と対応の農薬
アブラムシ→モスビラン・トップジンMスプレー
炭そ病→モスビラン・トップジンMスプレー
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

シンビジュウムというと、直立したタイプを思い浮かべますが、コチョウランのように垂れ下がるように整形したシンビジュウムもかなり出回るようになりました。

シンビジュウムは明治以降、日本で園芸家によって盛んに栽培・品種改良がされました。昔の話ですが、珍しい株は、家一戸くらいの価格で取引されました。
●ある人の話です。子供の頃、父親がシンビの株を高額で輸入したことを覚えていて、父親が亡くなった際に、そのシンビの株を売ろうとしたら「二束三文」だったのだそうです。実は、父親はそのシンビの苗をコツコツ増やし、増やしては嬉しくなって人にあげていたそうです。貰った人も増やし増やししているうちに、日本中に行き渡り、珍しくなくなって価格が二束三文になっちゃったとか。勿体無い気もしますが、お父さんが高くても苗を買った意図は、そういうことだったのかな、とも思いますね。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シンビジュームの関連記事

シンビジュームの日記

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用