シキミアの育て方

MENU
TOP>ミカン科>シキミア
スポンサードリンク

シキミア(ミヤマシキミ・深山樒・スキミア)

シキミア
科名ミカン科
別名ミヤマシキミ・深山樒・スキミア
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

つぼみか花か
マッチ棒というかマチ鉢というものが集まったアレが花。といっても、よく見かけるもの(添付の画像は)はつぼみ。このツボミの状態が長く、秋から春まであの状態です。あまりに変化が無いのがちょっと怖いですが、これがなかなかイイ感じで、赤いシキミアなんて、クリスマスカラー。このツボミを切花として利用することもできます。
まだまだ高級
シキミアはパテントの関係があるのか、どうなのか知りませんがまだまだ高級材。初心者は買わない方がいいです。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやります。土が濡れているのに水をやっていると根が腐ってしまいます。鉢植えの場合は、鉢底から水が染み出す位にしっかりとやります。
庭植えにした場合は、基本は降雨だけで十分ですが乾燥するようであれば水をやってください。
乾燥に注意
乾燥に弱いので、庭植えにしていても水切れに注意します。とくに鉢植えは注意します。
肥料
秋~春にかけて液体肥料を二週間に一回程度か、緩効性固形肥料を一ヶ月に一回少量やります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の培養土を利用します。

管理場所・日当たり

日当たりを好むのですが
シキミアは日光を好み、春と秋と冬は日光にあてると花つきがよくなります。しかし真夏の暑さに弱りやすく、夏だけは半日陰で管理します。
関東以西で戸外で越冬可能
耐寒温度マイナス10度で寒冷地でなければ戸外で越冬可能です。寒冷地ならば冬は室内に取り込んでください。植え付け直後に霜にあたると枯れることがありますので、そういう場合は霜よけをしましょう。
夏の暑さに若干弱い
夏の暑さに弱く、夏は風通しのよい半日陰が適しています。年間を通して半日陰でも構いません。

特徴・由来・伝承


シキミアというと切花では昔から見かけました。外国から輸入される切花で、見た目に反して意外と弱い(単に低品質なものを掴んでいただけかもしれない)――のでよいイメージがありませんでした。
ミヤマシキミを改良したもの
ところでシキミアは日本古来から生育する「ミヤマシキミ」がヨーロッパで品種改良されたものです。つまり仏壇・お墓に飾る「シキミ」の仲間だったんですね。なるほどそれなら日本でも生育するはず…多分。鉢植えで出回り始めたのは21世紀以降。権利関係もあって、あまり「育てて上手くいった」と言う話が聞かれるほどには流通していませんが、期待できますね。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ミカン科の仲間


ミカン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用