ハツコイソウの育て方

MENU
TOP>クサトベラ科>ハツコイソウ

ハツコイソウ(レシュノルティア・初恋草)

ハツコイソウ
科名クサトベラ科
学名Lechenultia
別名レシュノルティア・初恋草
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


夏越しは難しいです
オーストラリア原産。本来砂漠地域で自生しているために、乾燥に強いのですが、夏の暑さと湿気に弱いために日本では夏越しが難しいです。寒さには抵抗がありますが、霜が降りる地域では室内へと移動させたほうが安心です。
植え替えは酸性の土で
初恋草は酸性の土を好み、中性の普通の培養度で育てるといずれ枯れてしまいます。
育っていくうちに背が高くなることが
ハツコイソウは這うタイプを買っていてもいつのまにか、ヒョロリと伸びていることがあるように、育つにつれて性質が変わってくることがあります。ガーデニングでグランドカバーのつもりで買ったら思ったより背が高くなった…なんてこともあります。

水やりと肥料


過湿に弱い。水のやりすぎに注意
水は乾かし気味が好ましいです。土がよく乾いてから水をやってください。秋~春にかけては、さほど気にすることはありませんが、梅雨に放置しておくと湿気でやられるます。長雨にさらされないように軒下に移動してください。夏は風通しのいい半日陰で水を控えて管理しましょう。
肥料
肥料は真夏以外は10日に1回ほど液体肥料を与えてください。与えなかったから枯れるということはありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は酸性の土で
水はけのよい酸性の土を好みます。ブルーベリーの土を利用するか、鹿沼土7ピートモス3を混ぜたものを利用します。中性の一般的な培養土で育てていると枯れてしまいます。
植え替えは春か秋
春か秋に鉢底から根がはみ出していたら植え替えをします。鉢から引っ張り出して、古い土を半分か三分の一ほど落とし、新しい土で植え替えをします。植え替えは株にストレスなので、少し枝を切って株への負担を減らしておきます。あとは水をやって終了です。

管理場所・日当たり

日当たりで管理
秋~春は日当たりのいい場所で管理してください。寒さには耐性がありますが、霜に当たると傷みますので、軒下が好ましいです。
梅雨に蒸れるので切り戻し
6月の梅雨に蒸れて傷みやすくなりますので、半分くらいになるまで刈り込んで風通しをよくします。8月に花芽が出来てそれが春に向けて咲きますので、8月以降はあまり刈り込まない方がいいです。

特徴・由来・伝承

日本に来たのは1970年代。ハツコイソウという名前は販売業者がつけた名前で学名は「レシュノルティア」。正式にはレシュノルティアですが、初恋草という名前の方が一般的に知られています。

スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クサトベラ科の仲間


クサトベラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用