ライスフラワーの育て方

MENU
TOP>キク科>ライスフラワー
スポンサードリンク

ライスフラワー

nophoto
科名キク科
属名オゾタムヌス属
学名Ozothamnus rosmarinifolius.
みずやり乾かし気味に
場所冬は室内 夏は外
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

オーストラリア原産の植物で、他のオーストラリア産の植物と同様に高温多湿に弱く、真夏に腐って枯れることがほとんどです。半耐寒性常緑多年草

水やりと肥料

土が乾いたら水をやります。ライスフラワーは過湿に弱く、水をやりすぎると根が腐り、枯れてしまいます。土が濡れているならば水を控えます。

管理場所・日当たり

雨の当たらないで、日の当たる場所
乾燥を好み、雨ざらしになると花が傷み、腐ってしまいます。
夏は風通しのよい涼しいところで
ライスフラワーは暑さに若干弱く、多湿には非常に弱いです。夏は必ず半日陰か日陰の風通しのよいところに置いてください。
冬は室内で管理
土が凍るほどの寒さで無ければ戸外での越冬も可能です。

特徴・由来・伝承

オーストラリア原産のキク科の植物。切り花ではよく見かけていました。花もちがいいとは言い難いですが、最初からほとんどドライフラワーのような状態です。
ライスフラワーという名前は花が米粒に似ていることから。最近はプリザ―ブドフラワーにも。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用