バラ咲きジュリアンの育て方

MENU
TOP>サクラソウ科>バラ咲きジュリアン
スポンサードリンク

バラ咲きジュリアン

バラ咲きジュリアン
科名サクラソウ科
学名Primula
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

バラのように八重咲きになっているジュリアン。花いろも多く、春の定番です。暑さに弱く、春以降は消えてしまうものですが、夏を涼しいところで管理すると夏越しも可能です。

八重咲きといってもジュリアンですから、育てかたは通常のプリムラジュリアンと同じです。プリムラジュリアンを参考にしてください。
まとめ
●水はそっとやる。
●花に水がかかると、しぼむので花に水がかからないように。
●開花期間中は肥料が必要です。
●室内の日当たりで管理する。
●戸外はだめ。
●日光に当てて、肥料をやり、古い花を摘んでやると、次の花が咲きやすい。
●蕾に日光を当てないと、花が咲かない。次の花を咲かせるコツは古い花を、しぼむ前に摘んで、その陰に隠れている次の蕾に日光を当てること。

水やりと肥料

水やりは土に
葉っぱや花に水が掛かると傷んでしまいますので、水をやるときはそっと土に注いで下さい。水やりに口の細いジョウロがあると便利です。
肥料
開花期間中に肥料をやります。ジュリアンは花が終わると、その下の花が咲いて、次々に咲くので、肥料を必要とします。
水やりのコツはプリムラジュリアンを参考に
プリムラジュリアンと同じなのでそちらを参考にしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

一年草扱いで植え替えの必要なし
基本的には植え替える必要はありません。購入時のそのままに初夏まで楽しむことが出来ます。もちろん植え替えをしても大丈夫です。よく寄せ植えにしています。寄せ植えにするときは草丈が低いので前景に利用します。
●夏の暑さに弱いので、初夏までの一年草扱いですが、涼しいところで管理すすれば、夏越しも可能です。まぁ、とても大変なので普通はしません。しませんがガーデナーは一度はやりたくなるものなんですよねぇ。

でも、植え替えると元気になる
植え替える必要はないんですが……鉢植えに植わっているジュリアンは窮屈です。少し大きな鉢に植え替えると元気になります。植え替えるときは、一般的な培養土か、自作するのであれば赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好みます
日当たりを好み、日当たりが悪いと花がつかなくなったり、すでに出来たつぼみも日光不足で開かないままで枯れることがあります。必ず日光に当てて下さい。
寒さに注意
冬に出回るので寒さに強い、ような気がするのですが、冬に出回っているのは温室で育てて咲かせているので、寒さに耐性がありません。必ず室内の日の当たる場所で管理してください。

特徴・由来・伝承

ジュリアンのバラ咲き品種。一般的なジュリアンが一重咲きに対して、八重になっているだけといってしまえば、それまでですが、一重咲きのジュリアンに比べると高級な印象があります。ジュリアンが子供ならバラ咲きジュリアンは大人の女性ってところです。
青いバラ咲きジュリアンも
青い一重のジュリアンというのは前から見かけますが、正直あまり人気のある品種ではありません。しかし青のバラ咲きジュリアンはなかなか――青いバラというのが話題になりましたが、あれよりもずっと青いです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サクラソウ科の仲間


サクラソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用