ハマギクの育て方

MENU
TOP>キク科>ハマギク

ハマギク(浜菊)

ハマギク
科名キク科
属名ニッポナンテムム属
学名Nipponanthemum nipponicum
別名浜菊
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

日照時間が短くなると、花が咲き始める短日植物です。つぼみをつけ始めるのが9月以降です。たまに梅雨の時期に長雨になり、日照時間が不足するとつぼみをつけて夏に咲くことがあります。これはハマギクに限った話ではないです。

花が終わったら、半分くらいに刈り込んであげます。こうすることでハマギクが小さくまとまります。刈り込まないでいると、1メートルくらいの草丈になります。1メートルくらいに育つと風が強い日には倒れることがあります。

水やりと肥料

鉢植えにした場合、土が乾いていたら水をやってください。ハマギクは極端な乾燥に合えば枯れてしまいますが、どちらかというと乾燥に強いほうです。反対に過湿に弱く、水をやりすぎるとグズグズになって枯れてしまいます。土が濡れている間は水をやらないようにしてください。水をやる前に土の濡れ具合を指で確認するようにしましょう。

庭植えの場合は、日照りでもない限りは水をやらなくても大丈夫です。ほとんど放置です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけがよければ、問題ありません。市販されている花と野菜の土を使うか、菊の専用土で植え付けします。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。

鉢植えでも庭植えでも問題ありません。庭植えが出来れば、管理が楽で毎年楽しめます。

管理場所・日当たり

耐寒性も耐暑性もあり、マイナス3度まで耐えます。
日当たりを好み、真夏の直射日光にも強く、真夏に半日陰に移動させる必要はありません。
一年中日当たりで管理しておけば、手間が掛からず便利です。

特徴・由来・伝承

日本の特産種、関東以北の太平洋岸に自生しています。多年草。自生しているといっても、よく見られる菊ではありません。やや大きい花を付けます。江戸時代から栽培されている園芸植物でもあります。

英名はNIPPON DAISY=「ニッポンデイジー」。

スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用