スカエボラの育て方

TOP > クサトベラ科 > …

スカエボラ(ブルーファンフラワー)

スカエボラ
科名クサトベラ科
属名スカボエラ属
学名Scaevola aemula
別名ブルーファンフラワー
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
一年草多年草
霜に当たると枯れてしまいます。暖地では越冬する常緑多年草ですが、それ以外の地域では一年草扱い(ただし関東南部では軒下で越冬も可能)。それでも開花時期が長いことと育てやすいことを考慮すると春から夏の園芸資材の候補としてあげてもいいと思います。
●気温さえあれば、四季咲きです

摘芯
株が育ってきたら、芽を摘んで脇芽を出させます。これを摘芯といいます。
花ガラ摘み
花が終わったら花を摘みましょう。放置していると花ガラが腐って病気の元になったり、種子を作ろうとして次の花が咲きづらくなります。
切り戻し
多湿に弱いので、梅雨前・初夏に地表から半分ほど切り戻しをします。これで風通しを良くし、夏越しさせます。また脇芽が増えて秋以降の花付きが良くなります。
出回らないなぁ
軒下で越冬し、常緑で毎年咲かせる。となると市場に出荷してもビオラペチュニアといったようにコンスタントに売り上げに繋がりません。そのため出荷数が少ないし、売っているのを見かけることは稀です。欲しいなら見つけ次第購入を勧めます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正を申請する
乾燥に強く、過湿に弱い
鉢植えでも庭植えでも、過湿に弱いです。水のやりすぎに注意します。土が乾いていたら水をやります。乾かし気味がコツです。庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。日照りの時や葉っぱがしおれてしまっていたら水をやる程度。鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやります。
●花に水が掛かると花がしぼみます。水は土に注ぐように。

冬は水を控える
冬は生育が鈍くなります。鉢植えの場合は水を控えてください。土が乾いてから数日経って水をやるようにします。水が多いと根腐れします。土の表面が乾いていても、土の中には水が残っていることがあります(生育が鈍くて、土の中の水を吸い上げていないため)。土の中に割り箸を突っ込んで中の濡れ具合を確認してから水やりをするといいです。
肥料を必ず追加
長い間たくさん花が咲きますので、肥料が切れると花が止まります。必ず植え付け後は一週間に一回は液肥をやるか、一月に一回は緩効性肥料をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正を申請する
肥沃な土を好む
肥沃な土を好みます。植え付けは市販の培養土を利用します。乾燥を好むので、これに赤玉土を2割混ぜるとよいです。自作する場合は、赤玉6腐葉土3パーライト1を混ぜたものを使います。庭に植える場合は水はけがよくなるように調整します。数株植える場合は株間を30cmか40cm空けます。
植え方は
常緑で、草丈が20cm前後と低いので、グランドカバーに適してます。横に株が広がり、ハンギングにして垂れ下がらせると格好が良いです。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
日当たりを好むが半日陰でもOK
日当たりが好ましいですが、半日陰でも花は咲きます。南関東以南では軒下で越冬が可能ということを考えると、軒下で半日陰になる場所に植えると、冬も常緑で春から秋の長期間、青い花を咲かせる優秀なガーデニング材になります。
耐寒温度は3度
霜に当たると枯れます。暖地では戸外で越冬し、毎年花を咲かせる多年草です。その他の地域では一年草と考えてください。
●南関東以南では軒下で越冬可能。ただし数年に一度くらいにやってくる強い霜が降りる夜には軒下でも枯れます。

特徴・由来・伝承

文章の修正を申請する
オーストラリア南東部原産のクサトベラ科植物。
管理用リンク
管理用